カテゴリ別/検索結果

ご予約を開始します

この時期・・

各蔵元から少量のみしか出荷されない「限定酒」がやってきます。

本来「火入れ用の酒」なのが生酒だったり・・。

おりがらみ生・おり酒・・等々です。

今回 御案内する酒は量も限定ですが、質も価格も高い為に 「格段に取り合いに成る事は無いだろう・・」

という事で公開案内を致します。

こういった限定酒には あくまで飛び道具であって これを扱う事で抱き合わせ販売をしよう、とかの意図は

ございませんので ご興味のある方はどうぞ。

いわゆる質の違いを体感して頂く機会が目的です。

 

ご希望の方は・・

当店のHPから「問い合わせ」をクリックして頂き メールにて希望の酒をご予約下さい。

コチラから 折り返し返信をさせて頂きます。

万が一、応募多数の場合は「先着・応分分配」とさせて頂きます。

当店の管理状況は・・

レマコム・マイナス6℃の設定となっております。

 

澤姫・・当店到着予定 3月20日頃

出品大吟醸の斗瓶囲い無濾過生原酒おりがらみ。

IWC2010チャンピオンサケの蔵元も 佐藤杜氏になって三期目。

今期は「社長のか杜氏のか」。どちらにしても良いに違いない。

私は 少し寝かせて梅雨時から飲む・・のが好きですが・・。

 

出品酒としては異例 ?? の 栃木産ひとごこち。

信州の酒屋としては「信州タッチとは違う・ひとごこち」。

そして、「ひとごこち」で こんな酒が出来る驚きと出会えた喜びに毎回 感謝しております。

地酒蔵元の本質は・・地場の米と水とで醸すを宗とする。

それが地元を「売りにする」絶対条件である・・

誇りある結果を持って実証した説得力には脱帽です。

 

出品酒を仕立てる・・

蔵元さんの考えは大きく分けて二つです。

・自分の旨いを仕立てて出す。賞を取る・取らないは別問題。

自分の課題を確実に表現できるかが大事なんだと。

蔵元さんらよっては「今年は賞を取れ無いラインでいきますから・・」もありますからね。

 

・賞取りは勝負事。ならば勝たないと意味が無い。

賞採りの傾向から自蔵の特徴を活かす兼ね合いを探る。

それが新しい世界観を生む研鑽に繋がるのだと・・。

ココの蔵元さんは後者ですが・・。

 

大信州・・当店到着予定 4月20日頃

定義付けとして吟醸蔵。

その中にあって 、この蔵元の柱となる酒米・金紋錦を純米大吟醸仕立てにしての

スペシャリテ生酒。

 

これもホントは夏場まで熟成させるとイイのかも。

精米担当の小松ちゃんが蒸し上げた 極上の蒸し米。

「いち蒸し・に蒸し・さんに蒸し・・」下原大杜氏の薫陶を受けた精神が、

酒となってやってきます。

何が軸なのが ? ドコが基本とするのか ??
造り手から来る 繋ぎ手の有るべき姿を いつも考えさせられる

不偏の名言・・だと思ってます。

 

CIMG5004

 

当店入荷予定日    3月20日

 

製造年・27by/原料米  栃木産・ひとごこち/酒種・大吟醸・斗瓶囲い・おりがらみ無濾過生原酒

澤姫  大吟醸  斗瓶囲い・おりがらみ生原酒

1800ml:7,000円  

720ml:3,500円  

(本体価格・税抜き価格)

当店入荷日    4月20日

 

製造年・27by/原料米  信州産・金紋錦/酒種・純米大吟醸・無濾過生原酒

大信州  手いっぱい  純米大吟醸  無濾過生原酒

1800ml:5,200円  

720ml:2,600円  

(本体価格・税抜き価格)

 

 

 

 

