コレを飲め!

大信州 豊乃蔵 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒

オフシャル的には「長野県限定販売」となっております。

昨期までの「信濃薫水 槽場詰め」が今期より名称変更となりました。

いわゆる「槽場詰め」第二弾の登場です。

このアト 3月4日には「第三弾の登場予定」です。

11月の「大信州・槽場詰め」・「大信州・槽場詰め 番外品」を含めての

「槽場詰め4種 完全コンプリート」を お飲み逃し無くどうぞ・・。

 

この酒の一番美味い飲み方はズバリ「雪の中に放り込んで3時間」です。

冬の酒は「雪中冷温」がウマい・・。

都市部でも「雪の日が増える傾向」ですので ベランダでもお試しの機会があるかと

思います。

 

今回も当然「蔵に行って確認してきます」という 有り難い仕事があります。

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

29酒造年度・新年版の実質スタートです。

15941409_1183731081724593_3512374017544124413_n

 

“名称未設定 5”のプレビュー

 

※ 今期の「ラベル案内」が発表になっておりませんので

前回までの「裏ラベルのみ」の信濃薫水版を表示しております。

 

上槽(搾り)予定日 1月21日

当店入荷予定日 1月25日

 

製造年・29by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

1800ml:3,000円

720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=127247787

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=127247763

大信州 掟破り 大吟醸

どうやら「最後の入荷」になりそうなので 謹んでご案内をさせて頂きます。

 

大信州ブランドの「隠し球的な最高級酒」がこの「おきてやぶり」。

取り引きを初めて最初の勉強会試飲にて「衝撃を受けた酒」でした。

旨味・膨らみ・余韻・切れ味

ワインの形容ではよく使われる「いつまでも口の中に留めたい・・」の

ゴックンしたら「もったいない・・」とてつもない美味さ・・。

 

ただ・・

当店には中々 回って来ませんでした。正直にね・・・。

時代の趨勢と嗜好もあって「純米酒全盛の業界」です。

純米蔵・吟醸蔵・・・と言った「蔵の定義付け・・」を超えて

「アルコール添加の酒」が激減してます。

 

ただ・・

「アル添・・」でしか出せない良さもあると思っています。

当店は堂々と「アル添酒肯定派」を宣言しております。

 

いつか・・・

この酒が復活すると共に「融通無碍の日本酒の世界観」から

「アル添酒が見直される時期」が来る事を願って・・と、言うか・・・・

「俺はこの酒が いつまでも飲み続けたいだけ・・」なんで

寂しいんだよなぁー・・。

 

振り過ぎた振り子・・は、

いつかは 戻る動作をする。

 

 

 

 

 

 

25552000_1511707272260304_380154084454944818_n

 

当店入荷日 12月14日

 

製造年・28by/原料米  酒造好適米表示   たぶん・・金紋錦 /酒種・大吟醸・火入れ原酒

大信州 掟破り(おきてやぶり)  大吟醸 

1800ml:5,200円

(本体価格・税抜き価格)

大信州 槽場詰め「当日詰め・番外品」

似ている様で・・

 

同じ顔して・・解り難いけど、実は違うタンクでバージョン。

純米吟醸を名乗ってはいるけれど実は49%精米で「大吟醸酵母を使い・粕歩合も40%台・・」の

れっきとした高スペックが「仕込み一号・槽場詰め」。

旨味・香り感がバツグンで「過去最高のデキ・・」だと思っております。

 

蔵元さんには「絶対に言わないけどね・・」。

実はコレ「槽場詰め当日には すでに搾り上がってます」。

理由としては・・

「モロミ状況で当日に搾れない可能性がある」。

「以前に上槽日から発送まで一週間 掛かって・・ウチもエラい目に合った」。

お客様も「言った日に届かないじゃん・・」って何人か失ったしね。

「醸造料が増えて 瓶詰め・発送までの日程が間に合わない・・」

です。

 

対して・・・

「槽場当日詰め」はその名の通りに「当日に搾られ・瓶詰め」されます。

そうは言っても「本編・槽場詰め」と同じではオモシロく無いので

「辛口・スッキリ・純然たる純米吟醸で 本来の大信州らしい酒・・」がコチラです。

善光寺ならぬ・・

両方を呑まずして「槽場詰め」を語るなかれ・・。

はい、セットで呑みくらべも楽しからずや「酒を説く君へ・・」。

 

CIMG8340

上槽(搾り)日 11月19日

当店入荷日 11月25日

 

製造年・29by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

大信州 槽場当日詰め(ふなば とうじつづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 番外品

1800ml:3,000円

(本体価格・税抜き価格)

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズのみ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=126100179

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号

今期の販売を開始しました。

 

フナバから始まる「新酒の世界・・」。

今年も「新米・新酒」スタートします・ ウチはこの酒から。

 

 

10月1日から始まる「酒造り」。

この蔵では「いきなりMAXピーク」を迎えます。

全国の取り引き特約店が「11月19日・日曜日」に集まって「搾り・瓶詰め」と

新酒の味を確認する「全国槽場詰め」が行われます。

極論すると「この日の酒質が今期の評価に繋がる」訳です。

と、煽った言葉を並べてみても「バスレ無し・大信州」と信頼してますから

真夏のお盆帰省から「予約開始」してます。

 

今年も当然「蔵に行って確認してきます」という 有り難い仕事があります。

蔵中に「メロンソーダの香りが充満」。

瓶に詰められた酒は「口中でハジケル・フルーツ爆弾」。

まさに「米の果汁」。

 

大信州の今を知る、そして「今年の信州の酒を語る」には必飲。

29酒造年度の実質スタートです。

“槽場詰め・商品案内”のプレビュー

 

1924456_780939661978273_4516580331980385245_n

上槽(搾り)予定日 11月19日

当店入荷予定日 11月23日

 

製造年・29by/原料米・松本産・ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

大信州 槽場詰め(ふなばづめ)純米吟醸 無濾過生原酒 仕込み一号 

1800ml:3,200円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109527440

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=109544191

亀の海 純米吟醸 夕やけ小やけ 備前雄町 秋の限定

ご好評につき完売しました。

たまたま・・

蔵元に電話をして社長と会話してると興奮が伝わって来る。

クールな顔して自分の感情をイイ意味て殺さない 土屋君です。

「雄町をやってみたんだけど・・・イイんですよ。

迷ったのは ドコでだすかだけ。秋酒で出しますんで・・・」。

ハイ、キタぁー。ハイ、試飲シタぁー。

はい、秋酒の一番のオススメに決定。

今期の「呑んでおくべき酒top10入り」ね。

長野酵母と備前雄町の融合はどこまで行くのか ??

CIMG7579

CIMG7578

当店入荷日 8月18日    ご好評につき完売しました。

製造年・28by/原料米 岡山産・備前雄町/酒種・純米吟醸、原酒

亀の海  純米吟醸 夕やけ小やけ 備前雄町 秋の限定

1800ml:3,200円

720ml:1,600円

(本体価格・税抜き価格)

1 / 1212345...10...最後 »