俺の話を聞け

業界驚愕のページ

いっそ「日本酒はR-30指定。オトナになったら飲みましょう・・」。って最近 想い始めている信州飯田の酒屋 信州旨酒加藤商店です。
「呑むな・・」って言ったら「呑みたくなるかな・・」って・・。
寿命が伸びた分「おコチャマ舌の時間は長い・・」という仮説です。

 

今期の二月は 業界のお約束の「dancyu」と二度と無いかもしれない「大雪」に終止しました。
何回も書いてますが 私はこの雑誌を6年前から見ないんです。
いや。正確には「この特集号だけ見ない・・」です。
理由は簡単です。
「そんな事に惑わされたくは無い」だけです。

この月の特集号に掲載された蔵元、ないし酒は「取り扱い問い合わせが殺到する・実際に売れ過ぎる・・」時期があったのは確かな様です。
でも、結果として「鼻高々で勘違いを しちゃった蔵元・社長」も多く そういう方に限って「高慢な態度」と、その後「その時の酒質を再現出来ない・・」事が続いた事から通称「ツマミグイ酒販店」からも飽きられて「逆V字状態」で以前よりも数字が落ち込んだ・・のを聞き及んでいます。

実際、この雑誌に掲載される酒は「すばらしい酒質」なのは間違い無いです。
ですから この雑誌を教科書として「同じ銘柄を揃えようとする酒販店」と、実際に取り扱う酒販店とのパイプを太くして「田舎者の鼻を開かしてやろう・・」とする 「若手の料飲店さん」も多いです。
ホントに・・・
あの雑誌と同じ酒質のモノが回ってくる事を祈っておりますが・・。

私がイヤなのは、結果として「 新規の取り引きを始めた蔵元さんが その翌年に掲載される」事がなぜか当店は続いて「そういう事だけで当店と取り引きを希望する」のに嫌気が差したんです。
いや、それがキッカケとしてなら全然 構わないんですが やはり初歩の目的がソコですから「ヤッパリ長続きしない」ですし いわゆる「ツマミグイ料飲店」となってますから こちらもチカラが入らないです。
自分の店ですから「何を置こうと勝手」ですが、 自分の店のオススメを「雑誌・ないしはマスコミに委ねていまう姿勢」に「この方は何をしたいのか・・」がワカリマセンし やはり そういう店は「苦戦している料飲店」が多いです。

なんで 有名・無名に関わらず「俺が旨いと思うモノで勝負しないのか ?」。
私には理解出来ません。

長い前説のアトで本題・・。
先週、お邪魔した「蔵元さん・・」での事。
やはり「あの雑誌の影響力は認めつつも・・」仕込みの時期と重なって「雑誌を見てる時間が無い」との事でしたが、
「この回はオモシロかった。特にアノベージにはビックリした。業界人なら誰でも仰け反ったんではないのか ?」
と、言われてました。

そこまで言われりゃ・・
見に行きますがな。買わんかったけど・・・。
おぉぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・
「このページに協力した彼と蔵の信用度は 間違い無くup」したと思います。
業界内では・・です。

そして・・・
日本酒マニアさん方にも 伝わった事を祈っておりますが・・・。

ムスコの遠足

10256951_590040387760335_1235558298931964614_n.jpg

昨日は・・
年イチの「保育園の親子遠足」に行ってきました。
遠足・・っていっても「バスで移動」なんですけども

初めて「嫁の激怒を見た・・」

決して「ワタシのせい」ではありませんので。
そして、「忙しいトコには モノは頼んだらイカン」という事。

なんの事は無い。「母の日」に実家へ直送で頼んだ「花の鉢植え」が届いて無い・・と。
「母の日」は留守する時間帯があるので「前日配達」で頼んだら「到着していない・・」と。

まっ、ココまでは「よくある話し ? 」。
問題は「朝イチでクレーム」の電話をすると店長と思しき年代層の方が対応してくれて「えーと、ナニを注文を受けてますか ? 」
更に「当日は忙しくて 立て込んでおりまして・・」と。
嫁が「半月前に予約・前日配達・予約伝票あり」の話しをしても
「それでは本日に配達させて頂きます・・」と、全然 懲りて無い様子。
しかも その時の「約束の時間を3時間もオーバー」したんだそうな。

だ・か・ら・・大型スーパーのテナントをヤメとけと言ったのに。

こちらは「反面教師」に そせて頂くしか無いですが・・。
怒って当然とは言え「ウチの嫁の激怒する姿」は二度とね・・。
だって・・・。

代替商品 ?

