俺の話を聞け

この一週間の激震

11日の夕刻の事です・・。
本来ならば定休日であるハズの水曜日も、師走ですので「これより無休となります」が いかんせん仕事を詰め過ぎて「マッサージでも頼もうか ?」と思った矢先「同業者のKちゃんからの着信」。
何か酒が足りなくなって「貸してもらえませんか ?」かな・・って思ったんですが
何となく「イヤな気がした」んです。
今まで感じた事の無い。

内容は・・・「ウチ、倒産ですわ。これから札を貼られるんで その前に連絡を。ウチの得意先のチカラになって下さい」。
一瞬・・何を言っているのか理解出来ないも「ふっ・・と我に返って・・」
「何を言っとるんだ。何かの間違いだろう・・」と声を荒げてる自分がいました。

嫁さんが「おとうさん、震えてるけど どうしたの ? 」って・・。

やはり同業で仲良くしているAちゃんにだけは すぐに電話して「新聞に出るだろうけど驚かない様にと・・」。
その時点で充分に驚いて「私、鳥肌がたっちゃった・・」って。

市内で一番のシェアを持つ酒販店の倒産は「明朝にでも関係者の耳」に入り実質「早い者勝ちの草狩り場」と化すだろう。
もし、本当に欲しいなら「今すぐに動くべきだ」。他店に先んじて・・。
ただし・・ビール関係が欲しいんならね。
現状のウチでは「これ以上の ビール系得意先を増やすのは無理」と判断して・・欲しいのは・・・に搾りました。

残酷な様ですが、これが倒産による「浮動市場の奪い合い」です。
明日の午前中には「業界関係者からの確認電話が入ってくるだろう」。彼とは親しくしている事は「業界の人間なら誰でも知ってるから」。

それまでに「欲しい分野」のプロモーション作業に入りました。
そして・・・
危惧すべきは「彼と私が共有していた限定蔵」のパイが空く事により「当店の独占では済まないだろう」。
当然、ライバル店は対策上「限定蔵との取り引き交渉」に入る事により 当店への牽制と抑止に入るだろう。

その前に、押さえてしまえば「イイだけの事」。

こういうブログを 書いていられると言う事は・・・です。
まぁー・・九割位の達成率でした。
本当の勝負は これからですけどね。

仕事上・・・
黙って指をくわえている訳にも行かないまでも一段落すると、「仲良くしていたウチら三人の同業者で一緒に仕事をする事は もう出来ないのか」と思うと 淋しくてね。

それにしても・・・
ビールの取り引きを「申し込まれる方」は どうして高飛車に出られる方が多いのか ?
今まで そんな素振りさえも見せなかった人でさえも・・。

そして、得意先依存度の高いのも問題だけど
仕入れ先依存度の高いのも「かなりの問題になる可能性」を改めて確認出来ました。

地元での この業界が納まりを見せるまでは暫く掛かりそうです。

師走の一番の繁忙期が「こんなカタチで過ぎて行く事」には不安の方が大きいです。
ただ、同業他社の動きよりも「当店の強みを最大に活かす手法」で今後も「人と人」「顔と顔」「嗜好と嗜好」が合う者同士が共有デキル世界観の構築に よりチカラを注ぎたいと思います。

彼の言ってくれた「出来そうで誰も出来ない加藤さんの世界は脅威なんですよ・・」の言葉を自信と戒めにして。

年末の案内等が遅れている お客様方へ・・・
いつも通りに「お酒の入荷は順調です」。
今期の米の質は「最悪と言われた昨年とは比べ物にならない」状況です・
ただ、良質米の入手は「契約栽培に遅れた蔵元さん」ほど困難になっており、新酒等でも量的生産・出荷が出来ない状況で
試飲前の感覚「一発勝負での仕入れ」を感で行う今期です。

ですから より蔵元さんとの意志の疎通が重要です。
飲みたい方に「飲みたい質を提供する」。
それが家族経営の「完全オリジナルセレクトショップ」の志向です。
合わない方は仕方が無いです。
だからと言って「私が 100%正しい・・」なんて妄言は吐きません。
ただ「他人様の事はワカラナイので」私の嗜好に共感して頂ける方しか
「ウチの暖簾を潜る事は無い」と思っています。

そういう道を自分で選んだのですから迷いは無いです。
アイツの分まで「酒屋としてヤリタイ事」を もっともっと進めていきます。


凛とした誇り

あの「ルバング島の小野田さん・・」が。お亡くなりになりました。
小学生の頃に見た「グアムの横井さん・・」に続いての発見と帰還でしたが 当然、子供ですので
何の事たがよく解ってません。
ただ、子供にとっても「戦争が終わっても30年近く戦い続けて来た・・」事は想像もデキナイくらいの
時間でしたか゜・・。

中野学校出身のエリート将校・・
というのは、「超が付く優秀者の集まり」という教師の言葉だけは憶えています。

新聞に載った・・・
小野田さんの「凛とした笑顔」を なぜか直視出来ない自分がいました。
なぜ だろうか ?

