店舗

「りんご狩り」と「地酒」

都市部の方々に取っては・・

信州ブランドの「自然と食と農産物」とは特別なものらしい と言う事を

都市部に行って初めて知る訳です。。

そんな「灯台下暗しな信州人」は多く、それはシアワセな事なのかもしれません。

 

 

この時期は・・

「りんご狩り」と称しての「木から直接取る」、「直売品を買い付ける」

そんなツァーと個人客さんとで田舎の果樹園は「夏の軽井沢状態」となりますな。

馴染みの果樹園さんを作れば・・

「傷物のハネダシ品をサービス(見てくれだけ悪くて食するには何の問題も無いので地元では これが当たり前の品)」してくれたり、引き取る日を指定して置けば「食べごろを取り置きしてくれたり」と・・。

 

そんな県外客さん・・

の食べる目当ては「美味しい蕎麦屋さん」。

そして・・

そんなお客様は地酒が大好きで当店の様な「地酒専門店の回遊」をされているようです。コチラも同業者を廻ってくるのは普通ですし、お客様も「ドコドコへ行って○○を買ってきたので・・・」と。

当然、それ以外の「オススメ品」を提案する訳ですし、返って「ハッキリ言って頂いた方が ストレートな提案が出来ますので スッゴイラクなんです。

気を遣って「口籠って・・中々、真意を図れない方」の方が コチラとしては

意味の無い時間ばかりが経過して「あー・・どこかで同じものを買ってきたんだな・・」と察して ストレート振ったトコから 「やっと会話が始まる・・」なんて

「前振り時間」が結構 長く感じますので・・。

 

この時期に当店で お酒の買う方の特徴・・・

・他人様のお土産よりも「自分の飲む酒の方に重きを置く」(当たり前ですが)

・他所で買えないオリジナル品を欲しがる(ワカラナイでも無いですが その真意は様々です)

・人気ブランドを買いたい(品切れ状態のものが多いです)

そして・・

「日本酒の会」に使いたい・・と、おっしゃる方が最近 急増しております。

それも「酒販店・飲食店が主催するのでは無い、愛好家の一本持ち寄りの会」という

カテゴリーです。

 

愛好家仲間の「個々の知識と知見とネットワークが試される・・」みたいで

「オトナの真剣な遊び」は 時に「予算を越えても仲間に自慢したい感」に溢れていて

ヤラシイ意味では無く 年代性別に無関係な「子供がオモチャを自慢する誇らしげな笑顔」に見えて 私何ぞはそれが「カワイク見える」訳です。

 

最近は更に一歩進んで・・・

「こんな料理の構成にしたいので そのコースに合う お酒の選定を○本」して欲しい

・・なんて言う「玄人も真っ青な・・」お客様も珍しくなくなりました。

 

調理師の資格はピンキリなれど・・・

その端っこでも資格を持っている「作るのと食べるのが大好きなオラ」の言葉を

信じて頂ける方々を裏切るなんて出来ません。

なにしろ・・

「心身ともにストレス無く毎晩眠る」が私の信条ですので・・。

 

ご希望でしたら・・・

コース設定のお酒の紹介文も「後日、メールさせて頂きます」ので 遠慮無くどうぞ。

 

コレをやってると・・・

飲食店さんには睨まれちゃうかな(^o^)

 

人が集まるトコに売りに行く・・・

いわゆる「キムタク」主演のグランメゾン東京・・。

視聴率も右肩上がりの人気沸騰・・だそうですが・・

初回を見たきりで どうしても21時前に寝てしまう肉体疲労児です。

料理系のドラマは好きですが・・

3回も飛ばすと たぶん繋がらないかと思いますので、CSの再放送まで

ガマンしようかと思っています。

 

今週の回にて・・

「店に人が来なければ他所に出掛けて集客に繋げる・・」

の内容だったかと思いますが、自分のやっている事が「集客数のあるイベントで

試し・勝負する・・」のは正当派の解り易い試金石かと思います。

 

7年程前から・・・

車で5分程の 地元では大手「味噌・漬け物・食品加工」の丸昌稲垣さんの直営販売店「稲垣来三郎匠」にて 春と秋の「味噌蔵開き・・」イベントに呼んで頂き2〜4日ほど5〜6時間くらい「日本酒の販売」をさせて頂いております。

 

店舗の軒先をお借りして・・・

五平餅・お団子・農産物・・を販売する店舗さんと一緒に商品説明をしながら

販売をする訳です。

酒販店であっても配達では無く他所で販売する場合は「 期限付きの酒販免許の申請」が必要となりますが コチラはフォーマットを組んでおいて「日付だけ変えて出す」

くらいなので さほどの手間もかかりません。

 

最初にお邪魔した時は・・・

どの店も「100円〜500円くらいのモノ」を売っているのに ・・

当店は地酒の店舗ですので「1,200円〜3,000円」くらいの商材を並べて・・

「いや、えらいトコに来ちゃったぞ・・」と、思ってはみたものの

「まぁー・・宣伝して年末客に繋がればいいかぁー・・」と、自分の事はさて置き

周りの店の「声掛けと呼び込み」で 売らずにいると・・

 

