俺の話を聞け

美濃の国 酒蔵の心意気を観る

信州の旨い酒を・・

そして、信州で旨い酒を・・

 

県外蔵ながら距離的・時間的には「かなり近く」

心情的にも近くに居るし これからも居たいと思っている蔵元さんに

先日、飲食店方と伺いました。

 

誤解を恐れず失礼な言い方ですと・・・

酒販店・料飲店さんと・・一般顧客様とは 対応と考え方が全然違います。

観光蔵・案内専従の社員さんが 居る蔵元さんならともかく、

蔵見学は「本来の業務を空けて対応をして頂ける」訳ですので

予約と時間厳守は当たり前です。

 

よく「近くまで来たので寄ってみました・・」投稿を見受けますが、

トンデモナイ迷惑行為です。

そして、一般客様の目当てが「試飲と探究心と蔵人さんと知り合いになりたい」が主体

みたいです。それ事態は 理解デキナくも無いのですが・・

特に「蔵人さんと知り合い・・」の部分を迷惑に思っている蔵元さんも多いのが事実です。

面と向っては言わないし、言い難いでしょうから言われないだけで

やんわりと遠回しに「あの方は ご勘弁を・・」もあります。

まっ、当店の お客様には その様な方は いらっしゃらないので安心してますが・・。

 

素面で真摯に見る・聞く姿勢で伺う。

そして、見聞きした事をキチンと「お客様にお伝えする」義務があるので真剣です。

 

今回は・・・

蔵見学の前に「二つの蔵元の比較」を説明させて頂き 私の考えも一緒に伝え「その事を踏まえて自分の目で確認して欲しい」と お伝えしました。どっちがイイとかの 眠たい話しでは無く「特徴を長所として勝負している事」を。

 

各県でも地方性が有るように岐阜県でも山・谷を隔てると交流に差があるようです。

最初は・・

瑞浪の中島醸造(なかしま・・と濁りません)小左衛門蔵です。

取り引きは8年目。新宿の居酒屋で飲んで知りました。

12744454_931420320289005_6533657794237606745_n

 

社長・社長の奥様・杜氏(社長の弟さん)が英語ペラペラの「オモシロイ蔵元」です。

今回も米人さんが「給料は要らないから酒造りをさせて欲しい・・」で蔵に入っているのを

英語だけで指示してる・・をやってましたから・・。

 

それまでの「濃厚・味シッカリ」を三年前から「軽く・何杯でも・・」に180度の方向転換も時代の流行りにマッチして 当店も多くのファンがあります。

常に新しい試行を設備を持って確認する・・

今回も見つけましたが・・お伝えするのは もっと先になりそうです。

 

昼食は・・

玉柏さんの前にある三勝軒さん。

初めて見た「パーコー定食」の文字。

サクサクのウマウマでした。

12321576_935532649877772_6058468901137052066_n

 

次は・・

八百津の蔵元やまだ(山田商店)玉柏蔵です。

昨年から お世話になっております。

名古屋に遊びに出掛けた際 松坂屋さんの試飲コーナーで体験して「一発で打ち抜かれました」。

 

規模としては小さいながらも「特等米を自家精米から」という気合いの入った原料処理からスタート。

私の見学をさせて頂いた蔵元さんでは「最高の麹室」と宇野杜氏の気さくさと潔さが「私のハートを鷲掴み」です。

12715281_932123930218644_2254729894614276106_n

個々の内容については・・・

当店と参加料飲店さんからの話しを お聞き下さい。

文章だけで語るには「ニュアンスが足り無い部分が多過ぎます」。

 

また、来年も 違うメンバーさんと伺います。

一般客様についても「ココの蔵元のファンでオトナ」でしたらOKですのでどうぞ。

基準は「私から見てオトナの方」です。

 

 

 

寒蕎麦を手繰る会

当店主催の日本酒会、名称を「猪口の会」としております。

酒器の猪口から取れば必然的に「日本酒の会」なのだとの認識して頂ける・・・

と、思っているのは業界人思考なのだと言う事が よーく解ります。

「いぐち」とか「いのくち」とか言って頂ければ まだまだ解るものの・・

「いこう」とか「いちょこ ??(なんでそうなるの)」と言われると解釈までに時間が掛かります。

 

ほぼ毎月 行っている「この会」も集客を心配しない会のひとつが 今回の会場・・・

飯田市銀座の「そば処 かざこし」です。

蕎麦処 信州にあっても知らぬ人がいない「戸隠の銘店 うずら屋」で修行した店主平野さんです。

子供の頃の「蕎麦嫌い」がココの蕎麦を食べて覚醒し 天職として選んだ・・

という「蕎麦粉と酒」で出来たオトコです。

12742026_933440216753682_4042755889512140970_n

地元に戻って開業はしたものの・・・

世の中 そんなに甘くは無い。

しかも「全国屈指の書籍販売店グループの一族」という事もあって「冷ややかな目」で見られて

居た事も事実です。

私も「少しだけ そんな目で・・」初めてこの店に入って「蕎麦の質の高さにオノノキ」、その場で「ウチの猪口の会・・を お願いできませんか ??」と頭を下げて・・・今回で四回目です。

当初は師走でも「たぶん一番、手が空くだろう・・」と予想される12月22日に固定しておりました。

天皇誕生日の前日ですからね・・。

12743567_933439990087038_5325988217486281508_n

ところが・・・

この四年間に この地方では「トップクラスの人気と実力の店」と評価されるようになりました。

結果・・・

師走の開催は無理。

そして店主の想いだった・・・

蕎麦の一番旨くなる「1月下旬から2月中旬の間」に行おうとなりました。

楽しみに待って頂いている お客様には説明と報告をして先日に今年度の会を行いました。

 

通常・・蕎麦っ喰いは「蕎麦前を楽しみ・蕎麦で軽く締める」のが「粋といわれる旦那衆の嗜み」なのだそうです。これ現代にも充分に通用するとは思いますし 是非とも「この世界」を体験して頂きたいと・・。

 

しかし、当店は「日本酒の店」ですので この「蕎麦前と蕎麦を食べながらの酒」をトータルで腹一杯にする

欲張り企画です。

12733531_933440340087003_5889173930521699928_n

当日は平野店主の嗜好を活かした蕎麦前料理を嗜みながら・・・

系統の違う酒を8酒、お客様に味わって頂きました。

この「蕎麦屋での会」のエッセンスは「この店で蕎麦前を味をって頂くと体感できます」のでどうぞ。

12733656_933440290087008_1154442473813048491_n

ウチで持ち込んだ酒器を翌朝、片付けに行くまでが私の仕事。

いつもの様に暖簾を潜ると・・・

「昨日は、楽しく仕事ができて職人冥利に尽きました。ありがとうございました」と、先に言われてしまいました。料理とは最後は「人を食べるもの」なのだと改めて感謝すると共に

私自身の精進は まだまだだと実感するんです。

また、来年の今頃まで・・。

 

 

俺の・・・

得意先様の社員研修に誘って頂きましたので・・当然遠慮なく参加させて頂きました。

少数精鋭で望む 市内でも有望視される飲食店がリニューアル改装中を利用してです。

 

5年ぶりの「ギフトショー、グルメ・ダイニングショー」。

そして研修は・・

今話題の「俺の・・」を四店舗連続制覇です。

俺のイタリアン

俺のフレンチ

俺のスパニッシュ

俺のヤキトリ

 

知らなかったけど10店舗のカテゴリーがあるんですね。

私の予備知識は・・

食材原価率90%以上(ありえない数値)

有名スターシェフ店舗当たり複数在籍してが作ってくれる

ほぼ予約制・時間性で一日三回転・満席で売り上げと利益確保

当たり前の数値・・を継続して叩き出すスゴさは「ドコにあるのか・・」。

と、やっばり食べたいです。

 

予約時間丁度に来店すると・・

すぐに案内。さすがは飲食店主さんだけあって「スムーズにオーダー完了」。

と・・・その素材の良さとボリーム感に圧倒されました。

いや、され 続けました。

終止、これを続け 「腹を叩いては歩き・・」を繰り返し完全制覇。

決して、安い飲食代にはならないも「それを安く感じさせてしまう満足感」たるや

他を圧倒してます。サービスもね・・。

 

誘われたら・・極力行く・・今後も よろしくお願いします。

 

 

ホントの気持ちは「バレンタインデー」とは書かない

記念日で提案、紹介する・・

が、ウチらの「ハレの酒」の真骨頂でもあります。

いや、「そういう場」にこそ相応しい。

 

日本酒業界も「日本酒を練り込んだチョコレート」の企画販売を蔵元独自に打ち出し

「ブレミアム系バレンタインデー」の高価格帯ラインとして売り出しています。

コレ「かなりの品質」だと試食した感想です。

12705325_1023660877706149_8271152005093567364_n

 

この「チョコin猪口」は 早くも完売となりましたが・・。

 

「高いのなんの・・」と言われる方は「ウチの業界では無理」ですので、

迷い無く「女子中高生ライン」に参加される事をオススメしております。

 

当店でも「コレをやろうと」、7年程前に企画して試作を依頼したのですが・・・

「お酒を煮立ててしまった・・」のか、日本酒の味も香りも無く・・。

再試作も「全く意図が伝わっていない状況で」そのまま断念しました。

かなり暇な時期に頼んだつもりだったのですが・・・。

 

土・日曜日の週末に「バレンタインデーが掛かる事」は「この記念日をアテにする業界」にとっては大変な問題です。

休日なので「あげなくてもイイ」。本命以外はね。
そしてオトコにとっても「もらって無いのでかえさなくてイイ」訳ですから、
Wパンチです。私共とて「同じ事です」。

 

「好きなヒトにはオトコからもバレンタイン」とか、「アゲル・ココロ・ツタワル」とかの業界プロモーションの

必死さも当然の事です。

 

この時期に真剣な顔でお越しになる「お客様」が何名様か いらっしゃいます。
若い娘なら・・
たぶん「婚約・結婚を間近に控えた娘」なんだと思います。
そして年輩の方は・・・
ほぼ「スナックかバーのママさん」です。
揶揄するつもりで無く この方々には真摯に「お客様扱い致しません」。

共に「有名ブランドを贈っておけば満足する」を超越した彼氏・お客様をお持ちの方です。
ですから「その日の酒でココロを掴む」必死さに こちらも応えるには「聞き難い事も聞く」
訳ですから「お客様扱いしてたら無理です」。
お聞きする内容はともかく・・・
贈り手さんにも 納得と満足が無いと自信を持って贈ってもらえませんから。
お酒を嗜まない方にも「その説明をする」のは けっこう体力が入ります。
でも、一年に一度でも「次の年も来て頂ける事」が とってもウレシイ「アマノジャク店主」です。

今年のバレンタインは日曜日ですので・・・
カップル・御夫婦が「今日は好きなのを買って上げる・・」と御婦人の笑顔に
恐縮しながらが「お酒を選ぶ殿方」を見受ける事となりそうで・・・
とっても楽しみです。

最近、お客様の顔を見た瞬間に・・・
「この方は この酒を買う・・」という直感が働く時 ?? もあります。
なぜなのか ??

飲食店の中にも「顔を見た瞬間にひらめく・・」。

そして、結構な確立で当たる・・そうな。

 

柔よく剛を制す

日本時間の二月の第一月曜日の朝は「スーパーボール」ですね。

この日の午前中は「何があっても動かない・・」事は家中の者が知っているので、いや「言っても意味が無いので。

そして、TVの前から動きません。家の者は「見ててもルールも解らないしぃー・・」と。

 

今回の「スーパーボール」の結果はズバリ表題そのものです。

私でさえ「カロライナの圧勝」を予想してましたし、逆に「負ける要素が無い」くらいの攻守のバランスと

新時代ジェネレーションX「ニュートン」の能力は突出してましたから「余程の凡ミスの連続」さえなければ・・と。

 

66279_photo00

 

 

ところが・・

蓋を開けてみると、「デンバー・ディフンスの強さ」ばかりが目立ち 結果の出ないアセりからかミスを連発。

このゲームの影のMVPは「デンバーのDFコーディネーター」だと私は思いますがね。

前半だけならまだしも試合終了まで「ニュートンを爆発させなかった」のは驚異的な準備とモチベーションの維持しか有り得ないですし。

 

絶頂期に大舞台に弱かった「あのマニング」が「力の衰えを自ら認めるプレーで勝利に繋げる」姿勢は、オモシロさは無いものの「勝負事は結果がすべて・・」を経験値から解ってるな・・と。

 

このNFL

私に取っては「すべてが教科書です」。

絶対的な能力のぶつかり合い・規律・攻撃的ディフェンス・チーム構成・ユニット思考・コーディネーター

役割分担・集客プロモーション・サラリーキャップ。

ただし「絶対的なQBが壊れた時のチームの崩壊」というリスクだけは「マネが出来ない部分」はありますが。

 

選手寿命が極めて短い NFL。

高額サラリーの裏には まさに「身を削る」生身の人間ドラマが選手の数だけあるのかと。

そして・・ウチらの世界にもドラマは数知れずあるのだけれど「語ってイイ時期」というのが極めて難しいんだな・・・これが。

 

 

20 / 38« 先頭...10...1819202122...30...最後 »