コレを飲め!

もう美味いぞ-新しいSAWANOHANA・・春の限定酒・澤の花 純米吟醸 花あかり

29by 完売しました・・。

 

火入れで堅いハズの「澤の花」なのに すでに飲み頃。

この春酒は衝撃さ・・。

 

2月も後半に入ると ウチの業界は「春酒」の季節となります。

正直・・・この蔵の「火入れ酒」は かなり堅いイメージで

入荷してから 最低でも半月以上・・オススメするまでに掛かる予定で

試飲をしてみると・・ハレ「もう呑めるわい・・」です。

 

はい、なので登場させます。

スッキリ・酸味旨味・バルサミコで最高・・。

以上です・・。

 

IMGP0085

 

 

当店入荷日 2月23日

29by 完売しました・・。

製造年・29by/原料米 東御産 美山錦/酒種・純米吟醸

澤の花  純米吟醸 花あかり  

1800ml:2,860円

720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

季節限定版-注文だけ瓶詰め・十六代 九朗右衛門 山廃純米 生原酒

生原酒バージョンは完売しました。

次回は・・30by生原酒が「2019年2月頃リリースの予定です。」

ご興味のある方は・・ info@katosyoten.com からお問い合わせを下さい。

事前に登録をして頂ければ「次回のリリース時に優先的に ご案内をさせて頂きます」。

 

結果から言うと・・

スッゲェーイイ。火入れ熟成させて「二年後出荷予定の酒」なので「生版は堅いのか ?? 」と、

思ったら コレは美味い・・。

 

以前ですと・・・

「火入れ・・」の予定が「生の仕上がりが良い」ので生酒に変える・とか。

アル添予定が「このまま純米」でいこう・・とか、を 蔵元さんに伺った時に

現場で見るのも さほど珍しい事ではありませんでした。

 

でも、今は、

酒質設計・製造計画を組んだ時点で・・・

「火入れ・生酒」の製品計画を決めているのが 今の蔵元さんの

正統なライン構成かと思うのですが・・・

 

生しか無いなら「火入れ・・」。

火入れしか無いなら「生酒・・」を 季節限定・完全受注生産・・で、

出してくる蔵元さんが増えてきました。

稀少感・限定扱いが出来るとメリットと同時に・・

案内があった時点で・試飲もしていない状態で「過去と今期のデキを想像して発注する」

のは 勘と 酒屋の矜持を掛けた「勝負ドコロ(カッコ良く言い過ぎかな)」です。

 

今回・・

この勝負は私に寄り添ってくれました。

旨味・酸味・キレ・締まった辛味感も感ずる心地良さ

新しい美山錦の山廃純米の生を 確認して欲しいです。

 

IMGP0080

 

IMGP0081

 

 

 

当店入荷日 2月21日

 

生原酒バージョンは完売しました。

次回は・・30by生原酒が「2019年2月頃リリースの予定です。」

ご興味のある方は・・ info@katosyoten.com からお問い合わせを下さい。

事前に登録をして頂ければ「次回のリリース時に優先的に ご案内をさせて頂きます」。

 

製造年・29by/原料米 美山錦/酒種・山廃純米・生原酒

十六代 九朗右衛門 山廃純米 生原酒  

1800ml:2,600円

720ml:1,300円

(本体価格・税抜き価格)

信州・飯島町産美山錦 小左衛門 特別純米 しぼりたて中汲み 香露酵母仕込み 生原酒

元飯島町民ですし、県外蔵ながら当店から一番近い「取り引き蔵」ですので

愛着のある酒種なんです。

 

昨年の「香露酵母仕込み 」は大人気でした。

「香露酵母」と言えば かつての主流「KY-35」。

まっ、熊本酵母と混同される場合もありますし

別株の「香露酵母のスゴさ・・」も知ってるつもりですが・・。

 

今回のは「ややスッキリ・・」の軽いタッチの酸味感。

一ヶ月後には「グンと味ノリ・・」が来そうなので そのハザマで

牡蠣なんかと合わせてみたい・・ワタシの試み。

「焼き牡蠣」に「ネギダレ・・」の飯田風の食べ方が合いそうだ。

 

IMGP0070

 

