店舗

今日から酒屋になりました・・から30年

3年後には創業50年の 知命 を迎える当店です。

寿命が伸びたのと一緒で 現状では 不惑 の状況かと思いますが、

まずは ココまで生き延びてこられたのは・・

・お客様のお陰

・たまたまの運

この ふたつに尽きると思って居ります。

なにしろ・・

野村克也さんの「勝ちに不思議の勝ち有り。負けに不思議の負け無し」を

第二是にしている当店ですので・・。

 

お陰様で・・

今では当店の基軸となりました「酒類販売部門」が 今月の8日で「30年目」を

迎えます。

その当時は・・

「ある日突然・・酒屋になりました。」と、言ったノリです。

 

たまたま・・「平成の規制緩和の地域一号店」としての「くじ運」を頂き

感謝で過ごした当時です。

父は前日から「仏壇に手を合わせ・・」

当日も誰よりも早く出掛け「一番乗り・一番くじを引く」事となりました。

地域の競合12軒の中でです。

 

もっとも・・・

免許は下りたのはイイけれど「父も私も酒販経験はゼロ・・」。

何も知らないと言う事は・・

何の方向性も意志も示せない・・

ただ「販売権利を獲得しただけ・・」ですので、

・問屋さんのテンプレートで商品構成をして・・

・お客様の要望で商品を流す・・

という 当たり前の「お約束」でしか スタートを切れない訳です。

それでも・・

利権特権が 辛うじて通用した最後の時代でしたので・・

なんとなく売れて行く・・そんな感じでしたが、その根拠たる核心など有ろうハズがありません。

 

しかも・・

すでに県外では始まっていた「酒販DS」が地域を席巻する事となり、

「DS販売が業界の主流」となりました。

ここまでは「思っていた展開」も 何の対策も手も打てない状況です。

柱となる理念が無い・・のですから当然です。

 

少しは有った「個人客の配達」もたちまち無くなり・・

義理で取り引きを初めてくれた「料飲店さん・・」だけを頼りに この部門を

細々と続けつつも 主軸は創業業種の「調味料販売」で「緩やかに右肩下がり・・」を

辛うじて支える・・

そんな状況が3年程続いたアトに ・・

ご近所の方から 夢の様なお話を頂き その事が当店と私の運命を変える事となりました。なぜ・・その方が「当店を気に掛けて頂けたのか ??」かは 何回かお聞きしましたが とうとう答えて頂けず 今後も聞く事が出来なくなりました。

 

業界の常識・パターン化されたテンプレートさえ知らない ??

と、言う事は・・他の 知っている「異業種の手法」を自己流にアレンジして

展開するしか方法が無い訳です。

 

しかも・・

まだ開発されていない 「未知の領域で市場開拓をする」という言葉では簡単な

一行も やり続けるしか無い。その思いだけです。

 

その当時の酒屋は・・

言葉を選ばずに表現するならば「サービスを売りにする下僕状態です」。

年だけは喰っている中途半端な飲食店の無理難題にも 上手く立ち回らなくてはなりませんでしたので かなりの経験を積ませて頂きましたが「何れはこの手の方々とはオサラバしたい・・」と、それをバネにしておりました。

 

サラリーマン時代に「高品質の酒蔵」さんと取り引きをして そこの社長さんに

目を掛けて頂いた事が ずっとアトに役に立つ何て その時には思いも寄らなかった事。

 

大きなピンチの時に「志向の方向性の転換」をする踏ん切りをつけられた事。

ただ、その時は・・

何年掛かるか解らない・・

本当に成果が出せる日がやって来るかも解らない・・

その原点が30年前です。

 

やりたかった日本酒分野を目指した時に「焼酎ブームになり」業界とお客様の視線がすべて ソチラに向けられた事により、全く実績も知名度も無くとも「潜在性のある蔵元さんとの取り引きが ほぼ可能であった事」。

運が良かったとしか言い様がありません。

 

日本酒専門店を志して・・

三年程経った頃から「お土産持参で お酒を購入になる お客様が頻繁になり・・」

この様子を母が見ていて「買い物に来るのに お客様がお土産を持って来るなんて なんて有り難い仕事なんだよ・・」と、手を合わせて居るのを見て なにか「ほっ・・」とした想いになりました。

 

30年・・・

これでイイなどと思った事も有りませんし、現状に満足したら「それで終わりだ・・」と思っております。

現状は「私のセレクトショップ」ですので良し悪しも含めて その想いが「目で見て解る・伝えられているか。そして それを補う「言葉の説明」が自分流で有り続けられる為の 毎日の開拓と仕入れです。

 

大都市圏の有力酒販店の顔とも言えるべき「社長さん」と会い・お話をさせて頂いて毎回感じる事・・。

人間的な魅力に溢れていて「もう一度会ってみたい・・」。

私が客なら「この人から買わせて頂きたい・・」

そう思わせる方々ばかりです。

 

見掛けのオツムは日々 磨かれていきますが・・

もっと中身を磨く毎日は終わりは無いのだと・・。

 

 

 

元旦・若者、初心者にテンションが上がる・・

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

 

元旦営業も9年目・・

この日は「帰省のお土産に・・」の方が毎年ほぼの状態・・

自分用に、そして頼まれての「お気に入り・少し良いのを・・」

 

若い「頼まれ事の・・」お客様が元旦から来てくれました。

「日本酒はワカラナイので・・」と飾り気の無いカップル。

普段は「フルーツ系のカクテルしか呑まない・・」というので

香りだけて利いてもらおうと 鼻先に酒瓶を開栓してグルグルすると・・

驚きの表情に変わりましたな・・。

 

こういう時にはオラのテンションが上がります。

もっと驚かせてやろうと・・。

 

彼氏が運転すると言うので彼女に試飲をしてもらうと

「お目めがキラキラしました・」な。

「これがお酒なの・・

日本酒って美味しいんだ・・」と、彼女・・。

 

日本酒のファンになって欲しい・・。

でも、呑まず嫌いで無く「いろんなチャレンジをして欲しい」。

若い子の驚く顔を見る度に そう感じる年代に私もならして

もらえた事に感謝です。

下見のお客様方・・が、増えています

年末年始にお越し頂く お客様へ真面目にメッセージ致します。

いつも通りに結論から書きますと・・
28日・土曜日以降は極力「店舗に張り付いて商品提案と選択のアドバイスをさせて頂きます」ので 安心してお越し下さい。

 

今年、特に目立つのは 今週になってから・・
「年末・年取り用のお酒のオススメを聞かせて下さい」、
要は「お酒の下見」にお越しになる お客様が非常に多い事です。
つまり・・
・店主が居ない時に来ても「何を買ったらイイのか解らない」。
・混んでいる時間に当たり「聞きたい事も聞けずに買うのは不本意だし・満足出来ない・・」。
だから・・
予め検討を付けて「事前に目安を付けて置く・・」
と、言う事みたいです。

 

一度で済む事を 次回に来店する為の下見にする理由のもう
ひとつが・・
この時期は「冷蔵庫が満杯で入らないから・・」という
お酒を大事に扱って頂ける精神にも感謝しかありません。

当店は「信州旨酒 加藤商店」と名乗る実質は私のセレクトショップになっております。なにしろ小生意気に「酒屋一代目」ですので・・。

こんな私を頼りにして頂いて お酒の話しを熱心に聞いて頂けるのは 有り難いを通り越して申し訳なささえ感じております。

実質・・内部スタッフ無しの家族経営ですので 私が在店していない時間も多く「私が居ないと帰ってしまうお客様」さえいらっしゃいます。また 在店時間を電話にて予め問い合わせて頂くなど 明らかに不足している部分がハッキリとしているのに・・

 

お客様が当店に求めるものとしては・・
・やはりキッチリと対面で説明をして欲しい・・
・納得して買いたい
・その選択肢を示して欲しい
私の中では その様に判断をし その為の指針を解り易く・
簡潔にご説明をしておるつもりです。

他人様にお話をさせて頂くと言う事は 常に自分の力量を
チェックしながらで無いと とても恐くて続けてはいけません。
良し悪しは別として 決定的な指摘・抗議等は今まで受けた事はございませんが もし何かございましたら遠慮無くおっしゃって頂きたいです。
聞く耳を二つは持って居る・・その構えだけはしております。

 

現状・・
これでイイ・・なんて一度も思った事は有りませんが、
今の精一杯をお届けする事だけは欠かさない・・
その精神で対面する所存でおりますので 楽しい「お酒選び」の場に お越し頂けます様 お待ちしております 。

年末年始・営業のご案内

当店らしく結論から・・

・年内はこれより無休で営業

・元旦営業します

・次回の店舗営業は1月8日です。

 

元旦営業もvol.10に突入します。

隣りの駐車場も整備して3台分は停められます。

いままでは路駐をさせてゴメンナサイ・・。

 

では・・

お酒の話しを楽しみにお越し下さい・・。

込んで居て 消化不良でしたらゴメンナサイ・・。

 

「りんご狩り」と「地酒」

都市部の方々に取っては・・

信州ブランドの「自然と食と農産物」とは特別なものらしい と言う事を

都市部に行って初めて知る訳です。。

そんな「灯台下暗しな信州人」は多く、それはシアワセな事なのかもしれません。

 

 

この時期は・・

「りんご狩り」と称しての「木から直接取る」、「直売品を買い付ける」

そんなツァーと個人客さんとで田舎の果樹園は「夏の軽井沢状態」となりますな。

馴染みの果樹園さんを作れば・・

「傷物のハネダシ品をサービス(見てくれだけ悪くて食するには何の問題も無いので地元では これが当たり前の品)」してくれたり、引き取る日を指定して置けば「食べごろを取り置きしてくれたり」と・・。

 

そんな県外客さん・・

の食べる目当ては「美味しい蕎麦屋さん」。

そして・・

そんなお客様は地酒が大好きで当店の様な「地酒専門店の回遊」をされているようです。コチラも同業者を廻ってくるのは普通ですし、お客様も「ドコドコへ行って○○を買ってきたので・・・」と。

当然、それ以外の「オススメ品」を提案する訳ですし、返って「ハッキリ言って頂いた方が ストレートな提案が出来ますので スッゴイラクなんです。

気を遣って「口籠って・・中々、真意を図れない方」の方が コチラとしては

意味の無い時間ばかりが経過して「あー・・どこかで同じものを買ってきたんだな・・」と察して ストレート振ったトコから 「やっと会話が始まる・・」なんて

「前振り時間」が結構 長く感じますので・・。

 

この時期に当店で お酒の買う方の特徴・・・

・他人様のお土産よりも「自分の飲む酒の方に重きを置く」(当たり前ですが)

・他所で買えないオリジナル品を欲しがる(ワカラナイでも無いですが その真意は様々です)

・人気ブランドを買いたい(品切れ状態のものが多いです)

そして・・

「日本酒の会」に使いたい・・と、おっしゃる方が最近 急増しております。

それも「酒販店・飲食店が主催するのでは無い、愛好家の一本持ち寄りの会」という

カテゴリーです。

 

愛好家仲間の「個々の知識と知見とネットワークが試される・・」みたいで

「オトナの真剣な遊び」は 時に「予算を越えても仲間に自慢したい感」に溢れていて

ヤラシイ意味では無く 年代性別に無関係な「子供がオモチャを自慢する誇らしげな笑顔」に見えて 私何ぞはそれが「カワイク見える」訳です。

 

最近は更に一歩進んで・・・

「こんな料理の構成にしたいので そのコースに合う お酒の選定を○本」して欲しい

・・なんて言う「玄人も真っ青な・・」お客様も珍しくなくなりました。

 

調理師の資格はピンキリなれど・・・

その端っこでも資格を持っている「作るのと食べるのが大好きなオラ」の言葉を

信じて頂ける方々を裏切るなんて出来ません。

なにしろ・・

「心身ともにストレス無く毎晩眠る」が私の信条ですので・・。

 

ご希望でしたら・・・

コース設定のお酒の紹介文も「後日、メールさせて頂きます」ので 遠慮無くどうぞ。

 

コレをやってると・・・

飲食店さんには睨まれちゃうかな(^o^)

 

1 / 812345...最後 »