酒屋って大変なんです

精進は終わらない・・。

学生の頃は・・・

「社会人になったら勉強からは解放される・・」なんて、夢みたいな事を

思っていましたが そんな訳が無い事は「社会人になった瞬間からワカル君」

という必然と当然に・・・。

 

酒造技術が年々向上するように ウチら酒販店の「アタマの転換と更新」も日々

変えて行かねば生き残れないのと同時に「探究心をも満たして」くれる事になります。

 

酒販店が専門知識を備えている事への一般的な「お墨付き・・」としては・・

ワインでしたら・・ワインアドバイザー 以上・・・。

日本酒でしたら・・・唎酒師 以上・・・。

である事は お客様方も含めて認知されております。

 

ところが・・・

この販売業界においては言葉を恐れずに書くと 実質的に「そんなの関係無い・・」状態です。要は「どうやって販路と数字を確保し上げ続けているか ?? 」が一番のポイントです。その為のベースとして「まぁー・・それくらいの資格は持っててもイイけど・・それがどうした・・」が、業界内での一般的なスタンツです。

別に資格を持ってらっしゃる方を揶揄するつもりでは無く「それをどう販売向上に活かしているか ?? 」。資格なんかなくても「オレはアンタよりも売り上げてるぜぇー・・」と口では言わなくとも 明らかにそういう空気が漂う現場を何度も見てきましたから・・・。

 

実際・・

高資格者を唄う酒販店の数値が高いかと言えば ?? のが多いのも現実なのだと思い当たるトコが・・・。

 

これ・・

なんの資格も無い「オラの言い訳・・」です。

先日・・

長野地区(長野市地区)小売酒販組合と県小売酒販組合青年部との共同で「利き酒講習会」がありました。

長野県の一番南の当店が、一番北の長野市まで行く価値があると思ったから。

今回は・・特に香りのパターンを言葉で表現し審査する

「国税局の鑑定官」の先生の指導と講義ですので 尚更です。

 

日本酒はワインとは真逆の「減点法で審査」されます。

その「香りと味わい」を「鑑定官」の先生方は定期的に集まり「審査基準を一定にする講習」を行っているようですが「そのエッセンスを取り入れた講習会」です。

 

ずっと興味があったのと、実際にその擦り合わせをした経験が無いので「言葉の表現とのギャップを感じ続けていました」。

これが「この香り・・」。

この香りのする「原因はコレなので この要素で判定をする」。

が、非常に明確で解りやすかったです。

 

当然・・・

コレを活かした「利き酒と説明と提案」に結び付ける キッカケが出来た事と、

今回の講習会に誘ってくれた 酒屋仲間に感謝です。

 

気になるワード

年末・年始は多くの お客様、そして初めて お越しの お客様、

「師走の七夕」的に「一年に一度だけの お客様」も いらっしゃいます。

 

大事な この時期に「このポジションに置いて頂ける」お客様とも顔なじみが多くなりましたので、

好みに合わせて「そういう酒もキープ」してございます。来て頂ける前提です。

私に取っては「ひとつの賭け」なんです。

要するに・・・

昨年の提案を気に入って頂けたのか ?   否なのか  ??

気の長い賭けですが 私は楽しいんです。

そして、その賭けに勝った時の快感ったら ありません。

まっ、そんな楽しみが無いと年末も乗り切る事なんて・・気力も大事な要素ですからね。

 

また、この時期は「普段は日本酒を嗜まれない方、自分は飲まないけど質の良い酒を贈りたい方」

も 増えます。その成果が出るのも「一年後の楽しみ」です。

 

年末に お聞きするワードとして多いのが・・・

・贈り物に喜んでむらえる酒

・珍しい酒

・美味しい酒

が 三大ワードです。

予算・容量・嗜好・食べ合わせ・使用用途・・などが主にお尋ねする項目ですが、

未だに良く解らないのが・・

珍しい酒、なんです。

 

当店は結果的に限定流通の酒ばかりになっていますので

「見た事も無い酒」意味合いでは「珍しい・・」に属するかもしれません。

ただ、「その事を意図」している訳では無いので 正直 戸惑います。

私自身が「珍しいか ?? よりも 旨味とバランスと食中酒」という志向ですので

その方の「珍しい・・」が解らないんです。

 

当然、当店に並んでいる酒は「地元の料飲店さんで提供をして頂いている」ので、

どのくらいの頻度で「一般の方の目に触れているのか ??」の差なのかとも 思っていますが、

私としては この「珍しいの部分は解消すべき課題」なのだと思っています。

で、無いと 市場形成に構築しにくいと・・。

 

