俺の話を聞け

一流とは機会さえあれば何でもこなせる余力

今期も聖地「八重原」に行って来ました。

 

通常よりも二週間遅い「実りの時期」に初めてです。

蓼科山の中腹から湧き出る泉を「用水として遠路、八重原まで引き込んだ・・」先人の偉業

があって 私らが「八重原米で醸した酒」を扱わさせて頂いている感謝の意も込めて

取水地からの探索スタートとなりました。

CIMG7635

 

以前は 誰でも入れたようですが・・・

水源の安全を守る ?? 完全忘備の柵が張り巡らされて 覗き込むのが限度でしたが・・・。

 

今期も八重原米研究会の面子は元気そのもの・・。

CIMG7644

 

増々、パワーアップしてます。

コチラもより勉強と実績を残さないと・・・。

今回、新たな発見は・・

「枝豆の旬は九月 」
葉も茎も立派な大豆の「完熟前…」を皆でもいで、
「採りたて・茹でたて」を食べると…
香り・旨味・甘味」に絶句しましたな。

オラが今まで食べてた枝豆は何だったのかと。

勿論、この地が特別である事を加味しても
その説明を聞けば 至極当然。

「通常、市場に出るのは生ビールに合わせて7月にピークになる
早生種の枝豆。本来の大豆の時期とは違うので
コレが美味いのは当然。自然に逆らったらイカンのです。」と。

自然を味方にする当たり前。
来年も八重原に行く愉しみが増えたワタシ。

年間60tほどを 某SMと契約栽培して「豆腐原料」として出荷しているそうです。

国産大豆は「安全性と生産農家の減少で 引っぱりダコ」状態だそうですが、

この現場をプロモーションしたら 私で無くとも指名買いしたいトコ。

 

果敢に挑戦して、結果を出す。

彼ら一人一人が「株式会社の経営者」ですので 目線が別次元。

もっともっと・・関わりたい八重原です。

 

そして・・・

12004904_943462385725999_1603481327271185169_n

 

八重原 純米大吟醸のシンガリにしてエース・・

「風穴ひやおろし」バージョンが やって参りました。

当然、やっぱり・安心の一本です。

私は年末に燗酒が最高ですけどね・・・。

保育園の夏祭り

まぁー・・

子供が二人も居れば「どっかで役をやる日が来るんだろうな・・」とは

思ってはいたけれども「同年生の子供さん達と一緒に役をする日」が来るとは思ってませんでした。

そういう歳で子供がいるのですから当然と言えば当然の事なんですがね・・。

 

今年は「保護者会の副会長」。来年は長という役回りです。

モチロン、始めての事なのでワカラナイ事だらけ。

それでも「若いお父さん・お母さん方」と一緒にやってみると勉強になる事ばかりです。

コチラは年長者が見た目にも解るので 返って気を使って頂き「申し訳の無い事も多い」んです。

 

夏祭り・・

に、初めて「打ち上げ花火」をやりました。

それが代々「副会長の仕事」だそうです。

って言うか「免許も無いのに打ち上げが出来る事も初めて知りました」。

まっ、煙火店さんの協力があっての限定的な対処らしいのですが、

正直、「コワいなぁー・オレで大丈夫なんか・・」でした。

 

20032113_1369854929778873_7317473558744099898_n

 

打ち上げ方法をレクチャーしてくれて それを二回聞き直して、

本番に三発。

初めて打ち上げを「真下から眺めました」。

そして・・気持ちエがった。

花火師が病み付きになる気持ちは「よーく解りました」。

そして、慣れて来た頃が危険な事もね・・。

稲光と「チョコレート戦争」

エクレール—それは、シュークリームを細長くしたようなもので、

シュークリームと違っているのは、表面にチョコレートがかかっていることだ。

これを食べるには、上品ぶってフォークなどでつついていたら、なかにいっぱい

つまっているクリームがあふれだして、しまつのおえないことになる。そばを、

つるっとすくってたべるように、いなづまのような早さでたべなくてはならない。

そのため、フランス語でも、この菓子の名前を「いなずま」(エクレール)というのである。

1965年  大石 真 =作    チョコレート戦争

18882246_1332590786838621_3699475214241225608_n

はじめて・・・

聖地・八重原を訪ねたのは「八重原・大吟醸」の二期目の夏。

圃場見学の最中に一時間のスコールに遭遇。

「バケツを引っくり返した・・」の形容そのままの雷雨。

聞けば・・・

カミナリが落ちた田圃は「良質の米が出来る・・」らしい。

イオン効果なのか ??

雷様の祝福なのか ???

 

そんな中で・・

「ひとごこち・・」と、

金紋錦が「八重原の地」で育てられて三年。

その名を冠した・・・

大信州  エクレールが今年もやってきました。

 

「八重」の付く地名は古代人の礼拝の地にして神聖なる地である。

が、各地にある「八重由来の共通項」らしい。

社会人になって担当した地区が佐久。初めて「佐久の地」に行ったものの「伊那谷の景色」とは

根本的に違う。陽が暮れ出して そして迷った先が「蓼科山の裏手」だったらしい。今みたいに道も整備されていないし道路標示も無い。当然「ナビ・・」なんて無い。

 

道ばたに居た「おばぁーちゃん」に場所を尋ねると・・

「そこだで・・まぁー お茶でも 飲んでいきなさい・・」。

遠慮なく お邪魔して伺った話しが・・・

「ココは北御牧村の八重原」。南牧村には「御が付かないんだよ」。ココはね平安の頃の東山道で

その頃は「朝廷に馬を献上する為の牧場」だったんだよ。だから・・「御がつくんだよ・・」。

後日・・・

陽の高い時間に伺うと・・蓼科山の神秘を感じる場所。

だった事を その20年後に 再体験する事になりました。

 

これも「御縁と感謝」しております。

 

 

 

「父の日」の 下付け

特に「マグロの卸業者」が「競りの前」に 品質を見定める作業を「下付け」と言う

そうですが・・・

もし、迷われているようなら「一発で決めずに・・」下見的な感覚で

ウチに来て「私と話しをしてみませんか ??」という

お誘いです。気に入らないモノをチカラ技で売ろうとされたら

「私だってイヤ・・」ですから あくまで下見で充分です。

その為の疑問点・要望は お聞きしての 提案を致します。

気に入って頂けるか ??  否か ??  はアナタ次第ですから・・。

と言う 前振りから ・・本編を お読み下さい。

CIMG6770

 

 

その日、その時の気分で「自分用の酒を買う」とは違い

贈答用になると「自分も送り先にも気に入ってもらい 心も晴々・・」が

重要な要素になると思ってます。

特に・・ウチらの様な「価格より 品質優先的な志向があっての購買動機が主体」である

専門店にとってはね・・。

 

「父の日」となると・・・

特に「日本酒を贈ろう・・」と、思って下さる方は

受け手の「お父さんの 感想」が 「自分の成長度のバロメーター」みたいに

思って頂ける・・・と、思われる対話が 端々に垣間みれて

こちらとしては楽しくなります。

 

解り易く言うと・・・

「オヤジは知らない だろうけど有名じゃ無くても 俺はこんなに美味しい酒を選んで 贈れる様になったんだぜ・・」という 良い意味での「見栄っ張り・心意気」を感じたりします。

 

対話の中から探らせて頂くのが・・・

・お父様の現在地

・好きな酒の銘柄・嗜好(仮にウチに無くとも だいたいは解る 夜の学習はしております)

・ご予算

・サイズ(一升瓶・720ml瓶が二本・・みたいに)

・お燗派、冷や派

・お好きな食べ物

などなど・・・その時の対話状況によって違います。

 

最終的な判断は・・・

送り手さんの意識に感じて頂けたか どうかだと 私は思っています。

自信を持って贈りたい・・

私が出来るのは その粋をストレートに「お酒に反映させる」事だけ・・。

 

できるなら・・・

それを一緒に「呑む機会・・」が 一番の「父の日」だと思ってはいます。

義父には出来ても 実父には 出来ないのも「父の日」だと

承知しながらの矛盾ですけどね・・。

13321786_997957630301940_8123253151545801845_n

さて・・・

今年も「世界一・・」の続出を 願っております。

 

 

 

特約店・テイスティング会

造りが終わると その年に出来た酒を「すべて並べて試飲する・・」

特約店を招待して頂けるカタチでの「テイスティング会」が ここ二ヶ月 続きました。

CIMG6745

これから出る酒の現状も把握して「自分なりに把握して お客様に伝える」訳ですから真剣です。

これで「仕入れと売り上げの組み立て」も行う訳ですから当然ですが・・。

 

蔵見学も同時に行う時には 極力 そこから参加します。

酒造は手造り蔵であっても 毎年の設備投資は欠かせない「設備産業」でもありますから

何が変わったのか ? ドコが変わったのか ? どういう考えの元にそうしているのか ??

そして・・・試飲の酒が結果としてを「感覚と説明整理してマブシイ頭に叩き込みます」。

CIMG6739

ここまでは「テクニカルの部分」かと思います。

私が更に探りたいのは・・・

そこに参加をされている「有力酒販店さんの思考と行動」です。

 

同じ蔵元・同じ酒を並べていても「考え方が店作り・行動・人間性」に出ていて

しいては それが「店主を看板とした会社の魅力」となってますから・・。

 

実は前週に あるトコを訪ねて・・・

「流行りの蔵をやって ツマミ食いで酒を並べて それで酒が売れると思っているのか ??

しかも(小さな市場の)飯田でだよ・・」と、面と向って言われたのには驚きました。

今では人気蔵であっても 言い方は語弊があるかもしれないけど「売れない時から一本ずつ蔵と酒を説明しながら丁寧にやってきた。昨日、今日 流行りモノに飛びつくバッタ系とは訳が違うわい・・」って自負がありましたから・・・。

いつもの私なら「言い返す」トコですが なんかあまりにアホらしくなって 相手の顔を見つめて

挨拶だけして早々と引き上げました。そういう時は逆に 相手の方が雄弁になりますね。

私・・こういう経験をしたのは初めてだったので正直「早く、記憶から抹消したい・・」です。

 

ただね・・・

そういう風に見られた、と言う事は 何かが足り無い事には違いないんで・・・。

オベンチャラを言うとか、卑下した態度で下手に出るとか・・・が、サラリーマンの時から

出来ない 世渡り下手です。

 

思想・精神の差・・・

その継続でしか生き残る事は無い 厳しい業界だと思ってます。

コレを機に一層 精進しないと・・と、思っていての「蔵元テイスティング会」での事。

試飲になったら ある酒販店さんが粗相でグラスを割ってしまったんです。

そしたら 別の酒販店さんが「皆さん、私が掃除しますか そのままにして。はい、ホウキ・ホウキ・・」と清掃道具を持って来て 早い対応で片付けでしまいました。

 

その時は・・・

誰だか知らなかったんですが・・あっ、彼があの「・・・さん」なのか。で 納得。

人間の精神が違うな。

そして、今の彼には 敵わないと感じた一瞬。

当たり前の気遣いと行動が「まずは自分を変える事が出来る 唯一の道」なのかも知れないと

今更ながらに気付く 遅さです。

 

あっ、今から変わろう。今すぐ変わろう・・。

「・・・さん」気付かせて くれてありがとうございました。