大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ

正直、コレ以上の酒質が上がるなんて思っては無かった本心。

昨期よりも キレイ・軽く・そして厚みもある旨味。

矛盾してるかもしれない言い回しも「質の良い鰹を、更に職人の腕と環境が最高にして、最高の料理人が出汁を引いた・・」そんな感じです。

 

軽い「若い苦味感」が少しはあるものの 芯の旨味は梅の開花と共にやってきそうな「春の酒」に

なりそうです。

純米大吟醸企画となって三年目。

間違いなく 過去最高のデキです。

今期も四弾仕立ての「第一弾」です。

CIMG4905

 

 

 

 

当店入荷日    2月9日

 

製造年・27by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・おりがらみ生原酒

大信州  八重原  純米大吟醸 おりがらみ

1800ml:3,300円  

720ml:1,650円  

(本体価格・税抜き価格)

信濃薫水 純米吟醸 槽場詰め 無濾過生原酒

かいわれ大根・豚バラの冷しゃぶ・・を、少し酸味を効かせた胡麻タレで呑みたい・・。

 

今期の信濃薫水は とにかく柔らかい酒になっている。

酒屋としては失格でもイイ・・・。「旨いなぁー・・」しか出てこないんだから。

CIMG2775

今や長野県限定ブランドとなった 大信州では「この酒だけが名乗る限定酒」が信濃薫水・・。

秋の新酒「槽場詰め」は全国の酒屋が集まる交流会。

それに対し、春の「槽場詰め」は長野県の酒屋がお客様・得意先様に蔵元の造りの現場を確認して頂く場。

信州の地酒・・ですので「地元で愛されてこその地酒」である。と、私は解釈しています。

当店では参加された方には 名入り特別ラベルでお応えしております。

 

CIMG2781

 

TVリポーター・・が蔵元で行う花形リポートが 「搾りたてを亀口から呑む・・」模様。

これを「そのままパッケージした酒」が「槽場詰め」です。

「ガスが絡み・オリが絡んだまま・・」の酒。

 

 

ところが・・・

このタイプの酒を、しかも お客様を「搾りの現場に招いて」行う処は 私の取り引き蔵でもココだけ。

いかに難解なるシンブルなイベントなのか。

真に日本酒に傾倒されている方には「新鮮な驚き」であった様です。

大寒の季節酒・・は厳しく素敵です。

信濃薫水 純米吟醸 槽場詰め 無濾過生原酒

1800ml:3,000円

 720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

今期分・売り切れました

大信州 辛口特別純米  生

青魚系に青紫蘇を絡めて呑むと この酒の辛味と旨味がより解りやすいかと。

酒単体ですと、香りふんわりのアトに柔らかなタッチな旨味と軽い辛味キレで スイスイと呑めてしまう

困った酒です。

 

万能系の辛口酒ですので 料飲店さんの困った時のお助け酒にもなっています。

 

 

CIMG2706

 

 

通常の「火入れタイプ」とは異なる生シール蛍光色のラベル

新酒の時期だけ出荷される季節限定酒ですので 是非、飲み比べをして下さい。

 

大信州 辛口特別純米  生

1800ml:2,500円

 720ml:1,300円

(税抜き・本体価格)

今期分・売り切れました

大信州 仕込十五号 純米大吟醸 無濾過生原酒

大信州特有の生姜に合う酒です。 この時期なら柚子窯に「生姜風味の出汁を張った」海鮮窯が最高です。   シングルモルトの仕込シリーズでは最初で出て来るオフシャルナンバーです。 10番台では「ひとこごち」が定番となってますが 20番代がリリースされない昨年からです。 辛口タイプ・・が昨年まででしたが 今期は 辛味を押さえたシャープでゴクゴクタイプです。

CIMG2638

 

ウイスキーはモルトなのに 日本酒はなんでシングルモルトが少ないの ??
中取りの一番イイトコだけを常に詰め続ける蔵です。

大信州 仕込十五号 純米大吟醸  中汲み無濾過生原酒

1800ml:3,800円

720ml:2,000円

(本体価格・税別表示)

3 / 3123