カテゴリ別/検索結果

大信州 プレミアム 純米大吟醸 3本セット  無濾過生原酒 +限定オンライン「手いっぱいの会」

本来、年会費40,000円コース会員への限定品として造られた特別酒です。限定品の為に締め切り日を 6月30日に設定してございます。

このセットを購入頂きますと 大信州・松本新蔵をライブ案内するzoomオンライン「手いっぱいの会」への接続が可能となります。

この貴重な機会とお酒を家に居ながらにして楽しめる絶好の機会。

 

 

「あらばしり」、「中取り」、「責め」・・・

搾る順番の呼称でありながら通常「極一部の決定権がある蔵人」でしか味わう事の無い酒を居ながらにして 呑み比べる事が出来る「贅沢の極み」です。

料理と一緒で時間経過で味も変わっていく中・・

極力 それに近い状況を管理温度と物流の中で再現する たぶん日本初の取り組み。

 

搾りだして最初に垂れ出す  うすにごりの部分「あらばしり」。

もっとも品質的に安定して主要となる 真ん中の部分「中取り」。

「中取り」を過ぎた頃合いと、ほぼ搾ったモロミに圧力を掛けて押し切る「責め」。

 

この「同じモロミ」の 同じ酒が 順序違いで別の味わいと顔を見せてくれます。

さて・・あなたの評価、感想はいかがとなりますでしょうか ??

 

今回は・・出品酒クラスの純米大吟醸。

新蔵のミネラル感溢れる キレイな余韻にどんな「前奏と尾ひれ」が付くのか ?

私も今から楽しみです。

 

 

当店入荷予定日    6月10日

 

製造年・R2by/原料米  金紋錦/酒種・純米大吟醸、無濾過生原酒

大信州 プレミアム 純米大吟醸 3本セット  無濾過生原酒

+限定オンライン「手いっぱいの会」

 

1800ml・3本セット:20,000円  

720ml・3本セット:10,000円  

(本体価格・税抜き価格)

佐久の花 純米大吟醸 八重原ひとごこち・「袋搾り」は酒玄人を震撼させる味わい

令和二年仕込み・新酒になりました。

今回は「袋搾り」おりからみバージョン生酒で登場です。

 

今や「信州最高品質ひとごこち」の生産地と契約栽培農家の「極上米」。
当店では「4蔵5酒」となりました。

 

「八重原ひとごこち」が既に「ミクロクリマ」として業界内では認知されて
いるのではと思うところです。

 

今期は 少し目先を変えての嗜好として・・・

出品用と同じ手が掛かるけれど 旨味感は抜群な

「袋搾り・おりからみ・生原酒」誂えでり登場です。

 

まずは・・上澄みを味わい・・

そして、オリを混ぜて味わう。

一瓶で 酸度は味わいを変えて楽しめる、

スッキリから濃厚までの手前仕立てを皆さんで作り出して下さい。
今期の新酒が「すぐにも こんな味わいになるのか」と、
私は驚き以外にはありません。

 

同じ酒米・・

同じ産地・・

同じ契約農家・・

同じ 純米大吟醸・・

同じ おりからみ生酒版・・

大信州と一緒に比べて頂くと より楽しいです。

 

決して派手さは無いけれど 穏やかに旨味感が広がる
「じっくりと一献を傾ける・・」真に大人の世界観を構築するに
相応しく、代え難い逸品です。

他の「八重原シリーズとの呑み比べ」で各々の個性をより おたのしみ頂けます。

 

これは「ひとごこちの教科書」になる酒として表紙を飾りそうです。

 

 

当店入荷日 2月5日

 

 

 

製造年・R2 by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・生酒

佐久の花  純米大吟醸  八重原ひとごこち 袋搾り おりからみ 生原酒

 

1800ml:3,500円

720ml:1,900円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=141364946

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=141357780

佐久の花 純米大吟醸 金紋錦 生原酒・艶のある優しい旨味の金紋錦

生原酒は少量出荷。

火入れ酒のアト・・

昨期は大好評でした 秋の「ひやおろし・ダム湖通路低温貯蔵」となります。

 

今期の「金紋錦・生版はムラサキのトップキャップ」・・

 

金紋錦・・

これは 軽い蜜タッチな旨味・・

 

今や信州を代表する酒米ながら コレって蔵元の顔で全然違うタッチになっている。

良し・悪し・・なんて単純な事じゃなくて 最後は好みの問題。

ファンもいれば、アンチもいる。

でも、それって楽しいと思うんだけどね・・。

 

