俺の話を聞け

蔵元紀行

表題の様なノン気なものではありません。

なにしろ仕事ですから。それと好奇心が69%くらいプラスされてます。

 

この時期の定休日は「蔵元さんを廻る」が続きます。

造りの現場を見学させて頂き、対話による情報交換と実質的になります。
まっ、タルミ切った精神に「喝・・」を入れる意味合いが大きいですが・・。

 

今回は少し気合の入り方が違います。

理由は追々、書かせて頂きますが。

 

当たり前ですが、酒造りの工程は基本的に「ドコの蔵元さんも一緒」です。

ただ、個々の考え方で「精度の差」が表れ それが「酒質の差」となって現れます。

同じ1メートルであっても「誤差1㎝と1mmでも許さない」くらいの違い。

 

そして、大変失礼な言い方をあえてしますと「杜氏さんの感性の差」もあるのだと思います。

大きな蔵は「蔵人の分業制」で現場監督である「杜氏さんの指揮の下」精度の緊密差と統一性を保っています。

 

対して 小さな蔵元は「杜氏の個性での精度」を環境が許せば トコトン突き詰める事が出来ます。

その典型を目の当たりにして ガラにも無く「アートだ・・」と感じました。

 

経営者の社長さんの統一性と、信頼して任せ切っている杜氏さんの信頼関係は 他蔵様の信頼関係とは また違う「太い方向性の上に乗り切った同志」に見えました。

 

杜氏曰く「日本一の麹室だ」と。

明らかにカラダに感じる感覚が この室は違います。

こんな興奮は最近無かったです。

 

 

全然 ドコの事か ここまで読んだだけではワカラナイですね。

種明かしは近々・・。

 

CIMG2825

画像はイメージです ??

 

 

ところで・・
父は酒屋では無いので「この蔵元廻り・・」を良く思っていません。
休みの日に「なんで金を掛けてまで見に行くんだ。どこも やってる事は一緒だろう・・」って。
無理も無いとは思いますが ココを突破デキナイと他人様を突破するなど無理。いや、他所様の方がラクかもしれません。
父は創業者ですから その意向をないがしろにする事は絶対に無いです。
そして「創業も継承も継続は難解だと言う事・・」です。

 

 

アギーレ・JP

こうなったから言う訳じゃ無いけど・・・
サッカーの日本代表監督に メキシコのアギーレさんがなった時には「なんかオーラも存在感も感じ無いけど・・」大丈夫かいな ?? と、思ったりして・・。

 

ハンス・オフト監督以降、こう思ったのが初めてでしたから・・。
ところが「アジアカップ」での選手起用や戦い方を見て「螺旋で540度 見方が変わりました・・」。
絶対命題である・・優勝という結果は出せなかったけれど、
今まで呼ばれなかった若手を適所で使い、環境に応じた選手起用、何よりも見ててワクワクする オモシロイ・サッカーが魅力的。

 

代表チームの試合は「結果最優先」ですから 日本に限らず「見ていてオモシロク無い・・」のが当たり前だと思ってましたから。特に「バレージ以降のイタリアのゲームはホントにツマラナイ・・」です。

 

夢溢れる4年後に想いを馳せていましたが・・・
差別・政治・犯罪・賭博・・・が クリーンなイメージを損なうものとして「ナショナルチームとしては あってはならぬもの」。 事の真偽は別として「その場に引っぱり出されちゃった・・」んだから協会としてもジャストな限度だったんでしょぅね。

 

もし、晴れて無罪となったら「もう一度やって欲しい・・」。
今、代表チームの監督は「オシムさん・・」にやって欲しい。

健康問題さえなければ・・。

その次には「アギーレさん」。
どうせなら「惜しまれてヤメた・・」惜しむさん、基 オシムさんの様な、

スタイルを造って欲しい・・・。

 

10年ぶりの栄冠

0ap3000000467083

 
ベリチェック監督、トム・ブレディー、ニューイングランド・ペイトリオッツとファンの皆さん おめでとうございます。

 

史上最高のスーパーボールでした。
最後のインターセプトは「どっちが取ったのか ?? 」一瞬 解らなかった。
それでも「ダウン」が取れ無い位置からの「イン・クローチメント」で完全に決まりましたな。

 

大橋巨泉さんが BSの解説時によく言っていた「一国のオリンピックチームをガラガラポンすると フットボールチームが ひとつデキル」は単純な真実を付いた言葉だと思うし「見る事でしか楽しもうとは思えないスポーツ」も同感です。

 

出来ないコトをTVの中の選手に成り切って「夢を見れるスポーツ」です。
一度だけ・・
寝て見る夢の中で インゴールからの「キックオフ・リターンTD」を決めました。
足に羽が生えた様に・・・。

 
たぶん・・
フットボールファンが すべて見る夢なのかと・・。

 

個々の数値はトップで無くとも総合力とバランスで「常勝軍団」に仕立て上げた監督の「残りゼロ秒で一点以上勝っている」戦略には驚異と敬意しかありません。
まるで「五目並べ・・」の 飛び石の様に・・。

 

ビックプレイを否定はしないと言う前提で・・・
「れば、たら・・」が勝敗を左右するのが「運なんだ・・」と、言われてしまえはそれまでだけど、
「奇跡的なパスキャッチ」だけで勝ったり・負けたりだけでは続かないんだ。を証明する為にも
今回は「ブレディーに勝って欲しかった」私です。

 

フットボールウィドー・・
から解放されて「ホッ・・とする方、「ウンザリ・・」する方。

 

私は フットボールを知って 考え方が変りました。

 

コーディネーター・スベシャルチーム・ビックプレイ・デザイン・スクランブル・攻撃的守備・準備とアジャスト。
そして なにより「個の能力」が すべてを凌駕してしまう事。
走れるQBは 長期間活躍する事が難しいと言う現実から 「あるべき基本と思考と熟度」とは何か ??

