俺の話を聞け

特約店・テイスティング会

造りが終わると その年に出来た酒を「すべて並べて試飲する・・」

特約店を招待して頂けるカタチでの「テイスティング会」が ここ二ヶ月 続きました。

CIMG6745

これから出る酒の現状も把握して「自分なりに把握して お客様に伝える」訳ですから真剣です。

これで「仕入れと売り上げの組み立て」も行う訳ですから当然ですが・・。

 

蔵見学も同時に行う時には 極力 そこから参加します。

酒造は手造り蔵であっても 毎年の設備投資は欠かせない「設備産業」でもありますから

何が変わったのか ? ドコが変わったのか ? どういう考えの元にそうしているのか ??

そして・・・試飲の酒が結果としてを「感覚と説明整理してマブシイ頭に叩き込みます」。

CIMG6739

ここまでは「テクニカルの部分」かと思います。

私が更に探りたいのは・・・

そこに参加をされている「有力酒販店さんの思考と行動」です。

 

同じ蔵元・同じ酒を並べていても「考え方が店作り・行動・人間性」に出ていて

しいては それが「店主を看板とした会社の魅力」となってますから・・。

 

実は前週に あるトコを訪ねて・・・

「流行りの蔵をやって ツマミ食いで酒を並べて それで酒が売れると思っているのか ??

しかも(小さな市場の)飯田でだよ・・」と、面と向って言われたのには驚きました。

今では人気蔵であっても 言い方は語弊があるかもしれないけど「売れない時から一本ずつ蔵と酒を説明しながら丁寧にやってきた。昨日、今日 流行りモノに飛びつくバッタ系とは訳が違うわい・・」って自負がありましたから・・・。

いつもの私なら「言い返す」トコですが なんかあまりにアホらしくなって 相手の顔を見つめて

挨拶だけして早々と引き上げました。そういう時は逆に 相手の方が雄弁になりますね。

私・・こういう経験をしたのは初めてだったので正直「早く、記憶から抹消したい・・」です。

 

ただね・・・

そういう風に見られた、と言う事は 何かが足り無い事には違いないんで・・・。

オベンチャラを言うとか、卑下した態度で下手に出るとか・・・が、サラリーマンの時から

出来ない 世渡り下手です。

 

思想・精神の差・・・

その継続でしか生き残る事は無い 厳しい業界だと思ってます。

コレを機に一層 精進しないと・・と、思っていての「蔵元テイスティング会」での事。

試飲になったら ある酒販店さんが粗相でグラスを割ってしまったんです。

そしたら 別の酒販店さんが「皆さん、私が掃除しますか そのままにして。はい、ホウキ・ホウキ・・」と清掃道具を持って来て 早い対応で片付けでしまいました。

 

その時は・・・

誰だか知らなかったんですが・・あっ、彼があの「・・・さん」なのか。で 納得。

人間の精神が違うな。

そして、今の彼には 敵わないと感じた一瞬。

当たり前の気遣いと行動が「まずは自分を変える事が出来る 唯一の道」なのかも知れないと

今更ながらに気付く 遅さです。

 

あっ、今から変わろう。今すぐ変わろう・・。

「・・・さん」気付かせて くれてありがとうございました。

 

クラフトシードル

竹村君・・・

という醸造家が 実家の「りんご農園」をやりながら地元の「増野ワイナリー」に勤めて 醸造担当兼全部 ??になった事で「これは変わるな・・」とは思っていたけど 予想以上のスピード感にビックリしてます。

 

あっ・・ 関係無いけど「増野ワイナリー」の場所が「松川町・高森町」と、よくワカラナイ表記になっていて 目くじ・・立っちゃってる方がいるようですが、元々の「山吹村が分かれて」増野地区が松川町になっただけで 「別に地元を盛り立ててるんで細かい事はイイじゃん・・」って思ってますが・・。

 

閑話休題・・・ んで・・ 彼の技術指導や、農家単位の原料毎の「シードル製造」で「農家の姿勢と顔が解りやすくなった」事で 伊那谷では一躍「シードルブーム」がやってきました。 それを更に盛り上げるイベントとして・・・ 今週から始まりましたね・・

 

shop_cidre_photo01

 

シードルウィーク…始まりましたね

林檎の街の新たな仕掛け…として「リンゴの発泡酒・シードル」を定着させよう週間がスタートしました。
参加をして頂ける市内の飲食店でオタノシミ下さい。

当店では この「リュードヴァン・シードル」のみ扱っております。私が飲んだ中では国産で「コレ以上のものは無い」のが理由です。はい、簡単、明瞭でしょ

オレンジ系ラベル…は、
いわゆる「田舎風シードル」と称する「酵母を入れて瓶内発酵」させるタイプ。瓶の壁、底にある「オリが旨味のカタマリ」ですから「軽く揺すって馴染ませてから開栓」するのがポイントです。

シルバー系ラベル…は、
シャンパン製法で造られた「ポムドール」。
TVで やってますよね。
機械仕掛けで 瓶を少しずつ回転させて「オリを瓶口に集めて・凍らせて・それを抜いて・補充して・栓をする」。
業界用語で「デコルジュマン」と言う作業です。(チト説明を端折りますが
…)
兎に角、手間が掛かるけど「美味いんだな これが」になります。
こちらは「清澄タイプ」です。
これを飲んだ方は「他にウワキしないです」

発泡系の飲み物は「よく冷やす」のが美味しく飲むポイントです。発泡は炭酸ガス「二酸化炭素」ですから お酒の酸化を防ぐ役割も担ってくれるスグレモノ。
そして…冷やす事で「炭酸ガスが液体に溶け込み 口の中でシュワシュワがハジけて より美味くなる」。
冷やす理由…
には コトワリがある。
サイダー・ビール・シャンパンもね。

もし、最後まで読んでくれた方が居たなら…
「アナタは だんだん呑みたくなるぅーー」と、
なったでしょうか⁇
飲まず嫌いは人生の楽しみを減らします。
まずは お試し下さい。

最後に…
すでに、全国の林檎生産地では「国からの補助金等を受けてのシードル生産が各地で始まっています」。独自性・品質と共に「まずは地元への浸透と市場形成」が構築できるか?
その意味では「いろんなシードルを試す事がデキル」のは
楽しみでもあり「選別化の土俵に乗った」事にもなる「待った無しのスタート」へと。

いつか…
日本酒の様に「地域性・生産者の個性・テロワール」に溢れた
市場になる事を願っております。

って…
結局は「たんなる呑助の欲望」でした。

GWの営業予定

はい・・ヤリマス。

赤い日は全部ね。

宜しく お願いします。

 

“GW お休みシート”のプレビュー

やり続ける・・理由

他人様から見ると明らかに身の丈に合わない「取り引きブランドの多さ」というのは

誤解を生むには充分だった様で・・・

大手の酒販店の手法を真似て「蔵数で体裁を整えよう・・」と、いう考えの下に構成しているんだ

と思われていた時期もあったみたいです。

 

差別化・棲み分け・価格競争よりも品質提案で勝負・独自性・・・

なんてぇーのを考えると必然的に「地元で扱っていない」事と

信州の地酒に特化したカタチから こうなった事は何回 説明をしても中々 理解して頂けるには

ほど遠い。今は その誤解も溶けかけた・・様ですが・・。

 

今ならヤラナイですが・・・

「この路線・・」で進もうと決めたトコで地元の有力「地酒専門居酒屋の大将」に なぜか

目を掛けて頂き、言われるままに「蔵数を増やした時期」もありました。

ただ・・・

そうは言って頂いても 続けて格段には買って頂けない事で「前年の売り上げを減らさない・・」事を自分への至上命題にした事で 必然的に「告知・営業・広報」のバランスと量を増やさないと 「売り上げ維持」さえ出来ない「スパルタ教育の賜物」で現在があります。

 

先日・・・

倉庫を整理していると「澤の花」の 20by時の箱が出てきました。

当店が店舗改装した頃のものです。

今でこそ・・

自分のやり方を確立して「人気蔵元となった 澤の花」ですが その頃は 彼も「迷いの螺旋のウズ」に

巻き込まれていたんだと思います。

18194241_1296347427129624_1792428602172750173_n

そして・・・

売ってる私も「さほど旨いとは思わない・・」状況でしたから やはり「一番売れる場所」に配置しても「在庫になるケース」がままありました。

蔵を改装した事で 以前の様な「野暮ったさが懐かしさを感じる独特な旨味感」が無くなって、

キレイだけど特別に特徴の無い「固さばかりが目立つ酒」で、正直「困ったぞ・・」がホンネ。

 

