カテゴリ別/検索結果

佐久の花 純米吟醸 ひとごこち 生原酒「袋搾り」は、手間の価値を再発見する「手造りのワザ」

令和三年仕込み・新酒になりました。

看板の白ラベル 純米吟醸「袋搾り」おりからみバージョン生酒で登場です。

 

蔵元と取引を始める時に お聞きするのか・・「この蔵の看板酒」。高橋社長が即座に応えて頂けたのが この酒。最も特約店が勧めるオシ とは違う事もありますがね。

 

この蔵元の今期の「ひとごこち」。とにかくバランスが良く軽いタッチで「もう一杯」が欲しくなる。

更に・・

「袋搾り・おりからみ・生原酒」誂えでり登場です。

 

まずは・・上澄みを味わい・・

そして、オリを混ぜて味わう。

一瓶で 酸度は味わいを変えて楽しめる、

スッキリから濃厚までの手前仕立てを皆さんで作り出して下さい。
今期の新酒が「すぐにも こんな味わいになるのか」と、
私は驚き以外にはありません。

 

袋しぼり・・

見極め・経験・体力・蔵人のプライド・・

美味しい酒はいつ出来る(小学校の教科書に「美味しいパンは いつできる」なんてありましたね)

 

これは「ひとごこちの教科書」になる酒として表紙を飾りそうです。

 

当店入荷日 4月6日

 

 

 

製造年・R3 by/原料米 ひとごこち/酒種・純米吟醸・生原酒

 

佐久の花  純米吟醸  ひとごこち 袋搾り おりがらみ 生原酒

 

1800ml:2,800円

720ml:1,600円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=168909492

 

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=168909586

大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ生原酒・ 信州限定酒・仲間でタンク一本買い・4種の誂え第一弾

予約を開始致します。

本年の解禁日は 2月4日です。

 

酒造りは「技術が7割・原料が3割」。

だから その「酒米にも最高を求める・・」と、この蔵の社長が語っておられますが、

同じ醸造酒でありなから「ワインとの決定的な違いはココ」であり、

ココから始まり・・終わりの無いココがあるのだと想いますが・・。

 

信州で生まれ育った私から見ても・・

「日本の原風景」だと心底感じる「東御市・北御牧・八重原地区」。

平安朝の頃は「献上馬の生産地」から「御牧の名」が付き、古代は「礼拝の地」で

あったかと思います。

 

高原・台地の特性として「日照時間が長く・寒暖の差が大きい」事から農産物の適地環境にて

泣けるほど「米・野菜は旨い・・」です。

そんな地に「神が与えたもう奇跡」は「有能な大規模農場の後継者」を授けて「自分達が作った米

で酒を造って呑んでみたい・・」。という夢を実現しました。

県内では二例目の「特等米の産地」となった「ブランド産地」は・・

飯米を生産すれば高品質にて高値で「首都圏や海外の富裕層から引っぱりダコ」なのにね・・。

あえて・・夢を追いかける・・。

 

CIMG7642

 

そんな米が「八重原米ひとごこち」なんです。

その夢を「大信州」が醸し・県内の酒販店グループで販売する。

当店もモチロン・・その仲間です。

一緒に見た「夢の結晶・・」がこの酒。

 

酷暑も克服する「プロの農家の心意気」も一緒におたのしみ下さい。

 

             ・2月 4日 おりがらみ生原酒 (本年はお披露目会が出来ない為に

                    例年よりも早めのの出荷)

              ・4月5日 火入れバージョン

               ・5月9日 中採り生原酒

      ・9月9日 風穴ひやおろし

 

今期も4パターンにて登場です。

さて、第一弾をおたのしみ下さい。

 

 

IMGP0032

 

 

 

 

当店入荷予定日 2月4日

 

 

製造年・R3 by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・おりがらみ生原酒

大信州 八重原 純米大吟醸 おりがらみ生原酒  

 

1800ml:3,600円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=157130895

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=149891413

豊香 辛口特別純米 しぼりたて生原酒 香り・旨味・辛味のバランスとシュワシュワ

割と・・

年末はハデな新酒がと熟度のある「純米大吟醸クラス」が多い中で

価格的にも落ち着いた万能系の酒として当店では毎年オススメしております。

旨口派の方・・

辛口派の方・・

どちらにもイケルタイプ。

 

ホントは年間通して販売したいんだけどね・・

 

 

当店への入荷日 12月19日

 

製造年・令和3年by/原料米・信州産・ひとごこち/酒種・特別純米・生原酒

豊香 辛口特別純米 しぼりたて生原酒

 

 

1800ml:2,700円

720ml:1,500円

(本体価格・税抜き価格)

大信州 八重原 純米大吟醸 中取り 無濾過生原酒・ 信州限定酒・仲間でタンク一本買い・4種の誂え第二弾

第一弾の「おりがらみ生原酒版」・・完売しました。

今回の案内は・・「中取り・無濾過生原酒版」

 

 

