俺の話を聞け

今年の傾向

新酒ラッシュ・・

も、お伝え出来ず仕舞いで申し訳ない・・です。

店舗に ご来店のお客様には「これでもか・・」と言うくらいに質問と傾向には お答えしております。

 

お酒とは製造する「醸造酒」ですので比較対象される嗜好品なんです。

「昨年と比較して・・」みたいにね。

評価として「良い酒のできた時」の再現性を図れるかが「蔵元さんの永遠課題」だと

思われますが、これが・・そう簡単にはいかない「微生物の神様の領域」。

 

発注を掛けたと時の対話、私の全般的な感想ですと・・・

今年の酒は「柔らかなスグ飲みタイプ」が圧倒的です。

当店に回って来た酒で「新酒らしい固い酒」は皆無です。

理由のひとつは「酒米」にありそうです。

 

昨年の米があまりにも良かったので それよりは評価が低いものの、「全般的に溶けやすい」と。

結果として「柔らかな新酒」になっているのだ・・という説明です。

それと・・新酒一号の評価が「その年の蔵元の評価になりかねない・・」事もありますから

余計に「柔らかい酒・固い酒は出さない・・」が徹底しているのかと。

その裏返しとして・・・

すべてでは無いにしても「熟成向きでは無い」ですから、

早めの完売体制、飲み切りは「二ヶ月以内・・」を徹底してと思っています。

 

新酒だけでも40種以上。

しかも「火入れ熟成酒」を含めると・・軽く「100種以上」ある中で いろいろな酒を楽しみたい方が

3本くらい購入されるのが普通です。

 

できれば「大勢の方といっぺんに開栓して飲み比べ」をして頂くのが

一番楽しい飲み方・・だと断言します。

 

「私たちで日本酒会をするので お酒の紹介文を書いて下さい」と言われる方も多くなりました。

私のコメントでよければ「ナンボでも書きまっせ・・」。

 

お酒は楽しい会話の着火剤・・になってくれるのが基本だ、と思っている酒屋です。

 

 

 

折り込みチラシ

年末パンフ1

 

年末パンフ2

 

 

 

年末になると「新聞にチラシ」を入れます。

勝負どころである師走を加速させる為です。

 

ところが・・

この「入れるタイミング」というのが非常に難しい。

無尽蔵に経費が使える訳で無いので「一番効果のある日」を狙うと必然的に「チラシ過多な日」とかち合うので

かえって「効果が薄くなる・・」を何回か経験しています。

配布地域を「毎年変え・新聞の種類も変え・・」を未だに試しながらです。

 

競争率の高い「火・金・土曜日」は避けて「師走の第一木曜日・村部を中心に・S紙を中心に」配布しました。

11月に続き、二回目の勝負です。

奇跡的に「その日にチラシを入れたのはウチだけでした」。

それが「吉なのか凶なのか ?? 」その日は解りません。

更に師走に入ってから「電話回線が不調」になり「通話不可の時間帯もあり」(現在は完全復旧しました)で、

「チラシに対する反応」があったのか ?? なかったのか ?? 懐疑的な中で一週間後の週末から不思議な事が始まりました。

 

チラシに対する「電話での問い合わせ」・「FAXでの注文」、そして「チラシを持参して頂いての来店客」が急増しました。捨てられない為の「良質紙を使ったチラシ」にはしたものの「昨年までとは問い合わせの質」が違います。

そして「広告効果は賞味三日間」を完全に打破して現在も続いています。

年末商戦が終わって「数値の分析」を経てからで無いと解りませんが・・

・過去からの継続の結果なのか ??

・配布地域が良かったのか ??

・「チラシを打った日」が良かったのか ??

不明ながらも「チラシで当店の認知して頂いた方が多い」のは間違いありません。

 

紙媒体は「お金が掛かります」。

特に短期的な「折り込みチラシ」ですと「完全空振り」もあります。

私も経験しています。これ「スッゴク落ち込みます」。

 

ネット全盛の広告は利点も多い反面、当店の様な「業種・業態・専門店」ですと「ネットを使わない方」が

多いですし「価格的要素」から「年輩者層の方に認知して頂く」事は重要な要素です。

単に「広告に金を掛ける」だけで無く、その価値を伝える「シタジ造り」を「ここ10年間掛けてきた」と言っても過言ではありません。

なにしろ「酒屋一代目」なのですから・・。

 

結果と分析は別として・・・

多くのお客様に来店を頂き、「お酒の対話」ができ・お酒が嫁に行くのは「なんとも気持ちのイイ子とです。」

「地元に こんな店があったなんて・・ありがとうございます」と、お代を払ったアトに「何回もお礼を言って帰られた お客様」。思わず手を合わせて拝んでしまいました。

俺の仕事は「世の中の役に本当に立っているのか ??」と落ち込んだ時もありましたが、

やっぱり「好きな事を仕事にしていられる」のはシアワセなのだと感謝です。

その分、「睡眠不足と疲労」という負担があるのは当然ですけどね。

 

米俵マラソン

飯田市と飯島町。

下伊那と上伊那で天竜川沿いでは三つの行政区を跨ぐ距離感も実は山間部では繋がっている

れっきとした「おとなりさん」です。

同じ「飯の字」を冠したね。

 

私の修業先であり元住民。

当店の主力蔵元「小左衛門」の看板酒「信濃美山錦シリーズ」の産地でもある「飯島町」で、

米俵マラソンなるイベントが今年も開催される。

感覚的に「出よう・・」と、思っちゃった訳。

ルールは「米俵を担いで走る」という解り易さ。

5キロの俵を担いで・5キロを走る・・に登録。

副賞は・・

担いだ俵と、同じ目方の「飯島産の米」。

 

