カテゴリ別/検索結果

十六代 九郎右衛門 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒

邪道かも知れないけど・・
「ブルーチーズのピザ」で呑ったら最高だね。酸味が膨らむ・膨らむ・・。
牛肉のマスタードソース・・これも「旨味と酸味」ね。

 

CIMG0831

 

この蔵の「フラッグ・シップ」はこの酒。
美山錦を捨てた信州の蔵元が増えた中で「美山錦と長野酵母の相性を図る」。
そんな 頑固な蔵元があっても、そして それで「香り・旨味が膨らむ」綺麗な「田舎酒」があったって・・。

 

この「赤と黒」は素敵で。
そういえば「サライ・スペック」で登場・・って、蔵元からの案内にあったので雑誌に載ったかと思いますが
私は見ていないのでワカリマセン。

 

十六代 九郎右衛門 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒
1800:2,900円
720ml:1,450円
(本体価格・税抜き価格)

十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 生原酒

野菜の炊き合わせ。この時期でしたら「山菜の煮物」。油揚げタップリの「ワラビの煮物」なんかあったら最高です。   柔らかく膨らむ旨味感は ちょっと他には無い独特の「ほっこり旨味」。 これを甘みと捕らえるか ?    旨味と捕らえるか ? じっくり染み込む5℃の温度帯から、ストレートに入り込む10℃温度帯。旨味全開の25℃燗も良し。 「ひとごこち・長野D酵母・女性蔵」は旨いの法則・・を唱える方も いらっしゃるほど この公式は酒は旨味系。 当然、この酒も・・。 「酒米・酵母の組み合わせ」で今期も「愛山・雄町・美山錦・・」などで「純米吟醸を醸す・・」そんな蔵の「4 月出荷版」です。   十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち生原酒   この蔵り酒には 今では普通に表記されている「日本酒度・酸度」などの指数が一切載っていません。「数値表記だけで判断される・・」よりも測れない感覚で判断して欲しい。が、蔵人の想い。   今期、一月より縁合って取り引きを開始しました。アプローチを頂いた事に感謝しております。 湯川尚子 社長・湯川 慎一 杜氏 専務 体制となって三期目。今まで「傍から見ていても年々 洗練された旨味感が増している」を感じてましたが その理由を「蔵見学・湯川さんとの対話」から 改めて「自分なりの解釈を図る」機会となりました。 「何時が旨い時期なのか ?」。その逆算からの出荷という「当たり前の難しさ」のセンスはスゴ過ぎです。

十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 生原酒 

1800ml:2,900円    720ml:1,450円  

(本体価格・税別表示)

2 / 212