店舗

信州 地酒おトクーポン券・販売に関するお知らせ

※ 10月5日現在、10月分の販売予定分は完売いたしました。

次回は・・11月15日以降の販売を予定しております。

追って 販売日が決まりましたら告知をさせて頂きます。

多くの方にご利用を頂きまして ありがとうございました。

 

 

現在のところはシンガリ登録にて ゆっくりと販売を開始させて頂きます。

 

まずは・・・

多くの方から お問い合わせを頂きましてありがとうございました。

私の中で懸念すべき点がございまして コレが解消された事で 販売店登録と販売を開始致します。

詳しくは このページの販売概要をご確認頂きまして・・・

ご了承を頂ける方のみ ご購入とご利用を賜りたいと告知させて頂きます。

 

この事業に参加をされている他店舗様との大きな違いは三点です。

・販売開始日 10月2日・土曜日 9時より 当店にて(登録が遅いので当然ですが)

・購入者の方の お名前と連絡先を ひかえさせて頂きます(公平性と流券防止の為)

・クーポン券利用を12月10日までにお願いを致します(店舗内の高密度対策として)

 

以上は この事業の担当事務局様に確認と了解を得ております。

 

是非とも多くの方に ご利用を頂けますようご案内をさせて頂きます。

 

Go To トラベル・地域共通クーポン・・取扱店舗に登録しました。

予算状況にもよる様ですが・・・

来年の一月末日まで 「Go To トラベル キャンペーン」との事で

年末年始を見越して・・

「土産品店カテゴリー」「紙クーポン」のみの取り扱いで登録しました。

直ぐさま事務局からは・・

QRの「電子クーポン」も是非 一緒に とのメールが来ましたが、

いつでも追加できる様ですし 互いに慣れない環境で「繁忙期に対応時間を取られるのは得策では無い」と判断して保留して居ります。

 

店頭ポスターは モチロン オフシャルのものを貼ってありますが・・

当店的には それだけではオモシロく無いので告知としては・・

を、使用しております。

 

良いかどうかはワカリマセンが・・

 

実質、9月の4連休から精神的には解除となり 当店から近隣の温泉地・宿泊施設の得意先様も 都市部から お客様がお見えになり 平日も含めて予約状況は良く まずは安堵しております。

ただし・・感染者が出なければね。

お見受けすると・・都市部のお客様の方が 慣れを感じますし、

そうで無いと生活に支障をきたす事は判りますので そうなのだと思います。

 

ところが・・

田舎の人間は クソが付くくらいに真面目なんよ。

もし・・感染したら

もし・・感染源になったら

数少ない田舎での感染者が どんな扱いと犯人探しと あぶり出し投稿に遭うかが

判っちゃってるんで カラダの事よりも そっちの方が「コエェェェー・・」

ってぇー・・訳なんです。

 

申請登録も 普通にネットを使っている方でしたら さほどの問題も無いかと思われますが、完全アナログの店だと ちと難しいかと。

この事がすべてではないですが、「ネット環境無きものは去れ」という 通達の第一歩

なのかなと やや背中が寒い気もしますがな。

 

知らない事・出来ない事 =弱者

なんの勉強もしてない人・付いて来れない人は もう知らないよ。

給付・補助・・の裏側に そんな本心があるのではと

コロナ以上の選別社会が始まる予感・・・

 

 

 

 

 

当店の除菌対策

当店では・・

お客様の来店時に「マスクの着用」をお願いしております。

ご理解の程、宜しくお願い致します。

 

 

「宣言解除・・」が本日に行われる予定から この週末からは「普段に戻りつつ・・」と、思われますので更に「除菌強化」と「当店の取り組み」を お知らせ致します。

 

1、営業時間と定休日
今月は「水・木曜日を店舗定休」と致します(通常は水曜日のみ)営業時間は 9:00〜19:00(コチラは通常と変わらず)

 

ネット販売は曜日・時間に関わらず営業を致しておりますが、返信時間を午前中にしておりますので PM12:00以降の
受信については翌日になる場合がございます。

 

2、レジ前の透明シートで接客をさせて頂きます。
コチラは今や礼儀に近いものがありますので・・・。
当店の様な「説明・提案型の店」ですと・・
お酒の説明に時間を掛ける事が通常でしたが「接客時間と他のお客様との空間」を照らし合わせて「入店制限・説明時間の短縮」をさせて頂く場合がございます。
ご了承下さい。

 

3、マスク・タオル巻きで接客をさせて頂きます。
マスクで 自慢の顔が半分以上隠れます。
また、発光防止の為「オツムをタオルで隠します」が
これも抗菌対策でございます(^o-::)
残念ながら・・握手も現在は控えておりますので ご了承下さい。
接客の前後には「手指をアルコール消毒」しております。

 

4、開店前と15:00に・・
引き戸・冷蔵庫の取手・レジ回りなど お客様が手を触れるであろう個所は「アルコール消毒」を致します。

 

5、発送品は・・
マスク・帽子・洗濯太陽光乾燥の軍手・・にて「ピッキング(発送梱包作業)」を行い 更に「ラップで包み」その上から荷札を張り付けます。
「信州の新鮮な空気」と共におたのしみ下さい。

 

6、ドライブスルー・・希望のお客様にも対応致します。
事前に「お電話・メッセ・メール等」にて 商品を選択された
お客様には 店前に着かれましたら電話をして頂ければ「運転席・トランクルーム」まで運びます。
会計は・・
この場合に限って「現金か PayPayかの選択」に限られます。
カード等は機器の電波が届かない場合がございますので・・。

 

7、FB、YouTube、インスタ等で 商品案内、動画配信を致しております・・
私と致しましては「商品案内・説明を直に出来ない事」を一番ストレスに感じております(^o^)
中々「面と向って長時間」がし難い状況ですので コレを見て頂き少しは「希望の商品選定の参考」にして頂ければウレシいです。
モチロン、不明の点についてはトコトン ご説明を致します。

 

以上・・

 

コロナウイルス・・当店の対応とスタンツについて

基本的には・・

コレに罹ると診ては頂けない・・

その前提でおりますので、

罹らない事の対処を大前提としております。

 

コロナウイルス・・
「コロナがダメならリンナイか ??(^o-::)」なんてぇー
お笑いがお笑いでなくなっている現状。

まず当店の対応は・・・
開店時・12時・16時に「お客様が一番触れるであろう・・」
・扉口の引き手部

・冷蔵庫の ・持ち手部分・・・
を アルコール布で拭き取ります。

また、お客様がお見えになる度に・・
・ウガイと手洗い・・を行っております。
今週末からは「マスクで接客」をさせて頂きます。

 

配達に付きましては・・
・軍手とマスク着用

 

発送品に対しては・・
・マスクを着用して
手洗い後に「軍手着用で荷作り」を行う。

貰わない・移さない・・

これが基本です。

現状で出来る事はココまで・・と、思っております。

 

先日・・
長野県内でも最初の感染者が確認されましたが、
いずれは「ドコの地域でも感染者が出る可能性」があると思っております。

また、飲食店に付きましては・・
20名以上の宴席は ほぼキャンセルという今週末の状況。
葬儀会社も「葬儀は行っても精進落としは行わない」ケースも始まった様です。

これ以上ススムと・・・
間違い無く「家呑みの提案を最上位」にする事となりそうですが・・
この投稿をしている段階では・・
繁盛店さんの発注状況に「さほどの変わりはない・・」です。

そして当初からの私と当店のコロナに対するスタンツは・・
「これは生物兵器が流出した事による感染と拡大」です。
家族へは「自然界の出来事では無いので その扱いで接する様に・・」と言い続けています。

たぶん・・
最後まで読んで頂ける方はいないと思いますのが、今回の事は 今まで経験した事の無い非常事態であると・・・

今日から酒屋になりました・・から30年

3年後には創業50年の 知命 を迎える当店です。

寿命が伸びたのと一緒で 現状では 不惑 の状況かと思いますが、

まずは ココまで生き延びてこられたのは・・

・お客様のお陰

・たまたまの運

この ふたつに尽きると思って居ります。

なにしろ・・

野村克也さんの「勝ちに不思議の勝ち有り。負けに不思議の負け無し」を

第二是にしている当店ですので・・。

 

お陰様で・・

今では当店の基軸となりました「酒類販売部門」が 今月の8日で「30年目」を

迎えます。

その当時は・・

「ある日突然・・酒屋になりました。」と、言ったノリです。

 

たまたま・・「平成の規制緩和の地域一号店」としての「くじ運」を頂き

感謝で過ごした当時です。

父は前日から「仏壇に手を合わせ・・」

当日も誰よりも早く出掛け「一番乗り・一番くじを引く」事となりました。

地域の競合12軒の中でです。

 

もっとも・・・

免許は下りたのはイイけれど「父も私も酒販経験はゼロ・・」。

何も知らないと言う事は・・

何の方向性も意志も示せない・・

ただ「販売権利を獲得しただけ・・」ですので、

・問屋さんのテンプレートで商品構成をして・・

・お客様の要望で商品を流す・・

という 当たり前の「お約束」でしか スタートを切れない訳です。

それでも・・

利権特権が 辛うじて通用した最後の時代でしたので・・

なんとなく売れて行く・・そんな感じでしたが、その根拠たる核心など有ろうハズがありません。

 

しかも・・

すでに県外では始まっていた「酒販DS」が地域を席巻する事となり、

「DS販売が業界の主流」となりました。

ここまでは「思っていた展開」も 何の対策も手も打てない状況です。

柱となる理念が無い・・のですから当然です。

 

少しは有った「個人客の配達」もたちまち無くなり・・

義理で取り引きを初めてくれた「料飲店さん・・」だけを頼りに この部門を

細々と続けつつも 主軸は創業業種の「調味料販売」で「緩やかに右肩下がり・・」を

辛うじて支える・・

そんな状況が3年程続いたアトに ・・

ご近所の方から 夢の様なお話を頂き その事が当店と私の運命を変える事となりました。なぜ・・その方が「当店を気に掛けて頂けたのか ??」かは 何回かお聞きしましたが とうとう答えて頂けず 今後も聞く事が出来なくなりました。

 

業界の常識・パターン化されたテンプレートさえ知らない ??

と、言う事は・・他の 知っている「異業種の手法」を自己流にアレンジして

展開するしか方法が無い訳です。

 

しかも・・

まだ開発されていない 「未知の領域で市場開拓をする」という言葉では簡単な

一行も やり続けるしか無い。その思いだけです。

 

その当時の酒屋は・・

言葉を選ばずに表現するならば「サービスを売りにする下僕状態です」。

年だけは喰っている中途半端な飲食店の無理難題にも 上手く立ち回らなくてはなりませんでしたので かなりの経験を積ませて頂きましたが「何れはこの手の方々とはオサラバしたい・・」と、それをバネにしておりました。

 

サラリーマン時代に「高品質の酒蔵」さんと取り引きをして そこの社長さんに

目を掛けて頂いた事が ずっとアトに役に立つ何て その時には思いも寄らなかった事。

 

大きなピンチの時に「志向の方向性の転換」をする踏ん切りをつけられた事。

ただ、その時は・・

何年掛かるか解らない・・

本当に成果が出せる日がやって来るかも解らない・・

その原点が30年前です。

 

やりたかった日本酒分野を目指した時に「焼酎ブームになり」業界とお客様の視線がすべて ソチラに向けられた事により、全く実績も知名度も無くとも「潜在性のある蔵元さんとの取り引きが ほぼ可能であった事」。

運が良かったとしか言い様がありません。

 

日本酒専門店を志して・・

三年程経った頃から「お土産持参で お酒を購入になる お客様が頻繁になり・・」

この様子を母が見ていて「買い物に来るのに お客様がお土産を持って来るなんて なんて有り難い仕事なんだよ・・」と、手を合わせて居るのを見て なにか「ほっ・・」とした想いになりました。

 

30年・・・

これでイイなどと思った事も有りませんし、現状に満足したら「それで終わりだ・・」と思っております。

現状は「私のセレクトショップ」ですので良し悪しも含めて その想いが「目で見て解る・伝えられているか。そして それを補う「言葉の説明」が自分流で有り続けられる為の 毎日の開拓と仕入れです。

 

大都市圏の有力酒販店の顔とも言えるべき「社長さん」と会い・お話をさせて頂いて毎回感じる事・・。

人間的な魅力に溢れていて「もう一度会ってみたい・・」。

私が客なら「この人から買わせて頂きたい・・」

そう思わせる方々ばかりです。

 

見掛けのオツムは日々 磨かれていきますが・・

もっと中身を磨く毎日は終わりは無いのだと・・。

 

 

 

1 / 912345...最後 »