よって・・

今期は新たに・・・・ね。

おたのしみに・・。

 

三温度帯管理

地酒専門店・・。

気張った自己顕示では無く そう名乗るからには最低限なすべき基準は持っています。

私なりにですが・・。

 

・自信を持って薦められる酒を持ち 自分の言葉で説明できる事。

・地元を中心とした繁盛店・仲間との繋がりを持ち 人を介する商いで地道な数値を積み上げる事。

・上記の基盤となるべき上質な品質管理が出来る設備で商品を管理し飲み頃を提案する事。

13439042_1015332141897822_1285007345885771287_n

一般的な感覚ですと・・・

・有名銘柄・流行りの蔵を数多く持ち

・らしい店舗外観と品揃えで

・稀少酒・限定酒を並べてある

が、ウケますし 実際問題として流行っています。

これ、全然 否定なんかしません。

その通りですから・・。

 

でも、当店は「有名銘柄・人気ブランドは皆無」ですから 根本的にそんな組み立ては出来ないですし、

やらないです。今更「ダンチュー銘柄並べて尻を追っかけるつもり無し・・」です。

よって・・・

田舎らしさを前面に押し出した上での「管理と伝え方で勝負」せざる得ない訳です。

別に卑屈にもならないですよ。

この方法で「ずぅぅぅぅぅ・・・と」やってきたんですから・・。

 

出来る事なら・・

「全酒・在庫は冷蔵庫管理したい」とは思っているのですが現実的には無理です。

よって当店では「このような管理体制」を行っております。

・火入れ酒

真夏でも「19℃設定以下のエアコンの利いた店内・倉庫で管理」

 

・生酒・生詰め酒

プラス3℃以下の冷蔵庫にて管理。

この部分に置いては絶対的なもので これが出来ていないと「アイスクリームを常温管理」しているのと同じで 明日から「酒屋の看板は下ろさなくてはならない・・」。

 

・搾りたておりがらみ酒・大吟醸クラスの生酒

マイナス6℃以下の冷蔵庫(日本酒の融点は マイナス10℃以下の為 凍らない)にて「生ヒネを起こさない管理」。

三年くらい前までは「ここまでしなくとも・・の特殊な例」程度だったのが これからは「コレが基準」になるであろうと「当店でも導入しております」。

当然・・

電気代はかさみますが「ダメな酒を一度でも売ったら明日は無い・・」のが常識な「この業界」に

あっては必然的な設備です。

だから・・

「声高に訴える必要も無いだろう・・」と、思っていたら、「それを知りたい方も多かった・・」と

気が付いた次第です。

お客様の声でね・・。

 

試飲はツライよ・・。

信州の南端・飯田の住宅地で地酒専門店・信州旨酒 加藤商店の「マブシイ店主」やっている加藤です。

なんかイマイチ 決まらんナァー・・。

 

以前は「試飲会が楽しかった・・」んです。

イベントであろうがメーカー試飲会であろうが「どんな酒があるのか興味津々」でした。

扱い数が今よりも段違いに少なかったので「売る商材探し」をしないと仕事になりませんでしたので。

 

でもね・・

いつの頃からか試飲が「とても辛くなりました・・」。

元々は下戸ですし200種くらい並んでいても勝負は最初の30種。

ワカル範囲は 約その倍くらい・・。

目安を付けておいて30分以内に目当ての試飲を済ませるのが「オレ流」です。

要は酔う前に決着を付けるんです。

ですから・・

始まると早いですよぉー・・。

 

ですから・・

試飲会は憂鬱になります。

今年に限って言うと、先日の県内最大の日本酒試飲イベント「長野酒メッセ」を地酒専門店を目指してから理由も無く初めて参加を見送りました。

いや、理由は行く気にならなかったんです。

羅列すると・・

・朝まで便器と お友達は もうイヤだ(下戸ですので・・)

・往復5時間のバス道中が辛い。

・人酔いしそうだ(大人数が苦手です)

そして最大の理由が・・

・これから売る酒が「もう無い」。あるいは「出てこない」です。

繁忙期である年末用に販売デキル日本酒を探し 来期以降に取り引きを開始したい蔵元をピックアップする。が、最初の頃の目的でしたが、昨今の「日本酒ブーム」で 「この時期にはすでに売る酒が無い」蔵元さんが圧倒的に多いです。ですから このイベント用に「試飲酒だけをストックして来期用の販促にする。あるいは一般客に知ってもらう」のスタイルが二年程前から出てきました。

当店に限って言うと「ほぼ全取り引き蔵が コレに該当する・・」状況です。

ですから、「顔合わせ・意見交換を一ケ所でデキルメリット」だけでの参加となると「それ以外でも顔を合わせる機会がある」のと、これから「販売が開始される試飲酒」を送ってくれる蔵元さんが多いので 純粋に「イベントとして楽しめないと・・」オモシロく無いんです。

 

つまり・・

仕事としての「酒屋がオモシロく無い」と思い始めているのか ??