 

と・・柄にも無く 仕事に置き換えたりして・・。

それでも、シーホークスの R・ウィルソンは 今までのパターンなど無かったかの様に また「スーパーボールの舞台に戻って来て欲しい・・」。
なぜなら、「また、見たいから・・」。
9月が来るのが 今から待ち遠しい・・。

 

蔵元見学

蔵元さんとの「限定直接取り引き」の中で 酒販店が行うべき行動の「ひとつ」に蔵元に伺い「製造の現場を見学させて頂く・・」があります。

 

義務とか権利とか・・なんていうウザイ話しでは無くて・・・

その時期に見ておかないと「一年間は説得力を持った販売できないんです。」

設備・試行錯誤・方向性・などを対話と目で確認する事により なにか「お客様に聞かれても対処デキル」んです。

造りの現場に何回も足を運んでいるうちに・・。

 

そんな現場には・・

やはり興味を持った お客様と一緒に伺うと「また 違う発見」があるものです。

そして お客様である「素人の質問が一番恐い蔵元さんです・・」。

 

今回は・・

大信州の槽場詰め(ふなばつめ)に合わせて 飯山の北光正宗さんと「一日二個所のハードスケジュールです」。

飯田を6時に出て丸12時間の 旅です。

 

北光の村松専務には 昨秋より お願いしてありました。

文字通りの若手のホープであり「挑戦的・実験的・理論的」な「オトコマエ杜氏」です。

最近のいずれは社長になる「蔵元杜氏はイイオトコ」ばかりで 容姿端麗で無いと「酒造りを やったらイカンのか ??」とさえ思ってしまう 昭和体型の酒屋です。

CIMG2720

 

製造工程に沿って・・
一通り現場を見て行きます。私も今回、再発見がありました。

CIMG2730

最後は・・・
お約束の試飲です。次々と 酒を開けていく気前の良さには脱帽です。

そして・・・記念撮影。

CIMG2733

続いて・・・大信州。

CIMG2760

当日は一般客様も一緒に当日 搾ったばかりの酒を自身で瓶詰めして頂く 槽場詰め です。

 

こちらも工程に沿って案内ですが・・・

やはり一番時間を取るのが 自慢の精米工場

ココだけは外せない一番の売りであり良い蒸しを仕上げる基本ですからね。

契約栽培農家の米は顔写真で紹介されてました。

CIMG2761

ホントは・・・
三回くらい見て頂くと やっと解る事が出来ると思っています。

また、行きます。
そして・・・ 今期の蔵見学は続きます。

さかなや

私が中高生の頃には「○○屋」という名の専門店が 立ちゆか無い状況になっていたかと思います。

大店法・・と言う名の「小規模小売店の保護規制」が所除に解除されて「完全自由競争」に晒された結果です。

確たる信念の下に「経営計画・組織化・試行錯誤・外部情報の取り入れ」を怠ったり遅れたりした所は「指をくわえて見ているしか無い・・」状況だったと思います。大資本の組織化された販売法と価格競争の前では・・。

 

でもね・・

最近のマクドナルドの「体たらく・・」に代表される様に「大きい事がイイ事ばかりでは無くなった」のも事実です。

私としては「あのマックが・・」で組織としては「もったいない・・」とは思ってますが・・。

もっとも「ここ15年以上は口にしてない・・」ですし、別に食べなくとも「何とも無い・・」嗜好の人間ですから。

なにしろ「食肉業界出身・・」の人間にとって「マックは食べない・・」のが 当たり前ですからね。

 

私の様な「酒屋一代目」は 結構 珍獣扱いされます。

コンビニでもDsでも無いですし。

酒屋を廃業された方々には「この時代に酒屋をやるのぉー・・ ??? 」くらいの言われ方さえしますしね。

 

私の住んでいる地域の・・・

鼎に「魚屋さん」が出来ましたよね。SMでもテナントでも無い「専門店の魚屋さん」。

今日も出掛けて 小振りだけどイイ鯵があったので「刺身じゃ小さいかナァー・・」と聞くと・・
「コレなら大丈夫ですよ。おろしましょうか ??」と 引けばイイだけの「キレイな三枚卸に・・」。

「専門店の心意気・・」を頂きました。

「今日はコレが旨いよ・・」。「こんな食べ方がオススメだよ・・」。

お客さん・・として行くと 当たり前の「専門店として あるべき姿」を確認できます。

足らん事はダメですが、ヤリ過ぎるのは「もっとダメ・・」です。

 

八百屋さんだけは そういうトコが地域には無いですが・・・

肉と魚だけは極力「専門店」で買います。

思いとか安全性とかの「頭で食べる話し・・」では無くて  そちらの方が「はるかに旨いから」です。

ウチは別に高所得者では無いですが「こういう事でエンゲル係数が上がる」なら しゃーない・・と、思ってます。

もっとも・・

子供達は「口が肥えて・・」大変ですが・・。

CIMG2709

今日はコレが呑みたかったので・・
青魚を探しに行って 思い通りの結果に満足です。

プロに聞く・・は大事みたいです。

そして、そんな会話を楽しめる「酒屋であり続けたい・・」です。