佐久の花の金紋錦は・・

インパクト感バツグンの THE旨味酒。

しかも優しいタッチと穏やかな切れ味。

洋食のデミ感も満載ですな・・。

 

 

 

 

当店入荷予定日 2月5日

 

 

製造年・R2by/原料米・佐久産・金紋錦/酒種・純米大吟醸・生原酒

佐久の花  純米大吟醸  金紋錦 生原酒

 

1800ml:3,480円

720ml:1,860円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=148947087

 

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=148946906

大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ生原酒・ 信州限定酒・仲間でタンク一本買い・4種の誂え第一弾

予約を開始致します。

本年の解禁日は 2月6日です。

 

酒造りは「技術が7割・原料が3割」。

だから その「酒米にも最高を求める・・」と、この蔵の社長が語っておられますが、

同じ醸造酒でありなから「ワインとの決定的な違いはココ」であり、

ココから始まり・・終わりの無いココがあるのだと想いますが・・。

 

信州で生まれ育った私から見ても・・

「日本の原風景」だと心底感じる「東御市・北御牧・八重原地区」。

平安朝の頃は「献上馬の生産地」から「御牧の名」が付き、古代は「礼拝の地」で

あったかと思います。

 

高原・台地の特性として「日照時間が長く・寒暖の差が大きい」事から農産物の適地環境にて

泣けるほど「米・野菜は旨い・・」です。

そんな地に「神が与えたもう奇跡」は「有能な大規模農場の後継者」を授けて「自分達が作った米

で酒を造って呑んでみたい・・」。という夢を実現しました。

県内では二例目の「特等米の産地」となった「ブランド産地」は・・

飯米を生産すれば高品質にて高値で「首都圏や海外の富裕層から引っぱりダコ」なのにね・・。

あえて・・夢を追いかける・・。

 

CIMG7642

 

そんな米が「八重原米ひとごこち」なんです。

その夢を「大信州」が醸し・県内の酒販店グループで販売する。

当店もモチロン・・その仲間です。

一緒に見た「夢の結晶・・」がこの酒。

 

酷暑も克服する「プロの農家の心意気」も一緒におたのしみ下さい。

 

             ・2月 6日 おりがらみ生原酒 (本年はお披露目会が出来ない為に

                    例年よりも早めのの出荷)

              ・4月5日 火入れバージョン

               ・5月9日 中採り生原酒

      ・9月9日 風穴ひやおろし

 

今期も4パターンにて登場です。

さて、第一弾をおたのしみ下さい。

 

 

IMGP0032

 

 

 

 

当店入荷予定日 2月6日

 

 

製造年・R2 by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・おりがらみ生原酒

大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ生原酒  

 

1800ml:3,600円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=157130895

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=149891413

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号・本社新蔵最初の「フルーツ爆弾」がやって来る

今期 R2by の予約を開始致します。

アト二ヶ月程で このような風物詩がやってきます。

 

 

今期より・・

豊野蔵から 松本本社蔵での製造に切り替わり゛・・

やっとです・・

そして、先日。新蔵見学を致しましたがスゴいです。

残念ながら「画像非公開の原則」ですので ご了承ください。

 

さて・・お約束の一言から・・

最初の酒が「今期の蔵の評価を左右する・・」から、造り手み売り手も必死です。

 

フナバから始まる「新酒の世界・・」。

今年も「新米・新酒」スタートします・ ウチはこの酒から。

 

 

10月1日から始まる「酒造り」。

この蔵では「いきなりMAXピーク」を迎えます。

いつもですと・・・

全国の取り引き特約店が「11月22日・日曜日」に集まって「搾り・瓶詰め」と

新酒の味を確認する「全国槽場詰め」が行われる予定ですが・・

今期は諸般の事情により酒販店参加の槽場詰めは絶望的です。

 

極論すると「この日の酒質が今期の評価に繋がる」訳です。

と、煽った言葉を並べてみても「バスレ無し・大信州」と信頼してますから

真夏のお盆帰省から「予約開始」してます。

 

多分今期も・・・

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

松本新蔵元年酒造年度の実質スタートです。

 

今期も・・

再現性のある「フナバ一号」を待っている当店です。

 

 

 

1924456_780939661978273_4516580331980385245_n

上槽(搾り)予定日 11月22日

当店への初回入荷日 11月19日

 

製造年・令和2年by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

 

1800ml:3,500円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109527440

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109544191

1 / 41234