今期より価格変更となりました。ご確認下さい。

 

今期の「八重原 純米大吟醸」の評価がすこぶる高いです。

八重原産の酒米・・

すでに「ブランド産地」としての格の違いを魅せています。

 

酒造りは「技術が7割・原料が3割」。

だから その「酒米にも最高を求める・・」と、この蔵の社長が語っておられますが、

同じ醸造酒でありなから「ワインとの決定的な違いはココ」であり、

ココから始まり・・終わりの無いココがあるのだと想いますが・・。

 

信州で生まれ育った私から見ても・・

「日本の原風景」だと心底感じる「東御市・北御牧・八重原地区」。

平安朝の頃は「献上馬の生産地」から「御牧の名」が付き、古代は「礼拝の地」で

あったかと思います。

 

高原・台地の特性として「日照時間が長く・寒暖の差が大きい」事から農産物の適地環境にて

泣けるほど「米・野菜は旨い・・」です。

そんな地に「神が与えたもう奇跡」は「有能な大規模農場の後継者」を授けて「自分達が作った米

で酒を造って呑んでみたい・・」。という夢を実現しました。

県内では二例目の「特等米の産地」となった「ブランド産地」は・・

飯米を生産すれば高品質にて高値で「首都圏や海外の富裕層から引っぱりダコ」なのにね・・。

あえて・・夢を追いかける・・。

 

CIMG7642

 

そんな米が「八重原米ひとごこち」なんです。

その夢を「大信州」が醸し・県内の酒販店グループで販売する。

当店もモチロン・・その仲間です。

一緒に見た「夢の結晶・・」がこの酒。

 

酷暑も克服する「プロの農家の心意気」も一緒におたのしみ下さい。

 

             ・2月11日 おりがらみ生原酒 (お披露目会の為に通年よりも遅れての出荷)

              ・4月7日 中採り生原酒

               ・6月9日 火入れバージョン

      ・9月9日 風穴ひやおろし

 

今期も4パターンにて登場です。

さて、第二弾をおたのしみ下さい。

 

 

 

 

 

 

当店入荷日 4月7日

 

製造年・R1 by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・中取り

無濾過生原酒

 

大信州 八重原(八重原)純米大吟醸  中取り 無濾過生原酒

  

1800ml:3,600円

720ml:1,800円

(本体価格・税抜き価格)

 

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=149891230

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=149891413

大信州 八重原(やえはら)純米大吟醸 風穴ひやおろし・アルプスの霊風で142日熟成させた神秘の味わい

八重原 純米大吟醸 ・・4部作の完結版とも言うべき「風穴ひやおろし」。

 

今年の「風穴ひやおろし」は舌が「里芋の葉っぱ・・」になります。

トロミ感の粘着感と芳香・・。

より吟醸タイプとなった純米大吟醸です。

 

今期は・・

4月11日に風穴に納め・・

8月31日に風穴より運びだし・・142日間アルプスの神様に子守って頂きました。

 

今期の殺人的な灼熱の盛夏にあっても「8℃をキープしてくれる」山のゆりかごは優しい。

寒暖差がより旨味を膨らませるのは「食べ物の世界では常識」。

ここ10年では最高の酒米が出来た年の造りの「ひやおろし」が35℃連発の夏だった事は

とてつもない賜物なのかも知れない・・。

10年後・・もしかしたら伝説になるかも知れない・・そんな年の「ひやおろし」。

 

では・・お約束の説明から・・

松本市安曇稲核(いねこき)地区の風穴(ふうけつ)にて四ヶ月間の熟成。ここは「真夏でも8℃」を保つ神秘の地。自然が創り出した溶岩道と亀裂の中を「程よい湿度と冷気と 山々の霊気を纏った「北アルプスの気脈が吹き出す」。「ひとごこち」で醸した「八重原 純米大吟醸」は静かに熟成を重ね、

魅惑の旨味へと生まれ変わる。

単なる「ひやおろし」じゃない、

「風穴ひやおろし」として、

 

蓼科山と北アルプスの「ふたつの霊気を纏った」二乗なる純米大吟醸を心しておたのしみ下さい。

この「山の神」・・

「あなたの相方」と同じくらいの新たな「守り神」。

弱気になアナタへ・・旬をカラダに取り込んでみるを お試しアレ・・。

 

“八重原純米大吟醸・ひやおろしpop2”のプレビュー

 

 

“八重原ひやおろし 画像POP”のプレビュー

 

 

当店入荷日 9月8日

 

製造年・29by/原料米・八重原産・ひとごこち/酒種・純米大吟醸・火入れ原酒

大信州 八重原(やえはら)純米大吟醸 風穴ひやおろし

 

1800ml:3,300円

720ml:1,650円

(本体価格・税抜き価格)

 

購入はコチラから ↓ ↓ 720ml サイズ
http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=136373668

購入はコチラから ↓ ↓ 1800ml サイズ

http://katosyoten.shop-pro.jp/?pid=136373522

 

1 / 3123