 

もう30年以上も長距離は走って無いし、それに出る事で「少しは自己節制をするだろう・・」という

希望的な観測で出場登録をしました。

 

まっ、実質 練習を開始したのは一週間前。

目標は完走。

翌日の仕事に支障の無い走りをする。

12279085_888994007864970_7669126574950478757_n

コスプレ系でもOKだそうですが面倒なので「仕事着のまま」参加です。

まっ本職ですから似合ってるのは当たり前。

・ガンバレ米屋。

・配達の途中でサボってんのかぁー・・。そのまま仕事に戻れよぉー・・。

なとの沿道からの声援は「楽しいったらありゃしない・・」。

最も「ゴレンジャー・・」コスプレには到底適わないし 人気度も段違い。

ほぼ「歩いての完走」でしたけど 満足・満足。

 

それにしても完走アトの「ご飯と豚汁」の旨かった事。

また、来年も出てみたい。

12341241_891045154326522_7190398167201196681_n

そして・・・

当店の店頭には「米俵5キロ」の実物が置いてありますので

来店時に「大きさ・重さ」を ご確認下さい。

 

現代版・倍賞美津子的女将さん

忙しい時程「イベントを重ねて行う」という一見矛盾している事を最近続けています。

理由は簡単・・

「工程が多い程スピートが求められる。そして究極のスピードとは精確な中でしかなし得られない」。

これ、私の持論ね。

ただし・・スイッチを入れるまでが掛かるんです。時間が・・。

 

今月の「猪口の会」は銀座の「想今(そこ)」。

私の憧れであり理想である「居酒屋の女将さん像」を まさか地元で体験できるとは・・。

女将さんとの出会いは「顧客さんの紹介」でした。

一目見て「あっ・・・」です。

顔が似てるとか・・の話しじゃなくて、

服装は洋装ですが「現代的な居酒屋女将・倍賞美津子さん」が「そこに居た・・」です。

 

しかも、この女将さん「料理はほぼ手造り」。ホント手を掛けてくれます。

 

12249993_1029526043753788_8232776614525200525_n

 

この日の目玉「トップスリー」です。

澤の花「純米大吟醸」は美山錦とは思えない「旨味炸裂型」の酒で一番人気でした。

 

IMG_0241

 

 

この馬刺が絶品でした。元馬肉専門店が言うんですから・・。

 

IMG_0242

 

 

飯田で「おでん」といえば「ネギダレ」が定番。当然「カラシ派」もいらっしゃいます。

 

IMG_0243

カキのグラタン・・は、「あーウマい・・・」しか出てこない 心までアッタマル味。

 

FullSizeRender 03-57-04

お約束の〆の「牛スジカレー」は「まってました・・」の一杯。

 

まだまだ料理はあったのですが「撮るのを忘れるくらいウマかった・・」。

ごちそう様でした・・。

 

 

 

出帳販売

毎年、春・秋の「イベント開催」に合わせて呼んで頂けるので参加しております。

 

目的は・・

家族と私が この会社の姿勢を見て・感じて「本来あるべき姿を忘れない為」の刺激です。

だって、会長が自ら接客をして・社長が駐車場係を率先して行う・・は、あの規模の会社では有り得ないし

未だに他社では見る事は無いですからね。

イベントだから・・

であっても「職域と業務」を超えた「社内コミニュケーションの場」であり続ける効果にも注目しています。

 

 

その地元では一番の「総合醸造企業」丸昌稲垣の直営販売店舗「稲垣來三郎匠」へ今回は四日間お邪魔しました。

古民家を移築しての趣き有る店舗です。

12043170_999391410117361_5673663345070993169_n

「勤労感謝の日」を挟んだ連休期間、この地区では県外からの「りんご狩り」のお客様で「ICも渋滞する」混雑ぶりです。その行き帰りに「田舎を売り込む店」には この期間内に「3,000人」を越す方が いらっしゃいます。

木桶仕込みの この「イベント特別仕立て味噌」購入を目当てにお越しになる方で最終日を待たずに「味噌が完売する人気度」。キャパも人気も桁違いです。

 

 

基本的に・・・

当店は来店をして頂き「空気を感じて頂きながらお酒の説明を・・」目指しています。

それが一番、「買うという想いを物心から・・」と勝手に思い込んでおります。

でも、その前提は「当店に興味を持って頂いて来店する」という至極当然の事です。

もちろん「そういう仕掛け」をし続けてはいるのですが・・

逆に「当店の事を何も知らない・日本酒に興味が無い」このアウェイなミックスを打ち破る「武者修行の場」だと位置づけています。

11012469_999145776808716_6443825019876558386_n

一日に「1,000人位」の人が目の前を通り過ぎると「なんとなく感覚で この人にアプローチしよう」が出てきます。そうすると確立も上がります。

誰かが停まって 私に酒の質問を始める。「それが長引く程・濃く、深くなるほど・・」それを回りで聞いていて「同じ酒を購入する方」が多くなります。

これだけの人が集まると「最後の最後は人間の本能と勘」なのが 我ながらオモシロいと思うのと、対話の流れを自分の中で作っていけている内は現場に出ていても大丈夫であると「自分自身のチェック対象」としています。

 

「やった以上は結果を出す」も大事ですけどね。

 

 

 

20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »