コレを飲め!

信濃鶴 無濾過生原酒 純米

パンチのある酒でいて 旨味感もしっかり。

好みのパターンは・・・

冷やで「塩焼きとり」からの

40℃燗で 〆の「ざるそば」が オススメ。

 

温度帯で表情が変るトコがオモシロいし楽しいです。

 

師走の「おりがらみ」。2・4・8月には「一升瓶サイズ」も出荷になります。

 

信濃鶴しぼりたて

 

純米蔵・信濃鶴は杜氏でもある北原専務の志向からスタート。

現在では人気蔵となっています。

コスパ最高な事から ある意味「酒屋泣かせな酒」なんです。

 

信濃鶴 無濾過生原酒 純米

350ml:1,000円

夜明け前 純米吟醸 生一本 ひやおろし

醤油仕立ての「鶏つみれ鍋」がオススメです。

香りも味わいも しっかりしてるのに「ひやおろし」の 落ち着いた感の酒は

「温かい料理」に合います。

 

やや高めの冷やが、旨いです。

 

一番人気の「しずく採り 生酒」、「なまざけ」、「火入れ」、「ひやおろし」があります。

 

夜明け前なまざけ

 

 

信州の地酒、その代名詞がずっと「夜明け前」なのは今も変わらないと思います。

飲んだ事あるから次の酒、もアリかも知れません。

でも、また飲みたくなる酒が「夜明け前」なのだと思います。これからも・・・

 

ウチに来る 営業の青柳君は「自分蔵が大好き」です。
そういう蔵の酒は・・・旨いです。

 

夜明け前 純米吟醸 生一本 ひやおろし

1800ml:2,980円

美寿々 純米吟醸 ひやおろし

この酒は、酒だけでも充分に堪能できるのであまりイジル事はしたく無いんです・・・

 

オススメは「湯豆腐」を塩味で。

グラッと動いたくらいの豆腐を引き上げて「塩パラパラと黒胡麻」で食べるのが好きです。

 

冷やで良し。常温近くまでの温度帯で楽しめます。

夏までは 生酒。以降は「火入れ・ひやおろし」となります。

 

美寿々 純米吟醸 ひやおろし 750ml

 

 

杜氏も兼ねる「熊谷社長の小さな蔵」ですが、酒造関係者の評価は非常に高く

『美寿々』を 並べてあるだけで「やはり置いてありますね・・・」と、なります。

 

塩尻の「洗馬(せば)」地区ってなんか欧風的な名前でしょ。

近くにはワイナリーが密集していて オシャレなレストランもあって楽しいトコなんです。

 

美寿々 純米吟醸 ひやおろし

750ml:1,980円

川中島 幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒(赤ラベル)

ビーフシチューがオススメです。

しっかりとした旨味同士の合わせは、共に負けない良さがあります。

 

この酒は 温度帯が上がるとキレが悪くなるので5℃くらい、

上がっても10℃以下が楽しめる温度帯です。

 

川中島幻舞1.8L

 

県下初の女性杜氏・千野麻里子さんの「幻舞」では看板酒だと思います。
私は「オトコだ、オンナだ」だけで注目される時代はとっくに終わったと思っています。
その位、「厳しく公正な」時代でも ココの酒はホントに旨いと。

 

川中島 幻舞  純米吟醸 無濾過生原酒(赤ラベル)

1800ml:2,980円

11 / 11« 先頭...7891011