IMGP0072

 

 

 

当店入荷日 2月22日

 

製造年・29by/原料米・飯島町産・美山錦/酒種・特別純米・生原酒

小左衛門 特別純米 しぼりたて中汲み 香露酵母仕込み 生原酒  

1800ml:2,660円

720ml:1,330円

(本体価格・税抜き価格)

信州限定酒・大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ生原酒

おりがらみバージョンは完売しました。

現在・・中取り 火入れバージョン

    中取り 生原酒バージョン

    を、発売中です。

 

酒造りは「技術が7割・原料が3割」。

だから その「酒米にも最高を求める・・」と、この蔵の社長が語っておられますが、

同じ醸造酒でありなから「ワインとの決定的な違いはココ」であり、

ココから始まり・・終わりの無いココがあるのだと想いますが・・。

 

信州で生まれ育った私から見ても・・

「日本の原風景」だと心底感じる「東御市・北御牧・八重原地区」。

平安朝の頃は「献上馬の生産地」から「御牧の名」が付き、古代は「礼拝の地」で

あったかと思います。

 

高原・台地の特性として「日照時間が長く・寒暖の差が大きい」事から農産物の適地環境にて

泣けるほど「米・野菜は旨い・・」です。

そんな地に「神が与えたもう奇跡」は「有能な大規模農場の後継者」を授けて「自分達が作った米

で酒を造って呑んでみたい・・」。という夢を実現しました。

県内では二例目の「特等米の産地」となった「ブランド産地」は・・

飯米を生産すれば高品質にて高値で「首都圏や海外の富裕層から引っぱりダコ」なのにね・・。

あえて・・夢を追いかける・・。

CIMG7642

 

そんな米が「八重原米ひとごこち」なんです。

その夢を「大信州」が醸し・県内の酒販店グループで販売する。

一緒に見た「夢の結晶・・」がこの酒。

 

生産者と醸造者曰く・・・

「ここ10年では最高の米」だとか。

「自分でハードルを上げるとアトが恐いので あまりは言わない・・」。

と、言いながら言ってるんで「よほどイイんだよね・・」。

 

                ・2月9日 おりがらみ生原酒

                 ・4月5日 火入れバージョン

                 ・5月9日 中採り生原酒

        ・9月9日 風穴ひやおろし

 

今期も4パターンにて登場です。

さて、第一弾をおたのしみ下さい。

 

 

IMGP0032

 

CIMG8557

 

 

当店入荷日 2月9日

 

おりがらみバージョンは完売しました。

現在・・中取り 火入れバージョン

    中取り 生原酒バージョン

    を、発売中です。

 

製造年・29by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・おりがらみ生原酒

大信州 八重原(八重原)純米大吟醸 おりがらみ生原酒  

 

1800ml:3,300円

720ml:1,650円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=128345327

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=128344243

年に一度の登場・澤姫 吟醸 生酒 モジモジ君バージョン

純米酒系が全盛の「この業界」にあって 吟醸酒の「意味と価値」を問い続けてくれる

姿勢に感謝の気持ちで一杯です。

稀少感・・・

だけを「売りにするつもり」は毛頭無い 「頭皮もむき出しのマブシイ店主」です(^o^)

 

でも少ないモンは少ないんだから しゃーない・・。

今期も「もじもじ君バージョン」で登場しました。

 

「コレって・・ほんとに吟醸なの ?? 」というバランス感最高の旨味系吟醸酒です。

オフシャルとしては「火入れ酒」しか存在しない「吟醸が 生酒」で この時期だけ極少入荷しました。

 

吟醸派とか純米派とか関係が無い・・旨口派にオススメします。

アル添否定派の方に飲ませて「顔色を見てみたい・・」と、意地の悪い妄想をしました。

遮光用のシルバー包装になっておりますが、通常「火入れ酒」と同じ ブルーボトル

となっております。

 

CIMG8516

 

CIMG8518

 

当店入荷日 1月26日

 

製造年・29by/原料米・栃木産・ひとごこち/酒種・吟醸・生酒

 

1800ml:3,500円

720ml:1,750円

(本体価格・税抜き価格)

2 / 1412345...10...最後 »