カテゴリ別/検索結果

もう美味いぞ-新しいSAWANOHANA・・春の限定酒・澤の花 純米吟醸 花あかり

29by 完売しました・・。

 

火入れで堅いハズの「澤の花」なのに すでに飲み頃。

この春酒は衝撃さ・・。

 

2月も後半に入ると ウチの業界は「春酒」の季節となります。

正直・・・この蔵の「火入れ酒」は かなり堅いイメージで

入荷してから 最低でも半月以上・・オススメするまでに掛かる予定で

試飲をしてみると・・ハレ「もう呑めるわい・・」です。

 

はい、なので登場させます。

スッキリ・酸味旨味・バルサミコで最高・・。

以上です・・。

 

IMGP0085

 

 

当店入荷日 2月23日

29by 完売しました・・。

製造年・29by/原料米 東御産 美山錦/酒種・純米吟醸

澤の花  純米吟醸 花あかり  

1800ml:2,860円

720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

信州限定酒・大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ生原酒

おりがらみバージョンは完売しました。

現在・・中取り 火入れバージョン

    中取り 生原酒バージョン

    を、発売中です。

 

酒造りは「技術が7割・原料が3割」。

だから その「酒米にも最高を求める・・」と、この蔵の社長が語っておられますが、

同じ醸造酒でありなから「ワインとの決定的な違いはココ」であり、

ココから始まり・・終わりの無いココがあるのだと想いますが・・。

 

信州で生まれ育った私から見ても・・

「日本の原風景」だと心底感じる「東御市・北御牧・八重原地区」。

平安朝の頃は「献上馬の生産地」から「御牧の名」が付き、古代は「礼拝の地」で

あったかと思います。

 

高原・台地の特性として「日照時間が長く・寒暖の差が大きい」事から農産物の適地環境にて

泣けるほど「米・野菜は旨い・・」です。

そんな地に「神が与えたもう奇跡」は「有能な大規模農場の後継者」を授けて「自分達が作った米

で酒を造って呑んでみたい・・」。という夢を実現しました。

県内では二例目の「特等米の産地」となった「ブランド産地」は・・

飯米を生産すれば高品質にて高値で「首都圏や海外の富裕層から引っぱりダコ」なのにね・・。

あえて・・夢を追いかける・・。

CIMG7642

 

そんな米が「八重原米ひとごこち」なんです。

その夢を「大信州」が醸し・県内の酒販店グループで販売する。

一緒に見た「夢の結晶・・」がこの酒。

 

生産者と醸造者曰く・・・

「ここ10年では最高の米」だとか。

「自分でハードルを上げるとアトが恐いので あまりは言わない・・」。

と、言いながら言ってるんで「よほどイイんだよね・・」。

 

                ・2月9日 おりがらみ生原酒

                 ・4月5日 火入れバージョン

                 ・5月9日 中採り生原酒

        ・9月9日 風穴ひやおろし

 

今期も4パターンにて登場です。

さて、第一弾をおたのしみ下さい。

 

 

IMGP0032

 

CIMG8557

 

 

当店入荷日 2月9日

 

おりがらみバージョンは完売しました。

現在・・中取り 火入れバージョン

    中取り 生原酒バージョン

    を、発売中です。

 

製造年・29by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・おりがらみ生原酒

大信州 八重原(八重原)純米大吟醸 おりがらみ生原酒  

 

1800ml:3,300円

720ml:1,650円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=128345327

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=128344243

大信州 豊乃蔵 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒

オフシャル的には「長野県限定販売」となっております。

昨期までの「信濃薫水 槽場詰め」が今期より名称変更となりました。

いわゆる「槽場詰め」第二弾の登場です。

このアト 3月4日には「第三弾の登場予定」です。

11月の「大信州・槽場詰め」・「大信州・槽場詰め 番外品」を含めての

「槽場詰め4種 完全コンプリート」を お飲み逃し無くどうぞ・・。

 

この酒の一番美味い飲み方はズバリ「雪の中に放り込んで3時間」です。

冬の酒は「雪中冷温」がウマい・・。

都市部でも「雪の日が増える傾向」ですので ベランダでもお試しの機会があるかと

思います。

 

今回も当然「蔵に行って確認してきます」という 有り難い仕事があります。

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

29酒造年度・新年版の実質スタートです。

CIMG8508

 

“名称未設定 5”のプレビュー

 

 

 

上槽(搾り)予定日 1月21日

当店入荷日 1月23日

 

製造年・29by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

1800ml:3,000円

720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=127247787

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=127247763

大信州 槽場詰め「当日詰め・番外品」

 

 

似ている様で・・

 

同じ顔して・・解り難いけど、実は違うタンクでバージョン。

純米吟醸を名乗ってはいるけれど実は49%精米で「大吟醸酵母を使い・粕歩合も40%台・・」の

れっきとした高スペックが「仕込み一号・槽場詰め」。

旨味・香り感がバツグンで「過去最高のデキ・・」だと思っております。

 

蔵元さんには「絶対に言わないけどね・・」。

実はコレ「槽場詰め当日には すでに搾り上がってます」。

理由としては・・

「モロミ状況で当日に搾れない可能性がある」。

「以前に上槽日から発送まで一週間 掛かって・・ウチもエラい目に合った」。

お客様も「言った日に届かないじゃん・・」って何人か失ったしね。

「醸造料が増えて 瓶詰め・発送までの日程が間に合わない・・」

です。

 

対して・・・

「槽場当日詰め」はその名の通りに「当日に搾られ・瓶詰め」されます。

そうは言っても「本編・槽場詰め」と同じではオモシロく無いので

「辛口・スッキリ・純然たる純米吟醸で 本来の大信州らしい酒・・」がコチラです。

善光寺ならぬ・・

両方を呑まずして「槽場詰め」を語るなかれ・・。

はい、セットで呑みくらべも楽しからずや「酒を説く君へ・・」。

 

CIMG8340

上槽(搾り)日 11月19日

当店入荷日 11月25日

 

製造年・29by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

大信州 槽場当日詰め(ふなば とうじつづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 番外品

ご好評につき 完売 致しました。

1800ml:3,000円

(本体価格・税抜き価格)

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズのみ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=126100179

小左衛門 純米吟醸 仕込13号 火入れ

「夏の空色 」そのもののエチケットは 毎年「この時期だけ・・」やってきます。

 

いろんな顔を持つ「小左衛門」の中では「万能型・ハズレ無し」の人気酒。

スッキリ・柔らか・穏やか旨味。

 

はしりの「甘旨味のトウモロコシ」を包丁で削いで「天ぷら」にするのが好きな私。

生姜を入れた煮切り酒・・を塩味で整えて「少しだけ付けて・・」がオススメですが。

 

夏酒は夏の食材に合う。

 

 

CIMG5603

 

当店入荷日    7月5日

 

製造年・27by/原料米 山田錦   /酒種・純米吟醸・火入れ

小左衛門  純米吟醸 仕込13号 

1800ml:3,100円  

720ml:1,550円  

(本体価格・税抜き価格)

1 / 212