コレね・・
「誹謗・中傷・嘲笑」のたぐいでは無く 「恐ろしい現実」だと思う事ですので
最後まで お読み頂いて ご判断下さい。

私は基本的に「お酒は楽しく呑むもの・・」だと思っております。
その中の「美味しい・・」を詰めて行くものの「ひとつとして日本酒をオススメする」を
生業にもしているのですが・・。

業務であろうと個人であろとう 基準があるのでしょうが・・
料飲店の日本酒選択は「経営者・担当者」の個性・無個性がモロに出てます。
つまり・・
「お酒のコトはワカラナイ・メニューを替えるのが面倒だ」という経営者・担当者ですと
私としては「入ってゆく余地は まず無いです」。
だって「今のままでイイ・満足されている」訳ですから。

さらにマニア的な興味ある方は「流行りモノ・・」が お好きですので、
常にその嗜好を「単店で満足させる」なんてコトは これまた無理です。
また、「超限定品」だけ欲しがる方も このカテゴリーの方々なのですが
そう言った商品は当然「たくさん買って頂ける・応援して頂ける お客様」への告知順列になりますし
ここらへんは充分に理解をして頂けるかと・・。

こういったコトの集大成として「ブランドの取り扱いの多い・都市部の・有力店」への「いろんな集積」があり田舎の人間の「羨望とアコガレ」となっております。
間違い無く。

あっ、別に やっかみじゃ無いですからね。
あたしゃ「樽を知る」。いや「足るを知る」人間で有りたいと思ってますから。

ぼつぼつ本題・・。
昨年末に地元の同業者であり「私の盟友」でもあった酒販店が倒産しました。
私も彼の得意先も「彼の事が大好きで残念だ」と未だに思ってます。
彼の主力ブランドが あの「久保田」です。
彼の店が地域一番店で有り得た理由のひとつが「久保田」で あった事に 疑う余地は無いです。

で、倒産により「一時的に久保田が供給出来ない時期」があった訳です。
それでもチカラのある料飲店はメーカーとの直接交渉で「久保田を確保」し続けてましたが、
条件面等で「小買い」(解りやすい表現で悪意はありませんので)の料飲店さんは「当店も含めて他の提案する酒」を差し替えて営業を続けていたんです。

そして・・
次の「久保田特約店さん」が決まって「小買いの取り引き」が再開されても、
ほとんど「元に戻る料飲店さん」は無かったです。

理由は・・
久保田で無いとダメだと思ってだけど「他の酒も旨いし お客さんからのクレームも無い」と。
地酒のレベルも年々上がってますから「嗜好性さえ間違っていなければ大ハズレする事は無い」のが現実です。

チェンジングコスト・・・
は確かに「時間も手間も掛かります」が、「この瞬間」を捕らえないと継続は無理です。

そして、一度変えると元には戻らない恐さも知る訳です。

Wメーカーズ

イベント・・

と、言うのは「目的の意義・意味を明確にして・・」と 兎角言われますけど

まぁー説明すれば 出来なくも無いですが「ひとつだけの意味でも無ければ・複合的にいくつでも

理由付けは出来る」訳です。

 

最近、蔵元さんと話しをしていると「日本酒イベントで集客するのがホントに難しくなった」です。

大都市でさえそうなのだとか。

「行政・飲食店・同業者・お客様・・を巻き込んで一緒に作って行く」の核が「人集め・町おこし・プロモーション・」なんて いかようにでも理由を付けれる中で「収益のあるイベントを作らないと次が無い」事だけは間違いの無い現実です。

まぁー・・それをクリアする方法もありますが・・。

 

私が他の「日本酒イベント」に行って 結局 お客様の動向を見ていると「いろんな酒を呑みくらべれる・蔵元と知り合いになれる(なったつもりでいる)・低料金で沢山呑める」が素情を明かさずに聞けた基本的な要因です。

