カテゴリ別/検索結果

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号・令和最初の「フルーツ爆弾」がやって来た

12月1日、台風で入荷の遅れていたすべての槽場詰めが 本日に入荷しました

 

正式に今期より「純米大吟醸」表示となります。

まっ・・今迄も実質「純米大吟醸スペック」でしたけどね・・。

 

今期より・・

豊野蔵から 松本本社蔵での製造に切り替わる予定でしたが゛・・

本社蔵周辺が「田中ヤッシー時代の置き土産」景観条例に 建物の大きさが

引っかかった様で・・来期以降の稼働になりました。

 

さて・・お約束の一言から・・

最初の酒が「今期の蔵の評価を左右する・・」から、造り手み売り手も必死です。

 

フナバから始まる「新酒の世界・・」。

今年も「新米・新酒」スタートします・ ウチはこの酒から。

 

 

10月1日から始まる「酒造り」。

この蔵では「いきなりMAXピーク」を迎えます。

全国の取り引き特約店が「11月17日・日曜日」に集まって「搾り・瓶詰め」と

新酒の味を確認する「全国槽場詰め」が行われます。

極論すると「この日の酒質が今期の評価に繋がる」訳です。

と、煽った言葉を並べてみても「バスレ無し・大信州」と信頼してますから

真夏のお盆帰省から「予約開始」してます。

 

今年も当然「蔵に行って確認してきます」という 有り難い仕事があります。

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

令和元年酒造年度の実質スタートです。

 

今期も・・

再現性のある「フナバ一号」を待っている当店です。

 

 

 

1924456_780939661978273_4516580331980385245_n

上槽(搾り)予定日 11月17日

当店への全品入荷日 12月1日

 

製造年・令和元年by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

 

純米大吟醸 表記に今期より変更となっております

 

1800ml:3,500円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109527440

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109544191

大信州 翁下原 純米大吟醸 2018 ヴィンテージ日本酒の決定版

平成最後のヴィンテージが登場・下原多津栄 大杜氏の名を冠した逸品。

 

新米でお酒を仕込むから「お米の出来た年をヴィンテージに記する」。

その発想で考えて頂ければ解りやすい 年期表記です。

 

ワイン的な発想で・・

・日本酒も熟成に耐えうる

・熟成した日本酒ほど価格が上がる(温度管理等をキッチリとした前提で)

今でこそ どの蔵元も始めた製品思想を初期から初めて今も繋がる酒。

 

その名称が名杜氏「下原 多津栄 翁」の名を冠した酒。

初めて豊野蔵にお邪魔したときの田中社長の言葉は・・

「ウチは下原多津栄があってこその蔵」。

その言葉の真髄は追々 知り、理解しなければ大信州はワカラナイ事になります。

 

さて・・・

今期の酒は「いつくらいまで寝かそうか ??」

まずは その味わいをご確認下さい。

 

 

 

 

当店入荷日 10月11日(あの台風の前日でした)

 

 

製造年・30by/原料米・信州産・金紋錦/酒種・純米大吟醸・原酒

大信州  翁下原(おきな しもはら)純米大吟醸  2018

 

720ml:3,500円(化粧黒箱入り)

(本体価格・税抜き価格)

佐久の花 純米大吟醸 金紋錦 ダム熟 信州Agingの新たな可能性

春先に圧倒的な人気で売り切れた金紋錦の続編が登場です。

 

当たり前だけど・・

ダム湖の中に沈めたんじゃ無くて「巨大なダム通路」を有効活用した熟成。

・無振動

・暗闇

・常時 10℃の冷通風(空気も循環しているフレッシュなのが良い)

管理者である地方自治体も ダム運営の理解を深めてむらう対策として、

「ダム内の見学会」とか特性を活かした付加価値としての「ダム熟成」を

近年 各所でスタートさせています。

それが・・・新たしい熟成となるのか ??

