コレを飲め!

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号・本社新蔵最初の「フルーツ爆弾」がやって来る

今期 R2by の予約を開始致します。

アト二ヶ月程で このような風物詩がやってきます。

 

 

今期より・・

豊野蔵から 松本本社蔵での製造に切り替わり゛・・

やっとです・・

そして、先日。新蔵見学を致しましたがスゴいです。

残念ながら「画像非公開の原則」ですので ご了承ください。

 

さて・・お約束の一言から・・

最初の酒が「今期の蔵の評価を左右する・・」から、造り手み売り手も必死です。

 

フナバから始まる「新酒の世界・・」。

今年も「新米・新酒」スタートします・ ウチはこの酒から。

 

 

10月1日から始まる「酒造り」。

この蔵では「いきなりMAXピーク」を迎えます。

いつもですと・・・

全国の取り引き特約店が「11月22日・日曜日」に集まって「搾り・瓶詰め」と

新酒の味を確認する「全国槽場詰め」が行われる予定ですが・・

今期は諸般の事情により酒販店参加の槽場詰めは絶望的です。

 

極論すると「この日の酒質が今期の評価に繋がる」訳です。

と、煽った言葉を並べてみても「バスレ無し・大信州」と信頼してますから

真夏のお盆帰省から「予約開始」してます。

 

多分今期も・・・

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

松本新蔵元年酒造年度の実質スタートです。

 

今期も・・

再現性のある「フナバ一号」を待っている当店です。

 

 

 

1924456_780939661978273_4516580331980385245_n

上槽(搾り)予定日 11月22日

当店への初回入荷日 11月19日

 

製造年・令和2年by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

 

1800ml:3,500円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109527440

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109544191

大信州 八重原(やえはら)純米大吟醸 風穴ひやおろし・アルプスの霊風で140日熟成させた神秘の味わい・ 信州限定酒・仲間でタンク一本買い・4種の誂え第四弾

八重原 純米大吟醸 ・・4部作の完結版とも言うべき「風穴ひやおろし」。

過去最高・・と、言い切る当店です。

あの「ボジョーレー的・過去最高の表現が大嫌いな当店が・・」です。

 

今年の「風穴ひやおろし」は舌が「里芋の葉っぱ・・」になります。

トロミ感の粘着感と芳香・・。

より吟醸タイプとなった純米大吟醸です。

 

今期は・・

4月10日に風穴に納め・・

8月28日に風穴より運びだし・・140日間アルプスの神様に子守って頂きました。

 

 

今期の盛夏にあっても「8℃をキープしてくれる」山のゆりかごは優しい。

寒暖差がより旨味を膨らませるのは「食べ物の世界では常識」。

正直・・昨期の「あの米質」で心配していたのがウソの様な仕上がり・・。

 

自然とは・・かくも偉大なもの。

 

 

では・・お約束の説明から・・

松本市安曇稲核(いねこき)地区の風穴(ふうけつ)にて四ヶ月間の熟成。ここは「真夏でも8℃」を保つ神秘の地。自然が創り出した溶岩道と亀裂の中を「程よい湿度と冷気と 山々の霊気を纏った「北アルプスの気脈が吹き出す」。「ひとごこち」で醸した「八重原 純米大吟醸」は静かに熟成を重ね、

魅惑の旨味へと生まれ変わる。

単なる「ひやおろし」じゃない、

「風穴ひやおろし」として、

 

蓼科山と北アルプスの「ふたつの霊気を纏った」二乗なる純米大吟醸を心しておたのしみ下さい。

この「山の神」・・

「あなたの相方」と同じくらいの新たな「守り神」。

弱気になアナタへ・・旬をカラダに取り込んでみるを お試しアレ・・。

 

 

 

 

 

 

当店入荷日 9月7日

 

製造年・30by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・火入れ原酒

大信州 八重原(やえはら)純米大吟醸   風穴ひやおろし

 

1800ml:3,600円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=136373668

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=136373522

 

川中島 幻舞 純米大吟醸 ハーモニックエモーション 生原酒・大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 、夏の最強 生熟成酒セット

今後も定期的にセット販売をご提案させて頂く 第一弾です・・

 

この二種セット販売の予約を開始致します。

9/15 現在・・アト 10セットございます・・

中部地区近隣でしたら送料・クール便、箱梱包・消費税などで 総額 11,000円位の予定ですが、県単位で価格が変わりますので 発注を頂いた後に個別の納品書を送信させて頂きます。

人気の商品でして 今後もどのような売り方が好ましいのか ??