そして、「だったらイベントに参加したいと思う為にも今回は欠席して どんな気持ちになるか確かめてみよう」でした。ですが「全然、喪失感みたいなものが出てこないんです」。

なんでだろうか・・。

どうやら「想いが強過ぎていた季節」から俯瞰で見る「経営目線に移行している・・」と思いたいです。

手抜き・・では無くて「肩のチカラを抜いた状態」であると。

 

CIMG4292

事前に、あるいは購入時に「サンプル試飲酒」を頂ける蔵元さんが増えてきて感謝しております。

だからと言って「頂け無いトコがダメ」という話しではありません。

こちらの解釈としては「あくまで厚意」として受け取っています。

 

今シーズンの「某イベント」でグランプリを取り「NHKの日曜夜7時のニュース」でも取り上げられた事により

一躍「全国区入り」した「澤の花 伴野貴之君」の「試飲酒提供の考え・・」は、売れなかった時も・今も全くブレて無いです。

一回、聞いたんです。

「試飲酒はドコでも多くて300ml。普通は180mlくらいなのに どうして伴野君は720ml瓶を一本も送ってくれるの ??」。

彼は最初「移し替えるのが面倒だから・・」みたいな事を言ってたのに最後は・・

「火入れ酒なんかは開栓したら香りが飛ぶじゃ無いですか。小分けにして意味が無いので 販売酒をそのまま試飲酒にして送ってます」と太っ腹な返答。

こちらも多くの方に試飲体験をして頂けますし、時間経過で「売り切る時期」の「予想と確認」まで出来ます。

 

まっ、彼が特別だと言う事です。

仕事は「イヤイヤやる」のは「負の部分」ばかりでは無いんじゃないか。

あー・・仕事が嫌いになっていく・・。

 

マンジュウコワイ・・だね。

 

 

 

ネットバンキング

「ネットバンキングでの振込は可能ですか ??」と、初めての問い合わせを頂きました。私は「ネット・・」を使っていないので「チト慌てて銀行に確認・・」。お客様が登録をされていれば「すぐにOK」なんですね。

 

 

通常は・・「郵便振込を確認してから発送」という前近代的な決済システムです。コレ「手数料の削減」からすると有効で使えるかもしれません。

 

 

あっ、実は「当店のHP」から受注デキル「通販機能」もあります。当然「税務署の許可」を受けた「通信販売酒販免許」を持っています。

そうは言っても「後発・全国の専門店でやっている・特段目立ったHPでは無い・ネット広告等も出していない・・」ので すぐに発注なんてある訳が無い・・。と、思ってました。
が、来るんですよね。ただ「とても細かいし作業工程が多い」ので「今ではシステマティックな販売工程を休止中・・」です。近々「北海道の本屋さん方式」の通販で再開致します。

 

それ以外は・・メール・そして当店では「電話からの問い合わせ」が多いです。

どうも「直接対話して 好みの酒のニュアンスから探ろう」という お客様の思考です。電話代等を思うと「申し訳ない・・」しかありませんが 電話の お客様は本質が解ってらっしゃいます。
つまり・・
ネットでは「稀少な情報は流さない」。質・量ともにね・・。
という事を知っていて「直接対話で確認」されます。

 

要は人間とは「アナログ度が 高まる程 親近感も高まる」という
当たり前の事です。

CIMG3883

 

ちなみに・・
宅配業者は「ヤマト運輸」さんに お願いをしております。
今は一時的に「他の業者の方が安く・カテゴリー規制も緩い」でも やはり確実性・信用度では「他の追随を許さないガリバー」だと信じております。
温度管理問題を除いては・・今まで「一度も事故は無い」ですし。
取り引き蔵元さんが「国営企業の業者」を使ってらっしゃるんですが よく「一度県外を周遊してから到着する」んです。
まっ・・何かが違うんでしょうな・・。

来期の「通販機能の充実」に向けて「年末期は試行期」になります。搾ったカタチでの「個別対応とセット販売」になりそうです。

 

1 / 212