カテゴリ別/検索結果

澤姫 吟醸 生酒 モジモジ君バージョン

純米酒系が全盛の「この業界」にあって 吟醸酒の「意味と価値」を問い続けてくれる

姿勢に感謝の気持ちで一杯です。

稀少感・・・

だけを「売りにするつもり」は毛頭無い 「頭皮もむき出しのマブシイ店主」です(^o^)

 

でも少ないモンは少ないんだから しゃーない・・。

今期も「もじもじ君バージョン」で登場しました。

 

「コレって・・ほんとに吟醸なの ?? 」というバランス感最高の旨味系吟醸酒です。

オフシャルとしては「火入れ酒」しか存在しない「吟醸が 生酒」で この時期だけ極少入荷しました。

 

吟醸派とか純米派とか関係が無い・・旨口派にオススメします。

アル添否定派の方に飲ませて「顔色を見てみたい・・」と、意地の悪い妄想をしました。

遮光用のシルバー包装になっておりますが、通常「火入れ酒」と同じ ブルーボトル

となっております。

 

CIMG8516

 

CIMG8518

 

当店入荷日 1月26日

 

製造年・29by/原料米・栃木産・ひとごこち/酒種・吟醸・生酒

 

1800ml:3,500円

720ml:1,750円

(本体価格・税抜き価格)

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号

ご好評につき 1800ml は完売しました。

 

フナバから始まる「新酒の世界・・」。

今年も「新米・新酒」スタートします・ ウチはこの酒から。

 

 

10月1日から始まる「酒造り」。

この蔵では「いきなりMAXピーク」を迎えます。

全国の取り引き特約店が「11月19日・日曜日」に集まって「搾り・瓶詰め」と

新酒の味を確認する「全国槽場詰め」が行われます。

極論すると「この日の酒質が今期の評価に繋がる」訳です。

と、煽った言葉を並べてみても「バスレ無し・大信州」と信頼してますから

真夏のお盆帰省から「予約開始」してます。

 

今年も当然「蔵に行って確認してきます」という 有り難い仕事があります。

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

29酒造年度の実質スタートです。

“槽場詰め・商品案内”のプレビュー

 

1924456_780939661978273_4516580331980385245_n

上槽(搾り)予定日 11月19日

当店入荷予定日 11月23日

 

製造年・29by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

ご好評につき 1800ml は完売しました。

1800ml:3,200円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109527440

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109544191