お客様の方が・・

「なんでアンタは自分の物を売らないの ??」とな。

ならば・・・

「じゃぁー・・説明だけ聞いてヨカッたら買って下さい・・。

でも、ウチのは旨いけど高いですからね・・」と、釘を刺してから

説明を初めて・・

質問にもすべて答えて提案のやり取りをして・・

まぁー・・「ウチの店舗と同じ応対」をしたんです。

 

それを周りで見て・聞いていたお客さんが・・

「そんなに自信があるならオレが呑みたいから・・と、一人が買うと・・

二人・三人と続けて買う・・。

 

そういえば・・・

サラリーマンの時の百貨店催事も同じ様な感じだったな ・・と、思い出して

そのパターンで「売り込まずに説明する・・」をしていると 思ったよりも売り上げが

あってビックリした次第・・。

 

この感覚と「店舗に足を運んで頂ける感謝を忘れない為にも・・」

極力 「このイベントには呼んで頂ける限り出店しよう」と思っております。

 

結構・・

新しい発見があって楽しいです。

今回は「一日の売り上げの最高記録を更新」したんですが・・

それも 「チョットしたキッカケ・・」でした。

 

その「チョットした・・」の積み重ねが出来た事で満足した、

今回の二日間・・。

 

まだまだ・・

カイゼンするトコが解って楽しいです・・。

当店は何も被害は無く通常営業です。台風被害に遭われた皆様へ、お見舞い申し上げます。

事前にこれほど気象庁が警戒を呼びかけたケースは初めてかと思いますし、

残念ながら予測以上の自然災害で お見舞いを申し上げます。

 

屋外陳列物は出せなくての営業にはなってはおりましたが・・・。

 

当地域も飲食店さんは「ランチ、夜営業の自粛」、ないしは「台風キャンセル」で

休業されるトコが多く 街は「車も人通りも無いシャッター街」へとなっておりました。

 

信州でも南部の当地域は以前より台風防御地区で「台風の目」が上空を通過しても

さほどの被害も無い特殊な地域。

今回も「梅雨時のやや強めのクラス」程度で結果として終わりました。

 

保育園の役員さんをやっていた時の仲間と「飲み会の設定」をしておりましたが、

だれも「キャンセルも延期」も言い出す者が居なかった最大の要因は・・

「今回もウチの地域は山が守ってくれる・・」という 経験値からの安堵感かと思います。(それがすべてイイという 話しではございません)

 

ほぼ・・休業の中心市街地・・

を予約時間に歩くと「ぽつん・ぽつん・・」と営業している店は「ほぼ満席」という

同じ思考の方々で一杯でした。

ただ・・

こういう状況であり報道が続くと・・

「オレらだけが酒を楽しんでいてイイのか ?? 」という疑問符が付き それが

消費を下げる傾向に繋がるのが以前の 大災害からの教訓でもあります。

この様な時のプロモーションはホントに難しい・・。

 

ただ、私としては・・・

だからこそ「いつも通り・普段通り」を心掛けたいと思っております。

それが「私の今 出来る事だから・・・」です。

 

 

還元事業者

 

当店としては極めて生臭い話しですが・・・

消費増税に伴う「キャシュレス還元事業者」への登録と その施行が完了して

10月1日の開始日からスタートした当店です。

 

完全「現金主義」で 某AirPayさんのCMみたいに「なら イイですぅーー・・」とは言われた事の当店ですが・・

現金の引き下ろしの為に近くの 7-11に走らせるか ??

現金の範囲内でチャンスロスは何回かはありましたが・・

特段、当店としての不便感は無かったです。

いや、お客様としてき十二分にあった・・とは思いますが・・・

 

そんな当店でも初めて尽くしが続きます。

QRコード・カードリーダー・・

おっかなビックリしながら・・

時には「カードリーダーの充電不足」でご迷惑を掛けたり・・

 

消費税の次期とか・・

キャシュレスの対応とか・・

還元事業の対応とか・・

は個別に意見はあるものの それはさて置き・・

なんでもそうだけれど「事前の準備作業」というものに

早すぎるもやり過ぎも無いのだと事が 根幹の事で再認識。

 

当店としては・・

「出来るだけ決済手数料が無料の PayPayを使って欲しい」というのがホンネ・・。

Googleビジネスサイト

グーグルHP的なサイトは・・
世界的な「アルコール飲料の広告規制 ??」だと思いますが、
「Google マイビジネスのガイドラインが見直され・・」昨年の「お盆前から新規の投稿が出来ない・・」状況です。
 
きっと・・
サボっている店舗 ?? に見られているかと 思いますが こればかりは私の力では何ともならないです。
 
#信州地酒  #飯田市  #昼神温泉  #地酒土産  #信州の銘酒
などの Google検索から 当店にお越しになる県外のお客様の案内は有り難い限りです。
 
そして・・
Googleさんには・・
「地酒は地元民の誇りであり 文化です。当店は単なる致水飲料の提供をしているのでは無く 造り手の心をカタチとして伝えております。見直しをお願いしたい・・」の旨を送っております。
 
#信州旨酒加藤商店  と、セカンドネーム的に5年程使っていたのを 店舗改装を機に 10年前より正式に店舗名として使っております。

続きを読む »

1 / 712345...最後 »