探りながらご案内をさせて頂きます。

 

生酒を氷温帯で熟成させて旨味を膨らまさせる・・

季節限定酒なら「当店の責任で冷蔵管理」。

蔵元さんからの熟成を待って「待望の入荷・・」。

今回はその「双璧を楽しむ版」です。

 

入荷日  8月7日

製造年・R1 by/原料米・山田錦、美山錦/酒種・純米大吟醸・生原酒

川中島 幻舞 純米大吟醸 ハーモニックエモーション 生原酒

 

1800ml:4,600円

(本体価格・税抜き価格)

 

入荷日  R1年12月1日

製造年・令和元年by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米大吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

 毎年、冷蔵会社のマイナス2℃にて8ヶ月間 生熟成管理後、

ひやおろし期前に出荷致します

 

1800ml:3,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=152975304

佐久の花 純米大吟醸 山恵錦 生酛 正木米 ・・自然農法と生酛の融合は別格の旨味感

今期より 山恵錦となりました。

 

バブルが崩壊した頃の自然農法を語る なんざ

なんか「胡散臭い・・」ペテンな香りがプンプンしてたけれど、今になれば 過渡期の大事な通過点じゃなかったのかと・・

 

自然農法の酒米を生酛で醸す・・

従来の「山廃・生酛感」とは全く違う。

いや、これが本物の味わいなのか ??

軽い、後味のロースト感が心地良いけれど それよりも旨味が勝って

それでいて品のある旨味。

 

さて・・

昨期は晩熟版だったけれど 今期は既に飲み頃に・・

問題は・・

いつまで この酒を売る事が出来るのか ?

確認するなら今かと思うんだけどね・・・

 

当店入荷日 7月22日

 

 

製造年・R1 by/原料米・真田産・山恵錦・正木米/酒種・純米大吟醸・原酒・生酛

佐久の花 純米大吟醸 山恵錦 生酛 正木米

 

1800ml:3,480円

720ml:1,860円

(本体価格・税抜き価格)

十七代 九郎右衛門 今期だけのスペシャリテは「杜氏の想い」が溢れている

完売いたしました・・

 

十七代・・

誤植では無く・・

未来と その夢を現実に願い想う 同じ世代の父親として応援致します。

 

もしかしたら・・

今季限りの限定醸造になるかも知れませんが 「夢を語るには充分な実証」と

なるかと想います。

 

特定名称酒を敢えて名乗らない  生酛造りの 二種・・

金紋錦・・は生原酒の ジューシィーな酸味感。

ひとごこち・・は 生詰めタッチの 切れ味のある超旨味酒。

呑み比べの価値と・・

来期への継続は この酒質から 望みたいと思います。

 

名跡(みょうせき)・・・

代々 初代から引き継ぐ名を代が変わっても 同じ名で名乗る。

戸籍さえも 代替わりで 変更する当主も・・。

また、名跡と本名との使い分けも・・・

 

そして・・輝ける当主名を名乗る 誇りと重圧。

受け継いだ者にしか解らない・・

当主が男女の差無く・・

 

ここまでは 表向きの説明・・

前代の十五代は地元でも知られた人格者。

存命中に営業担当者に酒質クレームを入れたら 5分後には謝罪と現品交換の

連絡が入った事は今でも驚きであり「なんなんだこの蔵元は・・」と。

そして・・この蔵元は他とは違うぞ・・と。

アトで確認したら すべて社長の判断と裁量だったとの事。

その担当者と先代が 相次いで亡くなられて・・

 

十六代目を継ぎ「九郎右衛門ブランド」を立ち挙げたのが現当主。

跡継ぎは 若い娘さん。

酒造協会の県外視察で号泣しながら現状を語った・・

と、他の蔵元から伺った時に この蔵は化けるかもと・・

喜怒哀楽を素直に出す 若い経営者は恐い物無く やり切るチカラを持つ。

 

彼女とは・・

某イベントで一緒に 日本酒の会をやり・・

その翌月に 当時の「仙醸蔵の杜氏」と結婚。

その二年後に 旦那様となった 「九郎右衛門蔵の杜氏」が当店にお越しになり

当店としては初めて「蔵元から限定流通の取り引きを打診される」事に・・

盟友関係の酒販店との関係から その場では お断りの返事をしてものの

有り難い事だと感じ・・

その後も 熱心に誘って頂いた事から 「限定流通ブランド」の

取り引きを始められた事は 有り難いと今も思っております。

 

 

当店入荷日 7月11日

限定仕込み料の為 早期の完売が予測されます

 

製造年・R1 by/原料米・信州産・ひとごこち/酒種・生酛・火入れ

十七代 九郎右衛門 仕込57号  生酛 ひとごこち 火入れ(緑瓶)

  1800ml:2,800円

720ml:1,400円

(本体価格・税抜き価格)

 

製造年・R1 by/原料米・信州産・金紋錦/酒種・生酛・生原酒(茶瓶)

十七代 九郎右衛門 仕込48号  生酛 金紋錦 生原酒

  1800ml:2,800円

720ml:1,400円

(本体価格・税抜き価格)

1 / 1812345...10...最後 »