俺の話を聞け

酒メッセ長野

もはや「年中行事の定番」となった JR長野駅前・メトロポリタンホテルで10月第二木曜日

に開かれる「酒メッセ長野」。

今や、「東京・大阪」でも開催され大都市での「信州地酒の間口と深度」を拡大し続ける

原動力となっているのは間違いないです。

 

地元で行われる「酒メッセ」。

・一般顧客様は一ケ所で「ほぼ全蔵の酒が格安で試飲出来る」。ポケットにつまみを忍ばせて

プースを飲み歩く(この行為そのものは主旨とは掛け離れていると禁止されていますが)終業後の

サラリーマンで五時以降は「ラッシュ並みの混雑」になります。

また、マスコミ露出の高い蔵元さんと「知り合い・話しが出来る絶好の機会」として参加される方も

多いようです。

・料飲店さん・・は、通常の扱いブランドの確認と「自分の好みを捜す機会」として「首都圏・関西圏」から「お店を休んで参加」されている熱心な方も多いのには驚かされると同時に「絶対アイテムとしての必需性」なんだとの想いは 蔵元さんとの関係性がより深まるのだと思っています。

 

私にとっては以前と違う目的で参加しています。

最初の頃は とにかく扱い銘柄が少ないですし「知らない人・蔵・酒」ばかりですから、

目星をつける目安も無く「片っ端・メモを取りながら・時間との勝負」で試飲と対話をしてました。

なにしろ・・・下戸ですので。

毎年、一蔵ずつ増やして「その分、得意先と取り引き量も上げて・・」を繰り返しながら。

それでも「焼酎ブーム前夜」の頃は 今や人気ブランドとなった蔵元さんも「試飲する人さえいない」

のなんてザラ。

キチンと段取りを踏んで お願いすれば「取り引きをして頂ける」そういう時期でした。

 

いまや・・

信州の地酒は特に首都圏に置いて「人気ブランド」のプチ日本酒ブームで「酒が足り無い・取り引き酒販店なんて増やせない」状況です。

当店では基本的に「蔵数は増やすつもりは無い」ですから 取り引き蔵元さんを順繰りに回って「蔵元さんと話しをする」のが主たる目的です。日頃、疑問に思っている事。次はどうするのか ?など。

試飲は「ホロ酔い程度」の軽い感じで「帰宅後もトイレと一晩お友達」を何年も続けていたのは過去の事となりました。

 

同業の酒販店さん方とも顔を合わせて話しをする 良い機会です。

 

この業界は「飲食業」とは直結した繋がりを持ちながらも「その関わり方」の「方針と手法」を

持って新たな試作を行っていかないと「誰にも相手にされなくなる状況」を作ってしまう危険性さえ

あります。

 

昨年は ハッキリ言って・・・

「行くのが面倒臭くてヤメた」くらいに疲れ切っていたけど、行動して・顔を合わせて・話しをする

と、自分にムチを打って出かけたけど・・ヤッパリこういうトコには参加するべきだよね。

今回も成果があったし・・。

 

多くの蔵元さんの写真を撮ったけど、下戸の撮るのはブレブレで

なんとか公開できるのが「高天の美絵ちゃん」と撮ったこの一枚だけというオチでした。

CIMG6206

 

 

変える勇気、変えない勇気・・。

料理人さんの努力と研鑽には頭が下がりっぱなしです。

 

良し悪しの問題では無く…
・一度決めたレシピは変えない方
そこに至るまでの道のりは 途轍もなく遠いです。

 

14581343_1086691538095215_2105438961524907625_n

・常に「もっと上を目指し」研究し改良し続ける方
螺旋の迷路に入り込んでも挫けない軸への想いを
対話の中からカタチにする お手伝いをします。

 

この時期は…
タレ、かえし…の仕込みをする お店が多いです。
今朝の納品も「このカタチにするまで時間が掛かったよなぁー」
と思い出しました。

 

醤油屋でもある当店は、
変えない方、変える方の双方のカタチへの お手伝いをしてきました。
かえし…とは「会する」。
人と人との信頼の継続…って軽々しく言え無いですけどね。

 

調味料もブレンドしたり、順番を変えたり、温度を変えたりで
全く違う結果になる事例を見てきました。
これぞ「プロの仕事」なんだと。

 

第一週の店舗連休は…
見学と対話の連続でした。
こちらの想いが言葉で伝わる下地作りと
確認です。
私も含めて「人は忘れるという利点がある」
訳ですから・・。

 

旨い魚はココにあった・・。

海辺の方が信州に お越しになって、たぶん不満なのだろうという言い回しで言われるのが

「なんで山国なのに魚(海魚)料理が出てくるのか ??」です。

これね、海辺の方には理解して頂け無いかも知れない「無い物への憧れと日本人DNAの欲求」なんです。

 

旨い魚を食べたい・・・

この単純な理由の為に「プロの魚屋・料理屋・ネットワークが存在」する訳です。

 

料飲店さん以外は「玄人が扱う質の高い魚は料理屋さんの盛り合わせ」しか食べる事が

出来ないと 私らの地域では諦めにも思いがありました。

単店の「魚屋さん」は とっくに姿を消し、SM・CSに出る「安い魚を、夕刻の値引きタイムまで待って買う」のが「賢い買い物」だと言う現状。

 