そうなるとは思っていたけど・・。

で、印象に残ったのは・・の質問には10蔵を超えると「まず 憶えていない」のが現実です。

つまり・・そういう事です。

 

ですから・・

最近は その手のイベントには「出たがらない蔵元さん」が多いです。

「日本酒の底辺拡大の為に お願いしますよ・・」なんてやれば もしかしたら出てくれる かもしれませんがね。

 

当店と私のキャパで「試飲酒の数・蔵元の数・お客様の数・料理構成・蔵元の説明時間・予算配分」のバランスを採った上で「場を乱さずに記憶に留めて 参加される全ての方に満足感を持って帰って頂けるイベント」を 「この七年間の日本酒の会」から積み上げた「数値と勘どころ」から組み立てて

一旦は イベント告知をしましたが「やはり恐れていたバランスに無理が生じて・・」、

今回は早めに縮小の決断をして 早々の締め切りとしました。

 

でないと「無理な会をして 今までのお客様にもソッポを向かれかねないので・・」。

結果しては「満足の行く内容でした」。

次にも繋がったし、イベントの最中に「次の構想と自分がやってる姿が見えた」もんね。

こんな事は初めてだけど・・。

以下は・・その報告です。

 

【お客様は真剣に「蔵人さんと話しがしたいんだ」】

少しの時間も惜しむ様に「蔵人さんに寄り添い 真剣に質問をする お客様」を間近に見て「オラの望んだ空間がココにある」を感謝しました。

先日の「蔵元を囲む会」では 多くの賛同者にお集りを頂きありがとうございました。
「酒・料理・対話」からなる「ライブトークの150分」は おたのしみ頂けましたでしょうか ??

「蔵人さんのナマの活きた説明を直接に聴く・・」。
いつも通りにライブ感を大切にしたいので「事前に何の打ち合わせもしません・・」。
いや、私が「打ち合わせ通りに出来ないからです・」が。
そして・・真剣に対話する事で「蔵元さんの真意を解って頂きたい」だけです。

口から出た言葉は「打ち消す事など出来ません」。だからこそ「いつもの感情と考えと行動」を隠す事なく さらけ出してしまう恐れさえあります。が 自分としては「何も後ろめたい事などありません」から 不安など皆無です。
良し悪しも含めて「出たトコ勝負」です。

今回、初めて「二蔵さんを同時に お招き致しました」。
木祖の十六代 九郎右衛門・湯川酒造店の「湯川 慎一 杜氏」と、
八百津の玉柏・山田商店の「田口 照明 蔵人」です。

木曽川の上流と中流にある繋がりで 当店が お世話になって居ります「銘醸蔵元」さんの醸造担当者を お招きする事が出来ました。

複数の蔵元を招いての「同時の酒質説明」には「恐さも満点です」。場合によっては「今後が無くなってしまう可能性さえあります」。
しかし、「イチゴ大福的な組み合わせの可能性」を信じての挑戦は お客様の反応で「意味の無い危惧」でしか無い事を知ります。

お客様・蔵元さん・会場・お手伝いを頂いた方々・・。
ありがとうございました。

また、この様な機会を設けたいと思っております。
次のスタイルイメージは今回の事で固まりました。

当初は「飯田畔 猪口フェスタ」と銘打って「七蔵元様に賛同頂き参加の」深度のある広角広報を目指しましたが「料理・酒・対話」のバランス感に自分でも気が付かない「支点のブレ」が途中で解りましたので 早めに修正をさせて頂き、
早期に ご興味を持って頂いた お客様のみの案内とさせて頂きました。
申し訳ございません・・。

飲酒分類に置ける「限定流通地酒分野のシェアは わずか7%」です。もし、この分野に「光を見いだす事が出来るとしたなら この手法しか無い」と 私は信じております。
今後も自己満足だけでは無い「悔い無き正当手法」にて
押し薦めて参ります。
もし、ご賛同を頂けましたなら・・今後共 宜しくお願い致します。

画像に含まれている可能性があるもの:17人、、スマイル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる
画像に含まれている可能性があるもの:2人、飲み物、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内
自動代替テキストはありません。