多くの犠牲の上に成り立っている「今の日本」と自分が「これでイイ訳無いだろう・・」という
気持ちの表れだと思います。

これで いいんだろうかと言う・・。

新規取り引き蔵

唐突に思われるかも知れませんが・・・
今期は「二蔵さんと新規の取り引きを開始したい・・」と予定しております。

今までは・・・
欲しい酒があると「顔を憶えてもらい・じっくりと交渉をして・蔵見学をさせて頂き・取り引きを開始する・・」
そんな行程を踏んで参りました。
もっとも、ある時を境に「ほぼフリーな状況にはなりましたが・・」、それでも私は この行程を崩すつもりは
無かったですし、今までと同じで積み重ねて来ました。

一般の方は・・・
取り引き蔵の数の多さが「酒販店の力量だ・・」と、思われている様です。
実際、当店にいらっしゃって「取り扱いブランドや数を確認する方」も いらっしゃいますから・・。
言葉を恐れずに言えば、今や「新規で増やす事は さほど難しい事ではありません」。
ただ・・「それを継続する事が難しいんです」。
今までだって「流行りモノだけに目を向けて 今までの取り引き蔵さんをないがしろにしていれば・・」
狭い業界の事ですから「信用を失うウワサ」など簡単に流布される訳です。
同業者さんが「そんな言われ方をしているのを何回も耳にしてますからね・・」。

なんとか前年よりは「少しでも多く売る方法」を「いろんな角度から考え・試し・実践する」を自分なりに
やってきたとは思っています。
都市部的な「ハイパー・オペレーションだけを対象として」組織販売だけを相手にする蔵元さんからは「物足りなさ」を感じておられるかも知れませんが・・。

信用をして頂いた蔵元の酒を・その信用以上に管理して伝え・同じ価値観を持つ お客様の期待に応える。
その事だけなんですけどね・・。

今回、初めて・・・
蔵元さんから「取り引きの申し出」を頂き、本心から喜んでいます。
いや、ホントは「ずっと欲しかったんです・・」。
3年ほど前に地元の盟友の酒販店と共同でイベントをやった時に彼女が来てくれて初めて まともに話しをしたのですが
とっても新鮮な驚きだったんです。

新規のブランドを立ち上げて「首都圏から勝負しよう・・」という行動には「恐いモノ知らず・・」も見えるものの
年々、上がってゆく酒質との兼ね合いを「地元ブランドと新規ブランド」の両輪で引き上げてゆく考え方には とても共感できましたし・・。

昨夏・・・
旦那様である専務が突然 当店にお見えになり、私も休日で手隙でしたので「ゆっくりと二時間ほど」話しをさせて頂きました。
こんな蔵元さんと「お付き合いをさせて頂ければ嬉しいな・・」と、思いつつも「盟友の酒販店」の事もありますから丁重に お断りをしたんです。今や人気の誰でも欲しがるブランドを断るなんて さぞかし「バカな酒屋」だと思われた事かと・・。
ところが・・
秋にも お越し頂き「ちょいグラ・・」と来つつも「そこでもガマン・・」で・・。

トドメが「秋の長野・酒メッセ」でした。
社長である彼女の一言にKOされちまいました

私みたいな「酒屋一代目」が、蔵元さんに信用して頂けるなんて無常の喜びですし、なんとか その期待に応えたいんです。
本格始動は 来月に蔵見学をさせて頂いてからなんですが・・・

当店の「あるカテゴリーーの酒」が不足していて、今週末より一部スタート致します。
木祖村 湯川酒造店の 十六代久郎右衛門です。

当店にとっては奇しくも「十六番目の取り引き蔵」となります。

お客様には無縁な事ですが・・・
この一ヶ月ほど「モヤモヤしている事」がありまして「忙しさに紛れている時」には自分を誤摩化せてこれたのですが、
信義則の部分で「どうしても許せない事」から「日常的な仕事にイマイチ身が入らない自分」がいて、
情けないトコを どうやって解消しようかと思っていたのですが、