でもね・・・

不思議と「彼の酒をヤメよう」とは思わず 、何の根拠も無いけど「仕入れ続けて・売り続けよう・・」と思い実行してました。

なんでだろう ?? と、思い浮かぶのが・・・

伴野君の「ストイックなまでの真剣な面構えとアツイ語り」です。

たぶん・・・

彼が思い描いた酒を造り出せれた頃に、「日本酒ブームがやって来て・彼の評価も上がって・マスコミへの掲載頻度が上がって・売れる酒」になった様です。

「ホントね・・こんな事をいつまでやっててもしょうが無いんで 蔵を売って 借金を返して 早くラクになりたいと思ったんだけど 銀行も応援してくれるって言うし 一生懸命に売ってくれる方々に申し訳ないんで・・・」と、携帯に定期的に10〜20分くらい話しをしてくれる時期もありました。

 

それが 無くなった頃・・・

彼の蔵は軌道に載った様です。

 

一生懸命・真摯に・アツく語る・・・

それがあっての「いろいろな手法」なのだと言う事は人間が感情の動物である以上は

今までも これからも変わる事の無い姿勢なのだと・・

この箱を見るに付け 自分への戒めにしたいと 思う今日です。

 

ジャニーズファンの購買行動はスゴい

もう時効だから・・

と、思っていたのはオジさんの錯覚だった様です。

 

結果から言わせて頂くと・・・

表題の通りです。

「娘に頼まれて来ました・・」の お父さん方が続出しました。

私と同年代ですから「若い娘、ないしは未成年の方」もいらっしゃるかと思います。

親御さんが買っていかれるんですから 法的には問題無し・・なんですが、

「一緒に晩酌でもされるんですか ??」と聞くと

「いゃぁー・・娘は飾っておく為に買って来て欲しい・・って。

俺が呑む事は まず無いと思いますよ。 酒を飾ってて何が楽しいのか理解デキナイんですが

娘の頼み事はきいてしまう 甘い親です・・」って・・ほとんどの方の傾向です。

好きなアイドルと「同じに好きな物を所有したい・・」という

欲求は ワカラナイでも無いけど・・ヤッパリ理解不能な年代です。

 

事の発端は・・・

正月の「KinKi Kids コンサート」での中で「澤の花・BeauMichelle 」を「コレ知ってる ?? 美味しいよねぇーー・」って「相方への誕生日プレゼントに渡した・・」そうで・・・

年末に売り切れた事で発注を掛けていた私に 伴野君から「加藤さん この事知ってたの ??」と電話が来ました。

正直、「硝子の中年」は知りませんがな・・。

そして、またか・・の思いです。

二年前に松尾大社のイベントで「参加者アンケートのトッブ選出」になり それがNHKの「夜7時のニュース」に流れた事から パニック的な販売状況になりました。

他店様ではね・・。

 

元々、そんなに製造量は多く無いし その事で「今まで扱ってくれている料飲店さんへ品切れという迷惑を掛ける事は避けたい」。ですから ネット告知もしませんし 「田舎の酒屋が そんな事をやってもねぇー」のバカの壁です。

 

今回も・・

二ヶ月経つし、蔵元も特約店も売り切れてるし 若者が一番使っていると言われる instagrameとTwitterで「同じ投稿」をしてみました。

まぁー・・拡散原理が全く違うので比較対象にはなりませんが・・。


夜に投稿して・・朝になったら・・

メールのウィンドウが「キラキラネーム」で埋め尽くされてました。

その数・・数え切れません。

 

Twitterでは多くて「3,000インプレッション」のウチが

電気か水道メーターの如く数字が上がっていきます。

少し恐怖すら感じました・・。

一晩で・・・「2万代に・・」。

そして こうなりました。

CIMG6605

 

まだ・・上がり続けています。

 

拡散・・という意味は知っていても「初めて実体が解った気」が・・。

それで・・・LINEに登録しました。

遅ればせながら・・初めてみます。