「ひなまつりの日」に・・。

弥生の声を聞くと・・・

冬ごもり、いや「酒こもり」していた蔵人・杜氏さん方から電話を頂く事が増えます。

つまり、「峠を超えたシルシ」だと思ってます。

ただし、蔵仕事が終わらないと顔を合わせるなんて無いのが普通なんですが・・・

 

いきなり 岡谷・高天酒造の高橋美絵 杜氏代理から電話があって「これから お酒を持ってきたいですが いらっしゃいますか ??」と。

固い紹介ですか面と向っては「美絵ちゃん・・」と呼ばさせて頂いております。

単純に私の方が年長者だからです。

 

ウチの嫁さんも子供達も「美絵ちゃん」が大好きです。

彼女が毎年「試験的に仕込む・高天 美絵スペシャル 純米吟醸」は今や当店の大事な看板であり「新酒を待ってくれている お客様」が年々増えるばかりです。

 

CIMG2887

彼女は若手ながらハイレベルの「旨味の酒」を醸す技能者です。

昨期からは杜氏代理。そして近いうちに「杜氏になる」蔵元の娘さんです。

 

高天さんには「信州の名工・伊藤杜氏」が いらっしゃいますが その下で10年間も過ごして来て 本人も満足な蔵生活の様で・・・。

蔵仕事が続く中でも「蔵を空ける事がデキル環境」を作って息抜きながら来てもらうと「二時間くらいはすぐに・・」経ってしまいます。

互いの対話で その期の事が「なんとなく感じる・・」様になりました。

 

美絵スペシャルを扱い始めて「8年目」になるかと思います。

段々と発注が増やせる事を「すべての方に感謝」しております。

 

今期のは・・

膨らみ・旨味・余韻のキレ・・高天・美絵SPらしさ全開です。

GWくらいまでは「中取り・無濾過生原酒」

それ以降は「火入れ・無濾過原酒」となります。

今期は新酒の時期まで「酒を切らさない」商品計画となっておりますので、

安心して お飲み下さい・・・。

 

 

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>