たまたま偶然だとは思いますけど・・・
数人の お客様から「アナタの選んでくれたモノなら何だってイイんだよ。いつも良い物をありがとう」って言われて
「ハッ・・」と我に返ったんです。
俺って「見てる方角が違ってたな・・」って。

なんで「酒屋の世界で生きようと思ったのか・地酒の何を伝えたかったのか・どんな方とお付き合いを深めたかったのか」
それを考えたら「モヤモヤなんて小さい事」です。

残念ながら・・・
私は経営者よりも接客向きらしいです

素面の時にワイングラスを洗う

只今、奇数月の隔月毎に「猪口の会形式」でのワイン会 通称「和飲の会」(そのまんまやん)
を実施しております。
店内には「さほどの陳列」をしてはおりませんが「モノによっては・・」な在庫もございます。
特定の方々向きですが・・。

ワインは元々 好きなんです。これも醸造酒ですし。
「独特な酸味感」は日本酒には無い世界ですし。
日本での醸造酒理論の体系的なモノは「ワインをヒナガタ」にしてますので 一通りの勉強はしてきました。
だからと言って「ワイン・アドバイザー」の資格は持っておりません。
外向きには評価される資格も業界内では「唎酒師以上に全く評価されないからです」。

資格以上に「その酒の素情」を自分の言葉でキチンと説明がデキ、
      料理などの「食べ物との相性」を伝え、
      個人毎の好みに伝えられて・・・

結果として・・・で、「何れくらい売ってて、どんな得意先と太いパイプを持っているか・・・」。
の方が 業界の評価、しいては「いわゆる 素情確かな品が回ってくる」対象となります。
元をたどれば・・・「資格に準じた知識と能力だけは不可欠」ですから 資格を取った方が早いのかも知れませんけど・・。

昨日は・・・
イタリアンレストランで「イタリアン料理」を味わうワイン会ながら あえて「イタリアのワインは出さない」
超挑戦的な ワイン会でした。
初めから、そのつもりで・・。
ですので・・・
NZ・USA・フランス・・・という取り合わせです。

1538937_695650157141380_805498352_n.jpg
には、ワシントン州の樽香有りシャルドネが「海老のバジリコソース」にピッタリです。強さのバランスもね。

1782065_695650073808055_376428472_n.jpg
海の幸のパスタは NZのピノが 「余韻の競演」的でオモシロかったなぁー・・。

デザートワインの「ソーテルヌ」まで「開栓時間の多少のミス」はあったものの 私自身が楽しめて、
参加者の年代もほほ一緒だった事から和やかに進みました。
1173614_695650200474709_1161673383_n.jpg
これだけ飲むと・・・

1656150_695650230474706_1951561946_n.jpg

いつも良くして頂いて すみません。
サレエペペ


コレを「勝ち運が無い・・」で片付けてイイのか ?

やはり勝てなかった・・・ペイトン・マニング。
私は元来、好きなタイプの選手では無いんです。
でもね、今回は応援していたんです。
ケガで前チームに「見切り」を付けられた屈辱を移籍後は「前以上の活躍」で魅せていた訳ですから
アトは「スーパーチャンプ」になる結果で完結する・・ですから。

ただね・・・
彼は「ポストシーズンの勝ち運」が無い選手ですから。
弟の「イーライ君」は少ないチャンスを奇跡的なプレイで「二回もスーパーチャンプ」になっている事を思えば
今回は なんとか・・・。

でもね・・・
最初の「セーフティー」でアレ

トドメは後半開始直後の「リターンTD」で諦めましたな。

アメフトは「時間との勝負」もありますので「逆転デキル得点差」には限度がありますから。
野球みたいに「ツーアウト・ランナー無し・5点差の負け」との期待間とは別物です。

私が一番気になっていたのは・・・
マニングが「手袋をしてプレーをしていた事」。
「スーパーボール」の場合は開催地が前年より解っていますので「屋外の寒冷地」での対応を「シーズン後半から試していた」様ですが上手く作用しなかったみたいです。
あくまで「結果として・・」なのかもしれませんが。

オフィンス一位 VS ディフェンス一位の対戦は「自滅による結果」で近年には無い大差となりましたが、
あくまで結果としての話しです。

勝負ごととしてはね・・・
事、ビジネスの面では「雲泥の差」となって現れてゆきます。

最高の「ワンゲーム」を盛り上げる為の「スーパーウィーク」を含めての一週間。
勝負を「ビジネスに仕立てる仕掛けと準備」は毎回 素敵です。

このゲームが終わると虚脱感に襲われる「アメリカのお父さん方」が多いそうです。

私も この技法を少しでもマネて・・・。