家呑みも「旨い刺身を・・」は幻想でしかないと諦めていたところへ・・・

二年程前SMから独立した「若い魚屋さん」が地元に出来ました。

派手さは無いけど誠実で真摯な姿勢と「古き良き魚屋の香り」がして その心意気に一発で

惚れてしまったんです。

そして、いつか「一緒にコラボできたらいいな」と夢をみました。

 

今年になって「イートイン・スペース」を売り場内に作った事で・・・

当店の「猪口の会」を お願いしました。

週末に家呑みする方が「ココで刺身」を、「当店で日本酒」を選んでくれる事を願ってね。

 

@魚雅水産「猪口の会」は 予想通りに会員内だけでの案内で満席となりました。

旨い魚に飢えた「山国の人間の繋がり」は割と太く深い根を張っているみたいです。

14516345_1234233806616343_5911281299080184015_n

当然・・・

魚だけのフルコースは満腹にて満足そのもの。

自然と「またココでやって欲しいナァー・・」と参加者からの言葉が

私と魚雅さんへの次回以降のビタミンになりましたな。

14448884_1234234416616282_2473670022726353614_n

人間は「本当に旨いモノを食べた時には黙る」のがアタリマエなんだと確認して・・。

ウイスキーは お好きでしょ・・

石川さゆりさんの未来永劫続くであろう「あの曲」を聞くと

ウイスキーの呑みたくなるから摩訶不思議。

 

ボトルキープの代名詞が「ダルマ」であった時代は とてつもなく高い飲み物であり

高級感とオトナへの切符だった様な気がしてて・・

それでも「コークハイ」しか旨く無い「おコチャマ舌」の高校生には、

オヤジさんが医者をやってる同級生が「家からクスねてくる・・」ダルマが ことのほか

美味だった気がしたんだけどね。

 

関税の関係と「安いものなら売れる日本の状況」から輸入洋酒の質は下がり続けて

「金になるゴミ箱」になっていた事を 知ってか知らずか ??

バブルの頃の日本人は有り難がって煽ってたみたいだけど、それが焼酎に取って変られてから

「ウイスキー・・って飲み物もあったよな」に あり続けた時間があまりにも長過ぎて・・・。

 

それが 結果として・・

そのアトに大きな副産物となって今があるのかと思うんだけど。

現在、古いヴィンテージの高級・高価格ウイスキーは高嶺の花の「投機対象」になりましたな。

こういう仕事をしていると「ウイスキーを楽しむ」なんて事は ほぼ無いのだけれど

こんな機会がネンに何回かあるので記してみますね。

 

海外出帳の多い先輩は「ウイスキー好き」なのを「先方さん」も知ってるみたいで「お土産に持たせてくれる」のを 先日「ご相伴に預かりました」。

ブランドそのものは国内でも よく見掛けるモノなのですが、
「ラベル・箔押しの化粧箱・色合い・瓶形・アルコール度数」など見た事もない高級感に満ちたもの。

この先輩が持って来るのは「そんなウイスキーばかり」なんです。
「皆で呑んだ方が楽しいじゃん・・」ってね。

最初はストレートで・・
真ん丸の尖りっ気の無いフレーバーを充分たのしんで。
トロリ・甘味・旨味・柔らかで複雑な熟成感は高アルコール度を
全く感じない。

次は氷を「ひとつだけコロン・・」と。
この方が素情が解り易い「閉じこもった香りと旨味を一気に解放」。私は「こっちが好き・・」。

こういうのって・・・
ゴクゴクなんて呑めない。気が付いたら「舐めるみたいに呑んでた」。意識なんてしてない。それが自然の楽しみ方なんだと。

「舐める様に呑む」・・
という形容はホントに「そういう風に呑む」か「アルコール度が高過ぎて そういう風で無いと呑めない」んだと。あくまで比喩的な表現だと思っていた自分の経験値の無さも「一瞬で吹き飛ばす喜び」になりましたな。

残念ながら・・・
正規流通では「こういったモノは流れてこない様です」。
そういうコネクションの中でだけ・・なんだそうで・・。

先輩・・
次も「舐める機会」を待っちょりますに。

 

夏の終わり・あてなるもの

数えたら 今年で六年目になってました。

お盆が過ぎて 当たり前に「夏の終わりの儀式」となった、

下条・寿司 吉村・・での「猪口の会」。

 

毎回が一回目になる「新鮮な気持ち・・」。

あの感覚は何なのだろうか ? っていつも思う。

私の中では常に「行きたい寿司屋 NO.1」。

 

飲食店に行く理由の大きな要素が「人間を食べに行く・・」。

俺って「まだまだ勉強が足り無い」事を思い知らされる、

楽しい二時間半・・。

 

今回も・・

付け台に向かい合っての満席10名様。

手渡しの「雲丹の握り」に今年は何を受け取ったんだろうか ?

また・・

来年も来られます様に・・。

感謝の一夜・・。

 

 

カウンターに座ったらコレを食べないと・・・

手渡しの 雲丹の握り

11029513_395111200695099_2965756409601035602_n

 

 

今回、初登場・・・季節限定の、

下条産・水茄子とトマトの漬け物の握り

単に「漬け物をネタとして握った・・」という感覚では無い一体感。

漬け方・切り方・握り方・・

研究して「こうなった・・」という逸品。

今回のスゴ技でした。

 

14089167_1056770151087354_4641131049606422726_n