カテゴリ別/検索結果

くろさわ 純米ひやおろし YSP

典型的な「肉食系の酒」の「生モト」ですが、

この酒は大人しいので「カツオ出汁の煮こごり」なども ドンピシャです。

 

冷やで良し・ぬる燗で良し。

飲んだアトで「ふぅー・・」と、ひと呼吸したくなる酒です。

 

くろさわ   純米ひやおろし YSP 1.8L

 

 

信州の「生モト酒」では先頭を走る「くろさわ」。

キレイな旨味系酸味は 一度飲んだら魅了される味わい。

孝夫常務、洋平杜氏・・の兄弟蔵は意気ピッタリの最強蔵です。

 

くろさわ   純米ひやおろし YSP

1800ml:2,980円

亀の海 特別純米 無濾過生原酒

冷えた料理よりも「炙った・焼いた・温かい」そんな料理に合います。

私は「豚トロの酒塩焼き」が好きですけどね。

 

火入れタイプもありますが 、この「無濾過生原酒」をオススメします。

モチロン「冷酒」にして 香り・旨味・トロミを味わって下さい。

 

亀の海 特別純米 無濾過生原酒 1.8L

 

 

 

女性ウケがすこぶるイイのが「亀の海」。

芳醇な香り・旨味のバランスが最高なので「灼熱の夏」を除けば楽しんで頂ける酒です。

 

社長に就任したばかりの土屋君は知的な外見に似合わず「オチャメなナイスガイ」です。

 

亀の海 特別純米 無濾過生原酒

1800ml:2,980円

澤の花 特別純米 「稲倉の棚田」ひやおろし

the 芋の煮っころがし、が最高な酒です。

 

野菜の旨味・出汁の旨味をホントに引き出す酒。

瞬発的なインパクトは無くとも「穏やか旨味」を引き立ててくれます。

玄人ウケは最高です。

 

常温・ぬる燗がオススメ。

 

澤の花ひやおろし

 

 

「杜氏なのに杜氏とは名乗らない」伴野君の心情は

俺はまだ杜氏を名乗る資格が足りないから・・・、とのこと。

そんな、ストイックで「理」よりも「情」の世界の彼の酒は、

腕のある和食料理人の心を掴んだら離しません。

 

澤の花 特別純米 「稲倉の棚田」ひやおろし

1800ml:2,980円

夜明け前 純米吟醸 生一本 ひやおろし

醤油仕立ての「鶏つみれ鍋」がオススメです。

香りも味わいも しっかりしてるのに「ひやおろし」の 落ち着いた感の酒は

「温かい料理」に合います。

 

やや高めの冷やが、旨いです。

 

一番人気の「しずく採り 生酒」、「なまざけ」、「火入れ」、「ひやおろし」があります。

 

夜明け前なまざけ

 

 

信州の地酒、その代名詞がずっと「夜明け前」なのは今も変わらないと思います。

飲んだ事あるから次の酒、もアリかも知れません。

でも、また飲みたくなる酒が「夜明け前」なのだと思います。これからも・・・

 

ウチに来る 営業の青柳君は「自分蔵が大好き」です。
そういう蔵の酒は・・・旨いです。

 

夜明け前 純米吟醸 生一本 ひやおろし

1800ml:2,980円

美寿々 純米吟醸 ひやおろし

この酒は、酒だけでも充分に堪能できるのであまりイジル事はしたく無いんです・・・

 

オススメは「湯豆腐」を塩味で。

グラッと動いたくらいの豆腐を引き上げて「塩パラパラと黒胡麻」で食べるのが好きです。

 

冷やで良し。常温近くまでの温度帯で楽しめます。

夏までは 生酒。以降は「火入れ・ひやおろし」となります。

 

美寿々 純米吟醸 ひやおろし 750ml

 

 

杜氏も兼ねる「熊谷社長の小さな蔵」ですが、酒造関係者の評価は非常に高く

『美寿々』を 並べてあるだけで「やはり置いてありますね・・・」と、なります。

 

塩尻の「洗馬(せば)」地区ってなんか欧風的な名前でしょ。

近くにはワイナリーが密集していて オシャレなレストランもあって楽しいトコなんです。

 

美寿々 純米吟醸 ひやおろし

750ml:1,980円

10 / 11« 先頭...7891011