カテゴリ別/検索結果

十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 生原酒

野菜の炊き合わせ。この時期でしたら「山菜の煮物」。油揚げタップリの「ワラビの煮物」なんかあったら最高です。   柔らかく膨らむ旨味感は ちょっと他には無い独特の「ほっこり旨味」。 これを甘みと捕らえるか ?    旨味と捕らえるか ? じっくり染み込む5℃の温度帯から、ストレートに入り込む10℃温度帯。旨味全開の25℃燗も良し。 「ひとごこち・長野D酵母・女性蔵」は旨いの法則・・を唱える方も いらっしゃるほど この公式は酒は旨味系。 当然、この酒も・・。 「酒米・酵母の組み合わせ」で今期も「愛山・雄町・美山錦・・」などで「純米吟醸を醸す・・」そんな蔵の「4 月出荷版」です。   十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち生原酒   この蔵り酒には 今では普通に表記されている「日本酒度・酸度」などの指数が一切載っていません。「数値表記だけで判断される・・」よりも測れない感覚で判断して欲しい。が、蔵人の想い。   今期、一月より縁合って取り引きを開始しました。アプローチを頂いた事に感謝しております。 湯川尚子 社長・湯川 慎一 杜氏 専務 体制となって三期目。今まで「傍から見ていても年々 洗練された旨味感が増している」を感じてましたが その理由を「蔵見学・湯川さんとの対話」から 改めて「自分なりの解釈を図る」機会となりました。 「何時が旨い時期なのか ?」。その逆算からの出荷という「当たり前の難しさ」のセンスはスゴ過ぎです。

十六代九郎右衛門 純米吟醸 ひとごこち 生原酒 

1800ml:2,900円    720ml:1,450円  

(本体価格・税別表示)

高天 純米吟醸 高橋美絵スベシャル 無濾過生原酒

出汁のしっかり利いた煮浸し。塩昆布のキュウリの浅漬け・・は、オススメです。

 

今年の「春酒ではダントツの一番の人気」。パンチのある立香と膨らむ旨味のバランスが絶妙で玄人ウケも良し。

辛口派でさえ虜にしてしまうスゴいヤツです。5〜10℃くらいの冷酒帯が旨味の温度帯。

キレも良いので「もう一杯・・」になる酒です。

春先は「無濾過生原酒」で。秋の「ひやおろし解禁時」には生詰めの「無濾過原酒」で登場します。

共に「極少入荷の売り切れゴメン」商品です。煽る様で嫌な言い方なんですが・・。

高天 美絵SP

今期より「杜氏 代理」となった「蔵娘 高橋美絵さん」のスペシャリテです。試験用に仕込んだ酒の内、当店では「1801号酵母仕込み」のみ販売しています。

諏訪圏の酒は岡谷の「高天」。このラベルの酒は「超稀少品」です。たぶん「他店では見掛ける事は ほぼ無い」かと。

我が家は家族で「高橋美絵を応援しています」。

 

高天 純米吟醸 高橋美絵スベシャル 無濾過生原酒

 1800ml:3,150円  

   720ml:1,600円  

(25by生原酒はすべて売り切れました。次回は9月に

生詰め原酒ひやおろしバージョンとして登場します

(本体価格・税別表示)

 

小左衛門 純米吟醸 仕込13号 おりがらみ生原酒

七味醤油で味付けした「炙り焼き肉」と、軽い酸味のあるドレッシングでのサラダとの 飲み合わせは最強です。

 

辛口・旨い酸味酒に「オリの旨味」が素敵なんです。

5℃位に冷やしてがオススメですが「ぬる燗」もお試しを。

生酒・純米吟醸は「燗酒に向かない・・」と思ってる方にどうぞ。

 

小左衛門 純米吟醸 仕込13号 おりがらみ

 

これから「益々旨味が増していく・・」酒です。

同じ仕込みのタンクを・・

直汲み・しぼりたて生・火入れ

そして、旨味成分の塊であるオリを残したまま「旨味が膨らむまで生熟成」させた

「おりがらみ」が限定出荷で登場です。ホントに少ない。

小左衛門の中では当店一番人気の「13号スペシャリテ」。

本日より販売開始は「売り切れゴメン」の酒です。

 

 

蔵元の年代層・流行でも「造りの傾向」が変る様です。

今年の小左衛門は「軽くて・もう一杯飲める・カラダに優しい酒」です。

昨年までの「味をしっかりと出す・洋食系向き」から180度の転換で「蔵人に真逆の事を支持して 最初は面食らってましたよ・・」と小左衛門社長の言葉です。

お客様の評価も「飲みやすくなった」と上々ですが、私は以前のも好みで チョット迷ってます。

 

・小左衛門  純米吟醸  仕込13号 おりがらみ生原酒

1800ml:3,000円   720ml:1,500円

(本体価格・税別表示)

 

夜明け前 純米吟醸 生一本 ひやおろし

醤油仕立ての「鶏つみれ鍋」がオススメです。

香りも味わいも しっかりしてるのに「ひやおろし」の 落ち着いた感の酒は

「温かい料理」に合います。

 

やや高めの冷やが、旨いです。

 

一番人気の「しずく採り 生酒」、「なまざけ」、「火入れ」、「ひやおろし」があります。

 

夜明け前なまざけ

 

 

信州の地酒、その代名詞がずっと「夜明け前」なのは今も変わらないと思います。

飲んだ事あるから次の酒、もアリかも知れません。

でも、また飲みたくなる酒が「夜明け前」なのだと思います。これからも・・・

 

ウチに来る 営業の青柳君は「自分蔵が大好き」です。
そういう蔵の酒は・・・旨いです。

 

夜明け前 純米吟醸 生一本 ひやおろし

1800ml:2,980円

美寿々 純米吟醸 ひやおろし

この酒は、酒だけでも充分に堪能できるのであまりイジル事はしたく無いんです・・・

 

オススメは「湯豆腐」を塩味で。

グラッと動いたくらいの豆腐を引き上げて「塩パラパラと黒胡麻」で食べるのが好きです。

 

冷やで良し。常温近くまでの温度帯で楽しめます。

夏までは 生酒。以降は「火入れ・ひやおろし」となります。

 

美寿々 純米吟醸 ひやおろし 750ml

 

 

杜氏も兼ねる「熊谷社長の小さな蔵」ですが、酒造関係者の評価は非常に高く

『美寿々』を 並べてあるだけで「やはり置いてありますね・・・」と、なります。

 

塩尻の「洗馬(せば)」地区ってなんか欧風的な名前でしょ。

近くにはワイナリーが密集していて オシャレなレストランもあって楽しいトコなんです。

 

美寿々 純米吟醸 ひやおろし

750ml:1,980円