コレを飲め!

十六代 九郎右衛門 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒

邪道かも知れないけど・・
「ブルーチーズのピザ」で呑ったら最高だね。酸味が膨らむ・膨らむ・・。
牛肉のマスタードソース・・これも「旨味と酸味」ね。

 

CIMG0831

 

この蔵の「フラッグ・シップ」はこの酒。
美山錦を捨てた信州の蔵元が増えた中で「美山錦と長野酵母の相性を図る」。
そんな 頑固な蔵元があっても、そして それで「香り・旨味が膨らむ」綺麗な「田舎酒」があったって・・。

 

この「赤と黒」は素敵で。
そういえば「サライ・スペック」で登場・・って、蔵元からの案内にあったので雑誌に載ったかと思いますが
私は見ていないのでワカリマセン。

 

十六代 九郎右衛門 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒
1800:2,900円
720ml:1,450円
(本体価格・税抜き価格)

信濃薫水 純米吟醸 槽場詰め 無濾過生原酒

かいわれ大根・豚バラの冷しゃぶ・・を、少し酸味を効かせた胡麻タレで呑みたい・・。

 

今期の信濃薫水は とにかく柔らかい酒になっている。

酒屋としては失格でもイイ・・・。「旨いなぁー・・」しか出てこないんだから。

CIMG2775

今や長野県限定ブランドとなった 大信州では「この酒だけが名乗る限定酒」が信濃薫水・・。

秋の新酒「槽場詰め」は全国の酒屋が集まる交流会。

それに対し、春の「槽場詰め」は長野県の酒屋がお客様・得意先様に蔵元の造りの現場を確認して頂く場。

信州の地酒・・ですので「地元で愛されてこその地酒」である。と、私は解釈しています。

当店では参加された方には 名入り特別ラベルでお応えしております。

 

CIMG2781

 

TVリポーター・・が蔵元で行う花形リポートが 「搾りたてを亀口から呑む・・」模様。

これを「そのままパッケージした酒」が「槽場詰め」です。

「ガスが絡み・オリが絡んだまま・・」の酒。

 

 

ところが・・・

このタイプの酒を、しかも お客様を「搾りの現場に招いて」行う処は 私の取り引き蔵でもココだけ。

いかに難解なるシンブルなイベントなのか。

真に日本酒に傾倒されている方には「新鮮な驚き」であった様です。

大寒の季節酒・・は厳しく素敵です。

信濃薫水 純米吟醸 槽場詰め 無濾過生原酒

1800ml:3,000円

 720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

今期分・売り切れました

豊香 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

淡い「昆布出汁の軽い塩味」で仕上げた「アンかけ風の豚バラの炒め物」なんか最高だね。

 

辛口でも無いのに「こんなにキレる酒」があるんだ ??

とても不思議な感覚。

香り・が膨らみ、ボリュームが押さえ気味で、後半が「ほどける様にキレる」。

じっくり、スイスイと呑める「THE  食中酒」です。

 

CIMG2763

県内では あまり使われなくなった「ヨネシロ」酒米を使用しての この仕上がりは驚異です。

岡谷で神渡を醸す豊島屋さんの限定ブランドが豊香
当店をずっと誘ってくれてた担当者の林君、いつもありがとう。

 

豊香 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ

1800ml:  2,700円

 720ml:1400円

(税抜き・本体価格)

今期分・売り切れました

大信州 辛口特別純米  生

青魚系に青紫蘇を絡めて呑むと この酒の辛味と旨味がより解りやすいかと。

酒単体ですと、香りふんわりのアトに柔らかなタッチな旨味と軽い辛味キレで スイスイと呑めてしまう

困った酒です。

 

万能系の辛口酒ですので 料飲店さんの困った時のお助け酒にもなっています。

 

 

CIMG2706

 

 

通常の「火入れタイプ」とは異なる生シール蛍光色のラベル

新酒の時期だけ出荷される季節限定酒ですので 是非、飲み比べをして下さい。

 

大信州 辛口特別純米  生

1800ml:2,500円

 720ml:1,300円

(税抜き・本体価格)

今期分・売り切れました

旭の出乃 勢正宗 純米 無濾過生原酒

正月・お節に最適な酒。黒豆・たつくり・煮しめ系にドンピシャ・・。

カルビの柚子胡椒もイケルけどね・・。

 

しぼりたて・おりがらみ・ガス絡み・・新酒の典型です。

 

この蔵の看板である「もち米熱掛四段仕込み・・」(話しが長くなるので どこか別の機会に・・)は「旨味・甘み・酸味」を引き出すものであっても そのバランス感は かなり難しいかと思います。

それでも、この手間の掛かるやり方を踏襲している「県内唯一の蔵元」の酒質は超特徴的です。

 

 

CIMG2687

 

 

実は・・7年振りに この酒が当店にやってきました。前の時は「20代の杜氏」が居て 私は その子が醸す「独特の酸味感」が大好きでした。訳あって退職してから この蔵とも疎遠になっておりました。

2005年・2007年頃の酒が復活する事を期待しています。

この帆前掛けは「その頃に頂いた・・」ものです。

 

正月期の目出度い名前・・ひのでの いきおいまさむね

 

旭の出乃 勢正宗  純米 無濾過生原酒

1800ml:2,580円

 720ml:1,530円

(税抜き・本体価格)