瓶詰めまでの工程については いろいろと語られる事は
多かったけれど いよいよ「地方限定版のAging」が始まったみたい・・。
蔵内でも冷蔵庫でも無い・・
信州だから・・
信州でしか出来ない特別な熟成が新しい
お酒の楽しみを開いてくれる。

 

お酒は当然 信州の代表的な酒米、金紋錦・・

ダムの環境で微妙に違う熟成を比べる機会も 近い内に開かれそうだ。

「オラがダムには この酒が一番だ・・」みたいにね・・。

でも、それって楽しいと思うんだけどね・・。

 

佐久の花の金紋錦は・・

インパクト感バツグンの THE旨味酒。

しかも優しいタッチと穏やかな切れ味。

洋食のデミ感も満載ですな・・。

 

 

 

当店入荷日 10月2日

 

 

製造年・30by/原料米・佐久産・金紋錦/酒種・純米大吟醸・原酒・ダム熟成

佐久の花  純米大吟醸  金紋錦 ダム熟

 

1800ml:3,480円

720ml:1,860円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=146034241

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=146034410

 

大信州 八重原(やえはら)純米大吟醸 風穴ひやおろし・アルプスの霊風で140日熟成させた神秘の味わい

八重原 純米大吟醸 ・・4部作の完結版とも言うべき「風穴ひやおろし」。

過去最高・・と、言い切る当店です。

あの「ボジョーレー的・過去最高の表現が大嫌いな当店が・・」です。

 

今年の「風穴ひやおろし」は舌が「里芋の葉っぱ・・」になります。

トロミ感の粘着感と芳香・・。

より吟醸タイプとなった純米大吟醸です。

 

今期は・・

4月10日に風穴に納め・・

8月28日に風穴より運びだし・・140日間アルプスの神様に子守って頂きました。

 

 

今期の盛夏にあっても「8℃をキープしてくれる」山のゆりかごは優しい。

寒暖差がより旨味を膨らませるのは「食べ物の世界では常識」。

正直・・昨期の「あの米質」で心配していたのがウソの様な仕上がり・・。

 

自然とは・・かくも偉大なもの。

 

 

では・・お約束の説明から・・

松本市安曇稲核(いねこき)地区の風穴(ふうけつ)にて四ヶ月間の熟成。ここは「真夏でも8℃」を保つ神秘の地。自然が創り出した溶岩道と亀裂の中を「程よい湿度と冷気と 山々の霊気を纏った「北アルプスの気脈が吹き出す」。「ひとごこち」で醸した「八重原 純米大吟醸」は静かに熟成を重ね、

魅惑の旨味へと生まれ変わる。

単なる「ひやおろし」じゃない、

「風穴ひやおろし」として、

 

蓼科山と北アルプスの「ふたつの霊気を纏った」二乗なる純米大吟醸を心しておたのしみ下さい。

この「山の神」・・

「あなたの相方」と同じくらいの新たな「守り神」。

弱気になアナタへ・・旬をカラダに取り込んでみるを お試しアレ・・。

 

 

 

 

 

当店入荷日 9月7日

 

製造年・30by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・火入れ原酒

大信州 八重原(やえはら)純米大吟醸   風穴ひやおろし

 

1800ml:3,300円

720ml:1,650円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=136373668

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=136373522

 

大信州 純米吟醸 手の内・純米大吟醸 手いっぱい 限定 生生酒。この二種で ONE SET・・両手にHANDSシリーズの今期を確認せよ。

解り易い「金紋錦の旨味・パンチ」がこの二種。

この時期だけ・・・

生原酒で登場します。

 

正直、この時期のナマゲンは気と電気代を使います。

特に「手いっぱい・・」を一回 味わってしまうと 後戻り出来ない

世界が待っておりますので ご用心下さい。

 

 

 

 

今期より共に価格が変更となっております。

当店入荷日 6月11日

 

 

製造年・30by/原料米・松本産 金紋錦/酒種・純米大吟醸   生原酒

大信州 手いっぱい 純米大吟醸  生原酒  

 

1800ml:5,500円

720ml:2,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

当店入荷日 4月18日

 

 

製造年・30by/原料米・松本産 金紋錦/酒種・純米吟醸   生原酒

大信州 手の内 純米吟醸  生原酒  

 

1800ml:3,300円

720ml:1,700円

(本体価格・税抜き価格)

 

1 / 3123